東京都江東区に属している豊洲は、深川地域内にあたるエリアです。もともとは主に工業地として発展していましたが、近年では再開発により中高層の共同住宅や大型商業施設が多くなっています。
こちらでは、レジャースポットやグルメが充実しているだけでなく、居住地としても豊富な魅力がある豊洲についてご紹介します。

再開発により魅力ある街に生まれ変わったエリア

豊洲は1923年の関東大震災における瓦礫処理で埋め立てられたエリアの一つです。
豊洲のほかに有明や東雲などがこのエリアにあたります。この地名は、将来の発展を願って“豊かな土地になるように”という意味が込められ、1937年に名づけられました。

豊洲エリアはその後、1980年代まで工業地として使われ、20世紀前半までには、東京石川島造船所などの工場や新東京火力発電所などの様々な流通設備が立地されます。
以降は流通設備関係者向けの商店や社宅も増えていきました。
現在の豊洲は、大規模な再開発によって中高層のタワーマンションやオフィスビル、商業施設が多く建設されています。

水上バスも利用可能!都心部へアクセスしやすい環境

豊洲駅には、東京メトロ有楽町線、東京臨海新交通臨海線ゆりかもめの2線が通っています。
有楽町線の豊洲は1988年に開業、ゆりかもめの豊洲は2006年に乗換駅として延伸開業し終着駅となりました。
有楽町線を利用すれば、池袋へは乗り換えなしで約30分です。乗り換え有りなら東京駅へは約20分、渋谷へは25分、新宿へは約30分でアクセスできます。

ゆりかもめを利用すれば乗り換えなしで国際展示場や新橋へ到着します。
朝は通勤・通学のラッシュで混雑しやすく、国際展示場や東京ビックサイトでイベントがある日も混雑しやすいのが難点です。

豊洲はバス路線も充実しており、都営バスと東京空港交通の路線バスが発着します。バスの本数が多いため待ち時間が比較的少なく、時間を有効活用できます。
さらに、ららぽーと豊洲にある豊洲停留所発着で水上バスが通っているのは、豊洲の交通面の魅力の一つといえるでしょう。

子育て世代が家族で楽しめるスポットが満載

ショッピングが充実した「ららぽーと豊洲」

ららぽーと豊洲は、人気ショップや体験型施設キッザニア東京、都内最大級のドッグラン、シネマコンプレックスと遠方からでも足を運びたくなる店舗が多く出店しています。
このほか、周辺に居住するファミリー層の来訪意欲を刺激する店舗も多いのが特徴です。中にはペット連れで入れる店舗も多く、ペットを飼われている人には嬉しいサービスといえるでしょう。

施設内はまるで海辺のリゾートにいるような非日常感を味わえるデザインです。外には水上バスの停留所があり、実際に運航しています。
夜はイルミネーションによって昼間とはまた違う雰囲気を味わえます。特に目当ての買い物がなくても十分に楽しめるスポットでしょう。

子どもが楽しく職業体験できる「キッザニア東京」

「キッザニア東京」は、3歳~15歳のこどもを対象にした施設です。約100種類の仕事やサービスを本格的な設備や道具を使って模擬体験できます。
施設内は子どもの目線に合わせるために約2/3スケールで作られており、実際に日常で目にするお店、施設、乗り物がたくさんあります。模擬体験が終わると給料としてキッザニアだけで使える通貨「キッゾ」を受け取り、施設内で買い物やサービスを受けられるのが魅力です。
お子さんが興味のある職業を実際に模擬体験しながら、社会の仕組みを学べるため、親御さんはわが子の成長をあたたかく見守れます。

思い切り体を動かせる「豊洲公園」「春海橋公園」

ららぽーと豊洲の隣にある「豊洲公園」は比較的新しく、カラフルで種類豊富な遊具や、広大な敷地などが整備された区立公園です。遊具の下には柔らかい素材が敷かれているため、安心して子どもを遊ばせられるでしょう。

施設内には造船工場で使用されていたイカリやオモリがモニュメントとして展示されており、街の雰囲気を感じられます。
休日になるとららぽーと豊洲内にある飲食店でテイクアウトをし、芝生の上でランチを楽しむファミリーの姿が見られます。

隣接している晴海橋公園は運河沿いの海上公園としてロマンチックな雰囲気に満ち溢れており、主に若い層に人気のデートコースとして人気のスポットです。ジョギングやペットの散歩にも最適といえます。

