少し意外なことに、「品川駅」は東京都品川区ではなく、港区に所在しています。現在は大規模なターミナル駅となっている品川駅ですが、その過去には東海道の宿場町として栄えていた歴史がありました。今回は、そんな品川エリアの歴史や魅力についてお伝えします。再開発によってますます栄えていく品川の街について、ぜひお引越しや出店の際は参考にしてみてください。

さらなる発展が期待される新幹線の停車駅

東京都港区にある品川駅は、東海道新幹線の停車駅です。また、将来的にはリニアモーターカーの始発駅となることから、今後この周辺のエリアはさらなる発展が期待されています。かつて東海道の宿場町「品川宿」があったエリアであることから、駅の付近には宿泊施設が多数存在するのが特徴です。都内主要部へのアクセスが良好で、駅周辺は一大ショッピングエリアとなっています。

東海道の宿場街として栄えた歴史

品川には、江戸時代から東海道の宿場町として栄えてきた歴史があります。徒歩で旅を続ける人々が宿泊したこの街は、現在でも多くのホテルが立ち並んでおり、当時の面影を感じ取ることができます。

明治5年に品川駅が開業されてからというもの、駅を通して多くの人や物が行き交うようになりました。ところが、当時の品川駅はこのエリアを大きく分断してしまったため、地元の方たちが駅を挟んで行き来しにくい状況を作ってしまいます。これは、交通網が発達した品川駅がほかの主要駅と比べて発展が遅れてしまう一因となったようです。

このような状況が改善されたのは、平成10年のこと。品川駅の再開発が行われ、分断されていた2つのエリアを自由に行き来できる連絡橋「レインボーロード」が作られました。さらには、駅周辺に数々の高層ビルが建設されるようになり、生まれ変わった品川はふたたび注目を集めるようになったのです。

品川駅は“品川区”ではなく“港区”にある!

東京都内の駅の中には、駅名と所在地が一致していないため、やや混乱してしまう箇所があります。たとえば、「品川駅の所在地は港区」「目黒駅の所在地は品川区」といったものがその一例です。品川駅が東京都港区に位置しているのには、この駅が辿ってきた歴史が関係しています。

現在、品川駅のあるエリアには、もともと海がありました。本来であれば、東海道の宿場町である品川宿に駅が建設される予定だったのですが、これに地元の方からの反対があったために、宿場町よりもやや北側にある海であったエリアに線路が敷かれることになったようです。

こうして品川宿とやや離れた箇所に建設されることになった品川駅。明治2年の時点では、駅のある地域は「品川県」でした。しかし、廃藩置県によってこの地名が廃止されると、このエリアは「芝区」に入ることになりました。さらに昭和22年になると、芝区が周辺の地域と合併して「港区」が新たに作られたのです。このような経緯があったために、品川駅の所在地は品川区ではなく港区となっています。

東海道新幹線の停車駅でアクセス良好

品川駅は、東海道新幹線の停車駅です。また、JR東海道線・京浜東北線・山手線・横須賀線に加えて、京急本線が乗り入れるなど、ターミナル駅として知られています。多数の路線が利用できる大規模な駅であり、都内の主要駅へのアクセスも良好です。

JR山手線を利用すれば、東京駅まで7分、新宿駅まで12分、乗り換えなしで主要駅までアクセス可能です。また、5分で移動できる浜松町駅からは、羽田空港へ直通の東京モノレールが利用できます。新幹線や飛行機など、出張や旅行での長距離の移動もスムーズにできます。

これに加えて、将来的に品川駅はリニアモーターカーの始発駅となり、より一層の発展が見込まれています。さらなる成長が期待され、東京駅からたった10分という恵まれた立地にある品川駅は、今後ほかの都内主要駅を追い越す存在となるかもしれません。

駅から徒歩2分のテーマパーク「アクアパーク品川」

駅前に大型の商業施設が立ち並ぶ品川駅には、徒歩たった2分でアクセスできる水族館があります。家族でのお出かけやデートにもぴったりな「アクアパーク品川」は、音と映像と光によって海の生き物たちの魅力が存分に引き出された展示が魅力。

屋内型テーマパークではありますが、敷地面積が非常に広く、ダイナミックな水槽を泳ぐ海の生き物たちの姿を見ながら充実した時間を過ごせます。特に、幻想的にライトアップされたイルカたちのパフォーマンスをスタジアムで360度から鑑賞できるショーは、人気のイベントです。

