特集記事

想定する調理を実現するために!重飲食可能な居抜き物件特集

想定する調理を実現するために!重飲食可能な居抜き物件特集

飲食店開業を決意し物件を探すにあたり、自身がオープンさせるお店が軽飲食・重飲食のどちらに当たるかを確認しておく必要があります。
軽飲食・重飲食には明確な定義がないことが実情です。事実上はに物件オーナーの意向によって細かな差異は出ますが、広義的には火を使っての本格的な調理を行う業態が重飲食とされ、軽食と飲み物を提供するカフェのように簡単な調理で賄える業態が軽飲食とされていることが一般的です。

しかしながら、前述の通り物件オーナーの意向によるケースが多いため、重飲食可能であっても煙が出る焼肉や匂いの強いカレーなど、一部の特徴的な面がある業態はNGとなる場合も存在します。また、カフェであっても火を使っての本格的な調理を要するメニューを提供する場合は重飲食と見なされる可能性もあるため、そのような点についても注意が必要です。
気になった物件があったら、自身の業態は営業可能かどうかを不動産会社に確認することをお勧めします。

重飲食可能な居抜き物件

【ご注意】
上記の物件情報は、本記事掲載時点の情報となります。
閲覧時期により、変更や成約済みとなっている場合がございます。ご了承ください。

ABC店舗 取り扱い物件

居抜きのパイオニア ABC店舗では、多数の飲食店向け物件を取り扱っております。
弊社取り扱い物件の詳細につきましては、物件ページをご覧ください。

記事に登録されているタグ

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.