東京都港区の北部に位置する六本木は、四方が南青山・赤坂・麻布十番・西麻布と接しており、観光地としても人気です。クラブやバーが多くある繁華街というイメージの方も多いかもしれませんが、大使館や世界的企業が多く集まるビジネス街でもあり、高級レジデンスが立ち並ぶ住宅地でもあります。今回は、そんな六本木の特徴や名所を通して、六本木の魅力をご紹介しましょう。

ビジネス分野でも注目を集める、華やかな流行の発信地

国内外問わず多くの方で賑わう六本木は、最新のファッション・グルメ・エンターテインメントが集う流行の発信地です。高級ブランドのショップや広大なショッピングモール、人気のレストランからカフェまで多くの店舗が集い、有名人や外国人も多く足を運びます。しかし、ここまで魅力的な街へと変貌を遂げたのは、オフィス街として発展するきっかけとなった「六本木ヒルズ」による影響が大きいといっても過言ではないでしょう。これからも進化し続ける六本木から目が離せません。

交通アクセス

六本木は、東京メトロ日比谷線と都営地下鉄大江戸線の、2線が通っています。日比谷線は、中目黒・恵比寿・銀座・秋葉原・上野などを通っているため、ビジネスにもショッピングにも便利です。大江戸線を利用すれば新宿まで約10分で、かつ都庁前駅を起点にぐるりと環状運転しているため、主要都市へも難なくアクセスできるでしょう。また、山手線主要部の中心に位置しているため、バスやタクシーも活用できます。

六本木のランドマーク「六本木ヒルズ」




高級ブランドショップ、有名レストランとカフェ、映画館や美術館まで――六本木のランドマーク的存在である「六本木ヒルズ」は、まさに“なんでも揃う”といっても過言ではないスポットです。さらに周辺には、ルイ・ヴィトン、ジョルジオ・アルマーニ、サルヴァトーレ・フェラガモなど、一流ブランドが立ち並ぶ「けやき坂」もあります。ショッピング好きの方なら1日では足りないほど充実した時間を過ごせるのではないでしょうか。

また、「テレビ朝日本社」や、「六本木ヒルズアリーナ」など、テレビや映画が好きな方にとってはたまらない施設もあります。テレビ朝日には、一般客でも自由に出入りできるエリアがあり、人気番組のグッズやお土産品などを買い求める方々で連日賑わいを見せています。六本木ヒルズアリーナは、映画の試写会で国内外の有名俳優たちがレッドカーペットを歩く場所として知られており、映画以外にも多彩なイベントが開催されています。

六本木ヒルズの最上階は、「東京シティビュー」と呼ばれる展望台になっており、地上52階の高さから東京の全貌を眺めることができます。東京タワーやスカイツリー、高層ビル群を見下ろせるおすすめのスポットです。

アートに触れられる街




六本木は、六本木ヒルズ内の「森美術館」、東京ミッドタウン内の「サントリー美術館」、駅から徒歩でアクセスできる「国立新美術館」をはじめとして、美術館やギャラリーが多く集まる“アートの街”です。また、「六本木アートナイト」の開催地でもあります。こちらは、美術館やギャラリーのみならず、六本木の街全体を巻き込んだ一大アートイベントです。街のいたるところに多種多様な作品が展示され、さまざまなパフォーマンスを楽しめることから、若者を中心に毎年60万人以上の人で賑わいます。

旧毛利家上屋敷跡地




六本木ヒルズとテレビ朝日に隣接して、「毛利庭園」と呼ばれる4,300㎡ほどの広大な敷地に、回遊式の日本庭園があります。緑の中に、桜・イチョウ・モミジなどの四季を感じさせる植物が植えられ、都会の中で自然と触れ合える贅沢な空間として、多くの方が散策を楽しみます。この庭園は、元は江戸時代に活躍した長府藩毛利家の上屋敷でした。忠臣蔵で、赤穂浪士の10人が本懐を遂げた場所としても有名です。ちなみに毛利家の下屋敷跡地は、東京ミッドタウンに隣接した「檜町公園」になっています。

オフィス街としての六本木




2003年に「六本木ヒルズ」が、2007年に「東京ミッドタウン」ができて以来、六本木を選ぶ企業が増えつつあります。六本木ヒルズは、六本木を国際文化都市と位置付けることでさまざまなグローバル企業を誘致し、周囲に高級マンションや商業施設を造るなどして、街のブランディングを図ったのです。その戦略が見事に功を奏し、現在の六本木は住む・働く・食べる・遊ぶがすべてまかなえる街として、ビジネスマンからも人気を集めています。