駅前は一大ショッピングエリア

品川駅の周辺は大型ショッピング施設が立ち並び、大盛況のショッピングエリアとなっています。駅ビルの「エキュート品川」および「エキュート品川サウス」は、平日と休日を問わず多くの人で賑わいます。新幹線の停車駅である品川だけに、こちらでお土産を購入してから遠方へ出かける方も少なくありません。

また、近辺にある「品川プリンスホテル」「ウィング高輪」「SHINAGAWA GOOS」などのショッピングモールも人気です。品川駅から徒歩圏内は多くのオフィスビルが立ち並ぶ一方で、一大ショッピングエリアとしても十分に魅力的なスポットとなっています。

 

どんな飲食店がある?(1km圏内)

品川には和食が284件ともっとも多くあります。次に多いのは居酒屋の269件、その次に多いのはBARの92件です。品川にはショッピング施設や娯楽施設が多くあり、買い物や遊びに行った帰りに居酒屋やBARに立ち寄る方が多くいらっしゃいます。

どんな業態が出店チャンス?

品川に出店チャンスがあるのは、『和食』や『居酒屋』『BAR』といった飲食店です。品川にはこれらの業態の店舗が多数あり、同じ業態の店舗で勝負しても繁盛させやすいと考えられます。競争意識が働き、経営が上手くいきやすくなるため、ぜひ出店を検討してみてください。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
和食の居抜き
BARの居抜き

周辺の主なスポット

・アクアパーク品川
・原美術館
・T・ジョイPRINCE品川
・品川プリンスホテルボウリングセンター
・天王洲アイル
・T.Y.HARBOR(ティー・ワイ・ハーバー
・品川神社
・ニホンドウ漢方ミュージアム
・エキュート品川
・アトレ品川
・高山稲荷神社
・品川プリンスシネマ
・汐の公園

品川に似た地域

大崎

品川と同様に、大崎も交通アクセスが良いため、どこへ行くのにも便利な街です。JR山手線・JR埼京線・湘南新宿ライン・東京臨海高速鉄道りんかい線の4路線が使えます。
大崎(品川区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

立川

品川は閑静な住宅街のある住みやすい地域ですが、立川も同じような条件となっています。静かでお店も多く、暮らしやすい街です。

浜町町

品川と同じく、浜松町もオフィス街のあるエリアです。毎日多くのビジネスマンが浜松町まで通っています。
浜松町(港区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

類似地域 周辺の募集物件一覧

大崎・立川・浜松町の居抜き物件一覧

 

どんな客層?

【平日/昼】
品川は、仕事で足を運ぶ方が多いため、夜間人口に対して昼間人口が大幅に増える地域です。飲食店の価格は、ビジネスマンでも気軽に利用できる1,000円以下が平均となっています。

【平日/夜】【土日】
夜間は仕事に来ていた方たちが地元に戻るため、飲食店の利用客は周辺住民や仕事帰りに立ち寄るサラリーマンが中心となります。価格は昼と同じく、お手頃な1,000円以下が一般的です。

人口特性

品川のある港区は、総人口254,561人に対して、男性が119,753人、女性が134,808人住んでいます。女性の割合のほうがやや多い地域です。港区はおしゃれなイメージがあることから女性人気が高く、女性の住民がより多い傾向にあります。

乗降人数



品川駅には、JR山手線・東海道線・京急東北線といった路線が乗り入れています。1日平均乗車人員は、JR東日本が371,787人、JR東海は35,000人、京浜急行電鉄は279,218人となっています(2016年現在)。多数の路線が乗り入れ、大変利用者数の多い駅です。

品川の賃貸相場

品川の家賃相場はワンルームでも11.11万円になります。東京圏全体の平均家賃相場は7万円前後であるため、こちらはかなり高い部類に入るでしょう。2LDKを借りた場合は平均29.32万円、3LDKを借りた場合は平均36.82万円とやや高額になります。

品川の店舗賃料相場

品川では、毎月20~40万円の賃料を払って店舗を借りている方と、100万円以上の賃料を払っている方がもっとも多くいらっしゃいます。ほかの地域と比べて、高額な賃料を払っている方が多い街となります。また、賃料が20万円以下だという方は0%でした。

品川(港区)エリアの居抜き店舗物件を見る