特集記事

カフェ開業に必要な資金はどれくらい?

カフェ開業に必要な資金はどれくらい?

カフェ開業に必要な資金の目安

飲食店を開業するにあたって、憧れの強い業種がカフェ。カフェ開業者は増加傾向にあり、これから出店を希望する方も多く存在します。
しかし、いざ開業しようとなると気になるのが、「どのくらいの資金が必要なのか」という点。開業資金の目安を知ることで、ゆとりのある資金を準備しておきたいものです。
今回は、カフェ開業を検討されている方に向けて、「どんな費用がかかるのか」「実際にどのくらいかかるのか」をまとめてみました。

店舗投資費用

カフェは、基本的に他の業種よりも調理が少ない為、最低限のインフラ容量と厨房機器で営業することができます。必要な機器類としては、冷蔵庫、製氷機、コーヒーマシン等になります。
内装設計・工事費用に関しては、居抜き物件で1坪あたり15~25万円、スケルトン物件で1坪あたり20~40万円が相場といわれています。
一見すると少ない資金で事足りそうなカフェですが、カフェにとっては空間づくりが重要。こだわりを追求するとデザイン費や工事施工費のコストは際限がなく、テーブルや椅子、照明などのインテリアも加えると少額での開業は難しくなります
理想とする空間づくりを叶えたい方は、複数の内装業者に見積もりを取ってもらい、大きな作業は予算に見合う範囲で工事を依頼し、細かい作業は出来る範囲で自分でつくること(DIY)をおすすめします。また、飲食店を開業する方専用のリサイクルショップもありますので、そちらを利用すると店舗投資費用を抑えることができます。

運転資金

運転資金には家賃や通信費などにかかる固定費と、仕入れや人件費などにかかる変動費があります。一般的に、開業してからお店が軌道にのるまでには約6ヶ月間かかるといわれていますので、入居前にその期間分の金額を用意しておくことが妥当です。

費用区分 運転資金の内訳
固定費 賃料、通信費、保険料、リース料、減価償却費、支払い利息など
変動費 水道光熱費、人件費、広報・宣伝費、仕入れにかかる費用、
消耗品費、修繕費、交通費、交際費など

”オープンと同時にお店に行列ができている”というのは理想的ですが、多くの飲食店はそうではありません。ほとんどの店舗は知名度が低い為、お客様の来店もほとんどない状態がしばらく続きます。
しかし、最初は赤字経営だった店舗でも、お店のコンセプトを軸にメニュー考案や宣伝活動を地道に努めていればば黒字転換することは大いにあります。開業するまでがゴールではなく開業してからがスタートになりますので、「どうしたらお客様に来てもらえるのか」を常に考え、情報の取得と新たな施策を実行していきましょう。

開業時に利用できる補助金・助成金

開業するにあたっては、補助金や助成金の申請を行うことでその一部を国から交付してもらうことができます。
注意点として事後交付になるため一時的な支出は避けられませんが、先々の経営を考えてぜひ申請しておきたいところ。
開業から間もない段階でも利用できる補助金・助成金をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

開業時に利用できる補助金・助成金については、
こちらの記事をご覧ください!

カフェの居抜き物件


Written by 飲食店の居抜き物件なら!居抜き店舗ABC
物件のご紹介はもちろん開業までをサポートいたします!


簡単30秒で会員登録完了!

飲食店、物販、テイクアウトなどの店舗物件をご紹介します!

記事に登録されているタグ

Copyright © 居抜き店舗ABC, All Rights Reserved.