東京板橋区の大山には2つの商店街があり、そのうちのひとつは板橋区でも最大規模をほこります。商店街には普段よりたくさんの方々が訪れており、商店街ならではのB級グルメ店も、いたるところで目にすることができます。食べ歩きを堪能するには最適な場所と言えるでしょう。また、池袋駅のすぐ近くに位置するという、交通の便の良さも見逃せないポイントです。ここでは、商店の街・大山について紹介します。

大山といえば商店街

自然発生した商店街とともに発展してきたと言える大山は、日頃より多くの人でにぎわいを見せている街です。また、池袋すぐ近くにあるため、駅の利用者も多いのも特徴のひとつです。それら街の特徴について紹介します。

地名の由来

大山という地名の由来には2つの説があります。ひとつは、養育院周辺にあった丘岡の標高が高かったため大山と呼ばれ、古老がそれを伝え広めたという地理的な説です。

もうひとつは、神奈川県丹沢に位置する大山・阿夫利神社に参詣する「大山詣」の街道だったことを由来とする説です。江戸時代より関東各地には、大山に通ずる道がたくさんあり、世田谷区の用賀に「大山道」という道が実際にあります。

そして、現在のハッピーロード石川ビル横から山中交番を通る道もまた、その大山道のうちひとつだった言われています。大山道が通っていたために、その地域を大山と呼ぶようになったと考えても何ら不思議なことではありません。

駅すぐ近くには2つの商店街

大山には、大山駅南口に「ハッピーロード商店街」、北口に「遊座大山商店街」と2つの商店街があります。商店街は大山最大の特徴であり、街では最も多くの人々でにぎわうエリアです。

1978年に誕生したハッピーロード商店街は、板橋区で最大規模をほこる商店街です。平日・週末を問わず常に人の活気であふれています。元々、旧川越街道に沿って自然に発生した商店街でもあり、高度成長期は急激な発展を遂げました。商店街発足のきっかけは、もともと大山にあった「大山銀座商店街振興組合」と「協同組合大山銀座美観街」の2つの商店街が合併したことです。そして、翌1978年に長さ560mのアーケードが誕生し、現在へといたります。商店街のホームページ運営のほか、イベントが頻繁に行われており、現在も新しい顧客の取り入に積極的です。

商店街は、焼きそば、くず餅、大学芋、クレープなどのグルメを楽しむのもよし、100円ショップやドラッグストアなどで日用品を買いそろえるのもよしといったように、あらゆるジャンルのお店がズラリと立ち並んでいます。

2005年からは、事業の一環として商店街と農山漁村の交流による活性化を目指した「とれたて村」がスタート。全国各地の新鮮な野菜や特産品などが販売されています。さらに関連イベントが年に56回111日行われ、商店街はこれまで以上のにぎわいを見せています。

また、商店街として初めてポイントカードを導入したのもハッピーロード商店街です。1994年にハローカード事業を開始するとすぐに、ポイントカードの文化は全国の商店街へと普及していきました。

遊座大山商店街は、戦後1950年平和を祈願して発足したオオヤマピース商店会を前身とし発足された商店街であり、ハッピーロード商店街よりもさらに長い歴史をもつ商店街です。この商店街にもカフェなどの飲食店がいくつも立ち並んでおり、地元民を含めてたくさんの方が訪れています。板橋区立文化会館もあるため人の流れもあり、また個性的な店舗やリーズナブルな店舗が多いのが特徴です。
「遊スタンプ」といった独自のスタンプカードをためれば、1冊500円での利用や素敵な景品をもらうこともできます。平成17年から高齢者、障害者、子育て層等の参加によるワークショップを開催しており、商店街全体で福祉に対し力を入れている。

■関連ページ:地元密着型!大山で飲食店を開業できる物件情報

ハッピーロード商店街と遊座大山商店の2つを探索していると、時間が過ぎるのを忘れて日もあっという間に暮れてしまうでしょう。大山のレジャーでは、どちらも足を運んでいただきたいエリアです。

大山駅から池袋駅まで約5分

大山は、渋谷、新宿に並ぶ3大副都心のひとつ池袋近隣に位置するエリア。東武東上線の大山駅から池袋駅の間は3駅しかなく、時間は5分とかかりません。自転車だと15分ほどで池袋に着くことが可能です。大山駅の利用者は多く高度成長期の大山駅の乗客数は池袋駅を抜いて、東武東上線1位だった時期もありました。

池袋駅といえば、1日平均利用者数は約260万人を超える大規模ターミナル。初めて訪れた方は、その人だかりの多さにただ圧倒されるばかりでしょう。山の手線をはじめ丸の内線、有楽町といった私鉄など、電車を利用すれば都内のほぼ全てを行き交うことができます。

