千葉県市川市といえば、都内へのアクセス環境が良好なベッドタウンとして知られています。
そんな中でも、昨今の再開発によって人気が急上昇しているのが、本八幡エリアです。駅前には大規模なショッピング施設が集い、高層マンションも続々と建設されています。
今後“住みたい街ランキング”に登場するほどの躍進を見せるのではないかと、注目が集まっている街です。こちらでは、そんな本八幡の特徴や魅力についてご紹介します。

再開発によって人気上昇中!今後の躍進に注目の街

本八幡駅の周辺一帯は、かつてと比べて大きく変化しつつあります。以前はとりわけ注目を集める機会が少なかったものの、現在では“今後に人気が出そうな街”として、にわかに注目を集めるようになったのです。
その理由は、再開発によって華やかな印象に生まれ変わった駅前を見れば、一目瞭然といえるでしょう。
本八幡駅の周辺には、大規模ショッピングビルや高層マンションが立ち並び、日常的な買い物に困らない恵まれた住環境が整えられています。

それだけでなく、JR総武線を利用すれば新宿駅まで40分でアクセス可能という、交通アクセス環境も大きな武器となっています。すでに盛り上がりを見せている本八幡エリアですが、将来的には今以上の躍進が期待されているのです。

大規模ショッピングビルや商店街で華やぐ駅前

本八幡駅の目の前には、「パティオ本八幡」「八幡ハタビル」といった大規模なショッピングビルが並んでいます。
ビル内には、リーズナブルな飲食店や、日用品を購入できる100円ショップ、スポーツジムなど、暮らしに彩りを添えてくれる幅広い店舗が揃っています。ほかにも、大手進学塾が集まっていることから、お子さんの進学に力を入れたい親御さんにとっても、心強いといえるでしょう。
そんな華やかな街並みがある一方で、古き良き街並みも未だに残されています。

本八幡駅から徒歩圏内には「八幡一番街商店会」があり、こちらでも日用品の買い物から飲食までをまかなうことができます。
再開発によって生まれた新たな街並みの印象が強い本八幡エリアですが、実は昔懐かしい商店街も健在しているのです。大規模ショッピングビルが建設された今も、商店街は相変わらずに機能しています。

高齢化や防災面での問題を解決するために、長年にわたり開発が進められてきた元八幡エリア。華やかな駅前には充実した環境が整えられています。

ファミリー層向けの暮らしやすい物件が充実

本八幡駅周辺には、ファミリー層が暮らしやすいマンションなど、子育て世帯向けの物件が複数存在しています。特に存在感を放つのは、大型商業施設とマンション、そしてオフィスビルが組み合わさった巨大複合施設「ターミナルシティー本八幡」です。
こちらの物件は、住居でありながら同じ建物内に充実したショッピング環境が整うという、子育て世帯にうれしい構造となっています。
スーパーマーケットや医療機関が目と鼻の先にあることから、日常的な買い出しからお子さんのための通院まで、ここだけでライフスタイルが完結します。
ほかにも、地上40階の高層マンション「グランドターミナルタワー本八幡」など、再開発エリアならではの新しい物件が見つかるのも、このエリアの魅力です。

現在はまだ人気上昇中の段階ですが、いずれ本八幡エリアが“住みたい街ランキング”にその名を連ねる憧れの街へと変貌を遂げるのは、時間の問題といえるのではないでしょうか?

本八幡駅と京成八幡駅で3路線を利用可能

本八幡エリアは、徒歩圏内に「本八幡駅」と「京成八幡駅」の2駅があります。
このうち、本八幡駅にはJR総武本線と都営地下鉄新宿線の2路線が乗り入れており、京成八幡駅には京成電鉄本線が乗り入れています。
つまり、エリア内で利用できる路線は計3路線であり、通勤や通学の利便性が高いといえます。

総武本線を利用すれば、乗り換えなしで新宿駅までアクセス可能で、所要時間は40分。1時間以内で都内主要エリアまで出られることから、ベッドタウンとしても人気です。
また、京成八幡駅を利用すれば、京成上野駅方面と成田空港方面へアクセス可能となっています。
成田空港駅まで乗り換えなしで移動できるため、国内外の旅行にも利便性が高いといえます。

