ふくの食べある記~出張編~

ふくの食べある記

春は、ウキウキします。

新しい環境でなくても、色んなことの「始まる」空気が大好き。

どうも、利酒師ライター兼飲食店経営のふくです。

週末、4月から「始まる」ひとつ、「畑」に行ってきました。

 

昨年度から、福島の南会津で「畑」を始めました。

南会津は、雪深いこともあり、11月~3月の畑仕事はお休み。

4月から、今年の作付けが始まります。

 

私が営む日本酒専門飲食店でお出しする野菜を、南会津の畑で無農薬で作っています。

 

畑を始めたきっかけは、スーパーや市場に並んでる野菜は、どのように作られているのかの過程に興味があったから。

まだまだまだまだ、超初心者ですが、地元の皆様に協力頂き、野菜を作らせて頂いています。

 

日曜日の始発に乗って、福島の会津田島駅へ。

東京から約3時間30分。北千住から1本!

乗り換えなしは嬉しいけど・・・ずっと座ってると・・おしりが・・・痛い・・・。

 

会津田島

 

会津田島駅から車で10分ぐらい走ると、うちの畑が!

 

 

kanan_160412_02

​まだ、雪がなくなったばかりで、何も植えてない畑はなんだか寂しい・・・。

8月には、全くの違う景色になります。

 

高齢化が進み、畑を縮小する方が多いこの地域。

うちの畑の面倒をみて下さってる方が、「使わないと土もかわいそう」と、空いた土地を借りてきて下さり・・・

今年のうちの畑、なんと昨年の3倍の広さに!

一面、うちの畑です。

 

この時期に元気に育っている作物もあります。

昨年の10月に植えたねぎとにんにく。

 

kanan_160412_03


ねぎやにんにくは冬前に植えて、雪の下で春を待ちます。

例年より、今年は雪が少なかったことが影響してか、かなりいい感じに育ってる!とのこと。

8月に収穫予定。ねぎやにんにくは、植えてから10か月後が収穫。

時間がかかる作物です。

 

 

そして、この季節は!!

kanan_160412_04

​ふきのとう祭り!!

 

春の香りが辺り一面に。

 

 

天ぷら、ふき味噌もいいな~なんていいながら、摘む摘む。

東京では高級食材の山菜も、畑では摘み放題!

 

kanan_160412_05

 

​そして、行者にんにくも。

摘んだ手が・・「にんにく臭い~」なんて大騒ぎしながら摘む摘む。

 

kanan_160412_06

 

他の山菜はまだ出てきてなく、今回はふきのとう&行者にんにくのみ!

 

今年の畑は、色々な種類の野菜や果物を少しづつ植える予定。

昨年は、じゃがいも3種類植えて、1トンもとれてしまい、使いきるのが大変!という大惨事になってしまったことを踏まえて・・・。

 

パクチーや食用ホオズキなどを植えてみる予定です。

 

kanan_160412_07

 

​今期の畑は、どんな畑になるのでしょう。

 

いよいよ、畑がスタートです。

 

そして帰りは鬼怒川温泉で途中下車して

 

kanan_160412_08

 

足湯に入りながら、那須高原にあるサッポロビールの小さな工場で作られた「流れる雲のヴァイツェン」を。

 

旅行気分を満喫して、帰ってきました。

 

今日もごちそうさまでした。