世界的優良企業がこぞって六本木にオフィスを構えたがるのは、ビジネスの発展には優秀な人材とのつながりがもっとも重要という見方があるためでしょう。東京のオフィスビルの最高峰ともいえる六本木ヒルズは、ガスで自家発電をしているため停電がなく、安心して働ける建物として有名です。そのため、災害時のリスクヘッジを重視する世界的なITベンチャー企業などが六本木ヒルズを選び、さらにそれらの企業とのつながりを求めてさまざまな企業が六本木を目指す、というよい循環が生まれました。

六本木は外国人観光客が多い街ですが、外資系企業も多いため、世界中のビジネスマンと接する機会が自ずと増えます。海外展開を考えている方や企業にとって、六本木はその足掛かりとして最適な街と言えるでしょう。

どんな飲食店がある?(1km圏内)

オフィス街であり外国人が多い街のため、居酒屋が830件、BARが936件と群を抜いています。仕事終わりに上司や同僚とお酒を楽しみたい方や、飲み明かしたい方にはうってつけの場所といえるでしょう。また、接待に利用される機会が多いためか、和食のお店が943件と非常に多いのが特徴です。

どんな業態が出店チャンス?

需要の面から考えても、『居酒屋』や『BAR』などお酒を扱うお店の出店を考えている方にはチャンスと言えるでしょう。贅を尽くした和食店も重宝されることが予想されます。接待に使われることを前提とした店内設計やメニュー作りがポイントです。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
バーの居抜き

周辺の主なスポット

・六本木ヒルズ
・国立新美術館
・六本木交差点
・国際文化会館
・森美術館
・毛利庭園
・TOHOシネマズ六本木ヒルズ
・スヌーピーミュージアム
・ハリウッドビューティー専門学校
・ハリウッドビューティープラザ
・アマンド
・リッツカールトン東京
・グランドハイアット東京

六本木に似た地域

銀座
月島と同じく、もんじゃ焼きで有名な下町といえば浅草です。下町の雰囲気を色濃く残す街並みも共通点と言えるでしょう。

渋谷
埋立地であり、再開発のためのタワーマンションが多く建てられている点が、月島と類似しています。
渋谷駅周辺で居抜きで飲食店を開業するための街情報

新宿
寅さんゆかりの地として知られる柴又は、月島同様に下町情緒が感じられる、人情味あふれる街です。
新宿駅周辺で居抜きで飲食店を開業するための街情報

類似地域 周辺の募集物件一覧

銀座・渋谷・新宿周辺の居抜き物件一覧
  

どんな客層?

【平日/昼】
六本木全体の昼間人口は約5万人、ランチの平均単価は1,000~2,000円と少々高めとなっています。ビジネスマンだけではなく、観光客や優雅なランチタイムを楽しみに訪れる方も多いためと考えられます。
【平日/夜】【土日】
夜間人口は約9,000人と、昼間に比べてぐっと少なくなります。ディナーの平均単価は3,000~4,000円と、意外と控えめな数字です。接待や高級ディナーだけでなく、一般的なビジネスマン向けの飲食店にも需要があります。

人口特性

平成30年1月1日現在の六本木一丁目から七丁目の世帯数は7,853件です。人口は12,989人で、その内男性が6,381人で女性が6,608人と、女性がやや多い比率となっています。周辺地域を含め物価や地価が高いため、人口はやや少なめの印象です。

乗降人数

2016年度、六本木駅の1日平均乗降人員は東京メトロ日比谷線で134,369人、都営地下鉄大江戸線で100,916人となっています。開業当時からのデータを見ると、どちらの路線も六本木ヒルズができた2003年から乗降人員が格段に増加しているのが見て取れます。

乗降人数が近い地域の街紹介ページ

上野で居抜きで飲食店を開業するための街情報
浜松町で居抜きで飲食店を開業するための街情報
恵比寿で居抜きで飲食店を開業するための街情報
大宮で居抜きで飲食店を開業するための街情報

六本木の賃貸相場

物価も地価も高い六本木では、1R・1Kでも11~14万円、1LDKクラスになると20万円を超えます。2LDK以上になると40~50万円は当たり前のようです。多くの人で賑わう駅前よりも、少し離れた場所にある物件の方がやや賃料が高めになる傾向も見られます。

六本木の店舗賃料相場

六本木駅周辺の平均坪単価は30,040円と、やはりほかのエリアと比較して高めの印象です。特記したいのが、賃料100万円以上の物件が全体の4分の1を占めるという割合の高さです。なお、六本木ヒルズについては稼働率がほぼ100%で、ほとんど市場に出ることはないと言われています。

六本木(港区)エリアの居抜き店舗物件を見る