文化人に愛された古き良き街並み

再開発により賑わいを見せる本八幡駅周辺とは対照的に、京成八幡駅の北口方面へ出ると、そこには閑静な住宅街が広がっています。
実は、『あめりか物語』や『ふらんす物語』を執筆した文豪の永井荷風も、晩年この京成八幡駅の付近で暮らしていたようです。周辺エリアには、永井荷風が散歩をしていたことで知られる道や、よく通っていた料亭や銭湯なども残されています。

再開発によって生まれ変わった本八幡駅周辺の印象から見るとやや意外性があるかもしれませんが、本八幡エリアは“文化人に愛された古き良き街”という別の顔も持ち合わせているのです。
千葉県市川市は、都内からアクセスしやすい立地であったため、明治時代頃から重要人物が住居を構えるお屋敷街として発展してきました。
街を歩けば由緒ある神社仏閣もみられ、歴史を感じる散歩を楽しむこともできます。

 

どんな飲食店がある?(1km圏内)

続々と開発が進んでいる本八幡駅前は、飲食店の数も増えつつあります。現在、もっとも件数が多いのは189件の和食店です。続いて、135件の居酒屋、48件のカフェ、42件のBAR、42件の中華料理店があり、駅前はさらに賑わいを見せていくことが予想されます。

どんな業態が出店チャンス?

本八幡エリアで出店チャンスがあるのは、現在人気のある『和食』と『居酒屋』の業態だといえます。都内へ働きに出たビジネスマンが、退社後に気軽に利用できるような店舗が理想です。すでに人気のある業態にあえて挑戦することで、地域のニーズに合った出店計画を立てましょう。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
和食の居抜き
カフェの居抜き
BARの居抜き
中華料理の居抜き

周辺の主なスポット

・市川市文学ミュージアム
・ニッケコルトンプラザ
・市川児童交通公園
・葛飾八幡宮
・市川市中央公民館
・千葉県立現代産業科学館
・脚本家 水木洋子邸
・ぷりモール宝島
・レインボー本八幡
・不知八幡森
・改耕碑
・白幡天神社
・法華経寺

本八幡に似た地域

吉祥寺

単身者やファミリー向けの物件が多い吉祥寺は、同じく家族で暮らしやすい物件に恵まれた本八幡と似ています。
吉祥寺(武蔵野市)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

川崎

再開発によって生まれ変わった華やかな風景があるのは、川崎と本八幡に共通しているポイントです。
川崎(神奈川県川崎市)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

仲御徒町

日用品のお買い物に困らない環境が充実している仲御徒町は、本八幡と似て暮らしに便利な街です。
仲御徒町(台東区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

類似地域 周辺の募集物件一覧

吉祥寺・川崎・仲御徒町の居抜き物件一覧

 

どんな客層?

【平日/昼】
ベッドタウンである本八幡の昼間人口は358,614人。ランチのターゲットとなるのは地元に残る主婦層などの地域住民で、平均単価は1,000円前後が目安です。

【平日/夜】【土日】
本八幡の夜間人口は昼間より多く、459,626人となります。帰宅したビジネスマンなど地域住民がターゲットで、ディナー平均単価はリーズナブルな1,000円前後が目安です。

人口特性

本八幡エリアを含む市川市八幡には、平成30年6月の時点で7,000世帯13,608人の方が暮らしています。男女比は女性のほうがやや多く、男性6,593人、女性7,015人です。八幡一丁目から六丁目のうちでもっとも人口が多いのは、3,770人が暮らす八幡三丁目となっています。

乗降人数

本八幡駅にはJR総武本線と都営地下鉄新宿線が乗り入れており、総武本線の1日あたりの乗降人数は59,869人、新宿線は77,907人です。いずれもほかの駅と比べて利用者数が多く、JR東日本の駅では79位、都営地下鉄では7位に位置しています。

本八幡の賃貸相場

本八幡エリアの賃貸相場は、ワンルーム・1K・1DKで6~7万円が目安です。ファミリー向けの2DKは8万円前後、2LDKは11万円前後、3DKは10万円前後、3LDKは14万円前後が相場となっています。都内と比較して全体的に相場が低い傾向にあります。

本八幡の店舗賃料相場

本八幡を含む千葉県市川市の店舗賃料相場は、駅から徒歩圏内で20~30万円が目安です。本八幡は今後のさらなる発展が期待されている地域であり、かつ現段階で駅の利用者数も非常に多いものの、都内と比較して相場が低くなっています。

本八幡(千葉県市川市)の居抜き店舗物件を見る