このように池袋の近くに駅があるというのは、ひとつの大きなメリットです。そのため、大山は、通勤はもちろんのこと何か用事がある際にも、困ることがほとんどないと言えるでしょう。

大山は住みやすい街

大山は物価が安く、治安も特別悪くないため、住みやすい街として評価されています。池袋駅まで約5分で着くというアクセスの良さも人気であり、多くの方に住環境として選ばれています。また、街には、大きな商店街が2つあるだけでなく、コンビニや24時間スーパーなどもあります。何か必要なものがあればすぐそろえることができるので、食材や日用品に困ることはありません。

街並みは都会的な洗練されたイメージとは違うものの、お年寄りが多くどこか温かみを感じさせる昭和な雰囲気となっています。実際に住宅街にはファミリー層や年配の方がたくさん住んでおり、アットホームな街です。好アクセスと落ち着きを両立している点は、住環境としての人気のゆえんとなっています。

どんな飲食店がある?(1km圏内)

大山で一番多い飲食店は和食240件、その次に居酒屋177件と続きます。カフェやBAR、洋食、イタリアン・フレンチなど、カジュアルな業態の店舗は少ないようです。食文化の中心は和食であることがわかります。

どんな業態が出店チャンス?

大山で新たに飲食店を出店するのなら、和食か居酒屋がいいかもしれません。これらの業態は大山にたくさんあるので、浸透はしやすいでしょう。年齢層が高い方が多く住んでいることから、和食が適しているかもしれません。

関連ページ:業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
和食屋の居抜き
うどん・そばの居抜き

周辺の主なスポット

・大山福地蔵尊
・板橋交通公園
・いたばし観光センター
・東板橋公園・こども動物園
・trAmpoland Tokyo
・日曜寺
・前野原温泉 さやの湯処
・縁切榎
・いたばしボローニャ子ども絵本館
・石神井川緑道
・スパディオ
・日本書道美術館
・板橋天祖神社
・出井の泉公園
・見次公園

大山に似た地域

■練馬
大山から新宿へ電車で移動するのに約27分しかかかりません。練馬も電車で新宿に行くのは約19分しかかからないので、どちらもアクセスが便利です。
■新小岩
大山はハッピーロード大山、北口には遊座大山商店街があります。新小岩もルミエール商店街があるので、どちらも買い物に不便することはないでしょう。
■文京区エリア
大山はすぐ近くに日大板橋病院という大きい病院があります。万が一のことあがっても通いやすい病院があれば安心です。文京区は入院ができる病院、病床数の多い区5位、看護師の数と平均在院日数2位にランクインしているので、医療環境は充実しています。

関連ページ:類似地域 周辺の募集物件一覧

練馬・新小岩の居抜き物件一覧
文京区エリアの居抜き物件一覧
  

どんな客層?

【昼】
ランチの平均単価は1,000円。大山がある板橋区は夜より昼の方が人は多いです。大山は下町風情が残る商店街があることや通勤者が多く来ていることもあり、平日のお昼時はサラリーマンや高齢のお客さまが多いかもしれません。
【夜】
ディナーの平均単価は昼と同じ1,000円とリーズナブルな価格です。周辺には家族や同棲している人物件があるので、夜は家族連れのお客さまの来店が予想されます。

人口特性

大山の人口総数は561,713人、世帯数は合計で303,189世帯です。この結果から、大山は家族で暮らしている方が多いと予想できます。男女別で人口を見ると男性が276,872人で女性が284,841人であり、女性の比率がわずかながら多いようです。

乗降人数

東武鉄道の大山駅の平均乗降人員数は51,086人(2016年調べ)です。年度別に見ていくとだんだん下がっていく傾向が見られましたが、近年は少しずつ平均乗降人員数が増加してきています。多くの乗客が向かう先は、南北に広がる2つの商店街です。

関連ページ:乗降人数が近い地域の街紹介ページ

■関連ページ:高円寺で居抜きで飲食店を開業するための街情報
■関連ページ:浅草で居抜きで飲食店を開業するための街情報
■関連ページ:池尻大橋で居抜きで飲食店を開業するための街情報

大山の賃貸相場

大山駅周辺の賃貸相場はワンルームで74,000円、1Kはワンルームと大差なく2Kは83,000円です。1LDKと2LDKはおのおの115,000円、146,000円、3LDKなら18万円近くになります。しかし、板橋区の賃貸相場と比べれば安いです。

大山の店舗賃料相場

大山駅周辺の賃料相場は平均坪単価17,292円(最高坪単価44,357円・最低坪単価5,878円)となります。賃料別に見ていくと20万~40万円が全体の半分近くを占めており、次に多い20万円未満も45%という数値が出ています。20万円以下で借りられる物件が見つかる可能性は少なくありません。