休日に賑わうレジャー施設も充実

手ぶらでバーベキューができる「WILD MAGIC」

2017年にリニューアルオープンを遂げた「WILD MAGIC」は、手ぶらでバーベキューが楽しめるバーベキュー場です。
昼夜問わず最低人数2人から利用できるため幅広い世代に人気があります。屋根があるため基本的に天候に左右される心配がありません。
何も持参することなく気軽にバーベキューを楽しめる利便性から、行楽シーズンは常に賑わいを見せています。
都内で唯一の、団体最大500名で利用可能な大規模アウトドアスポットとして、今後さらに注目されていくことでしょう。

「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」

「DMM プラネッツ Art by teamLab」が進化し、2018年に豊洲に期間限定でオープンしました。
こちらは過去2016年にお台場で開催された展示で、21万人という動員記録を持っています。この施設では、総敷地面積10000平米の空間でデジタルアートに触れられます。
入場時に履物を脱ぎ裸足になることでより作品に没頭できます。体験型デジタルアートテーマパークとして、オープンより連日多くの人が鑑賞に足を運んでいる人気スポットです。

 

どんな飲食店がある?(1km圏内)

豊洲で最も多い飲食店は和食の59件でした。次いで多かったのは居酒屋で58件です。カフェは43件あり、BARは12件です。近年の再開発によって商業施設や飲食店が増えましたが、それでも他エリアと比べると全体的に飲食店の数は少なめといえます。

どんな業態が出店チャンス?

豊洲エリアで新規店舗をオープンするなら、すでに出店件数の多い『和食』や『居酒屋』がおすすめです。繁盛店の近くには繁盛店が集中している傾向があります。人気店の近くに店を構えることで、自ずと自店舗のクオリティーが上がっていくことでしょう。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
和食の居抜き

周辺の主なスポット

・アーバンドックららぽーと豊洲
・キッザニア東京
・パークシティ豊洲
・豊洲IHIビル
・豊洲公園
・ガスの科学館「がすてなーに」
・豊洲シエルタワー
・WILD MAGIC

豊洲に似た地域

有楽町

有楽町は駅周辺に大型ショッピング施設があり、豊洲と似て充実した環境で買い物が楽しめます。
有楽町(千代田区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

渋谷

観光地としてのイメージが強い渋谷ですが、豊洲と同様に高層マンションが多く、居住者も多い街です。
渋谷駅周辺(渋谷区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

小川町

乗り入れ路線が複数ある小川町は、豊洲と似て交通の便が良いエリアです。
小川町(千代田区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

類似地域 周辺の募集物件一覧

渋谷・有楽町・小川町の居抜き物件一覧

 

どんな客層?

【平日/昼】
豊洲が属している江東区の昼間人口は548,976人、夜間人口は460,819人です。通勤・通学の方や観光客によって昼間人口の方が多くなっています。ランチは気軽に入りやすいよう1,000円以内のリーズナブル価格帯の店が中心です。

【平日/夜】【土日】
江東区の平均単価は3,000~4,000円です。日中のビジネスマンや観光客が帰宅したことで夜間人口は減りますが、ファミリー層が多いため落ち着いた雰囲気の飲食店で食事をする方が多くなります。

人口特性

豊洲が属している江東区の総人口は、2018年の時点で516,985人です。男性は255,540人、女性は261,445人と女性のほうがやや多いものの、大差はありません。豊洲をはじめとした江東区は単身者、ファミリー層に関わらず住みやすい地域であることが関係していると考えられます。

乗降人数

豊洲駅は東京メトロと東京臨海新交通臨海線の2線路が乗り入れています。東京メトロの1日平均乗車人員は214,932人、東京臨海新交通臨海線の1日平均乗車人員は22,277人です。どちらも開業当時より乗降人数が増えており、再開発により利用者がさらに増えていることが予測されます。

豊洲の賃貸相場

豊洲の家賃相場はワンルーム約10万円、1DK約14万円、2LDK約24万円になります。周辺エリアと比べると比較的賃料が高めですが、再開発によって充実した設備や、新たな人気スポットの誕生などにより、家賃相場も上昇していると考えられます。

豊洲の店舗賃料相場

豊洲エリアの賃料相場は、他エリアに比べると少々高めといえます。2016年の平均坪単価は22,302円です。再開発によって近年人気が上がっているため、豊洲エリアで店舗を構えようと考えている方は、なるべく早めの検討をおすすめします。

豊洲(江東区)の居抜き店舗物件を見る