特集記事

【糖質制限ダイエット vol.1】ABC店舗の社員が糖質制限で〇〇kgも痩せた!?実例から考察するロカボブームと飲食店の関係。

【糖質制限ダイエット vol.1】ABC店舗の社員が糖質制限で〇〇kgも痩せた!?実例から考察するロカボブームと飲食店の関係。

外食は高カロリー・高脂質…ダイエット中は出来るだけ避けたい、そう思っている人も多いのではないでしょうか?
しかし、自炊が良いとは分かりながらも忙しい現代人は全てを自炊には難しいですよね。

そんな時は、外食でダイエッターにも嬉しいメニューを選びましょう!
ダイエッターにも優しいメニュー、それが【糖質制限メニュー】です。
外食でも糖質制限のメニューを選べば罪悪感もなく美味しい食事を味わうことが出来ます。

近年注目を浴びている『糖質制限』、本当に効果があるのでしょうか。

なんとABC店舗に糖質制限の成功者が!それがウーバーイーツ大好きのNさんです。

こちらの記事にも登場しています。
Uber EATSなどの宅配アプリから読み解く、デリバリーの魅力。飲食店の有効活用方法をご紹介。

すでに10kg以上も痩せているNさん!
外食もしつつ楽しくダイエットをしているそうです。

「個人店にも糖質制限メニューを入れて欲しい」

と要望が。では実際にNさんはどんな食生活をしているのか?
そして実際何kgまで痩せるのでしょうか。

全6回にわたって密着してみました!

糖質制限ダイエットは本当に効果あり?!

12月のある日。

犬木「(鼻歌を歌いながら)お昼何たべよっかな~。」
N「そろそろウーバーイーツが届くぞ。」
犬木「…Nさんは相変わらず出前ばかりですね。
N「スペシャリストと呼んでいただいてかまいません。犬木さんも出前どうですか?」
犬木「いえ、結構です。(出前ってカロリー高そう)」

ウーバーイーツの人「到着しました。」
N「どうもどうも。」

袋を受け取るN。
犬木「今日はなんですか?」
NN「今日はまあ、僕の好物ですよ。」
犬木「…肉?」

Nはごそごそと袋を開け始めた。

犬木「…え、ええええ?」



イメージ画像

目の前には茹でた大量のブロッコリーと鶏むね肉が。
犬木「え?Nさんどうしちゃったんですか?」
N「実はダイエット中でして。糖質制限をやっているんです。」

思いもよらないNさんの言葉に驚く犬木。

犬木「糖質制限?あ、今流行ってますよね。」
N「ええ。そうなんです。実は糖質をしっかり計算して摂りすぎないようにするダイエットを始めて、1ヵ月で10kgも痩せました。」
犬木「10kgですか?!」
N「もちろん、これだけじゃないですよ!今日はたまたまウーバーイーツでブロッコリーと胸肉を頼んでみましたが、仕事がある平日は、宅配や飲食店での外食が主になります。いくつかのロカボメニューをローテーションしてますよ!」
犬木「ロカボメニュー…!あ、糖質制限メニューのことですね!今はロカボブームなんて言われてますもんねぇ!それで、本当に10kg落ちるものなんですか?」
N「ほら!ちゃんとスマホアプリで記録してるんですよ!」

1ヶ月間の体重推移
約1ヶ月間の体重の変化を追ったグラフ

犬木「うおおおおおお!すごい!!!!ロカボってすごい!!!!すごすぎるぞロカボダイエット!!!!」
N「…僕のこともすごいって言ってくださいよ!」

ここで説明しよう。
Nさんは身長175㎝体重1★★㎏と一般よりもだいぶぽっちゃり☆
健康を気にする彼は一念発起してダイエットを始めていたのでした。

犬木「全然気が付かなかった~…」
N「犬木さんってそういうとこありますよね。」
犬木「糖質制限って実際どうです?なんか結構な制限のイメージがありますけど。」
N「実は意外とそうでもなくて。今は色んなお店が糖質制限用のメニューも用意してくれますし楽しく続いていますよ。(ゴソゴソ))」
犬木「確かに、まさかウーバーイーツにもあるとは。」
N「しかもここは、タンパク質と食物繊維がたっぷりのブロッコリーと鶏むねの最強コンビ。ダイエット中は超嬉しいですよね。(パクリ)」
犬木「お腹いっぱいになります?」
N「ええ、もちろんです。むしろダイエットを始めてから食事にも気を付けていますし、栄養がしっかりとれているのか過食が無くなりましたね。(パクリ)」
犬木「説得力がある…」
N「でも外食の時は遠慮なく食べますし、その時も糖質はちょっと気にしますね。(パクリ)」
犬木「どんなもの食べますか?」
N「基本的にはつまみ系です。揚げ物はそこそこにしています。でも外食は思う存分食べる派なので、それ以外でボディーメイクですね。(パクリ)」
犬木「すごい、、、ダイエッターだ。目標体重はあと何kgですか?」
N「あと20kgです。」
犬木「別人になっちゃう!」
N「僕は食べるのが大好きです。飲食店も大好きです。だから、もっと美味しく味わいたい。(そしてモテたい!)そのためには健康ですよ、健康。ボディーメイクです。(パクリ)」
犬木「心の声もしっかりと聞こえましたが。糖質制限でここまで効果があるとは驚きですね。」
N「もちろん、完全に抜いているわけではないので食べるときは食べますよ。ただし食べ過ぎないこと、あと運動もしっかり取り入れることが重要ですね。」
犬木「なるほど。…これを記事にしても良いですか?」
N「もちろん。問題ありませんよ」

【糖質制限メニュー】の注目が高い

糖質制限ダイエットを実施しているNさん。
実際に1ヵ月で10kg痩せたのは驚きです。

これをきっかけに糖質制限へ興味が湧いたので色々と検索してみました。
詳しくは別記事でまとめるので概要だけ簡単にご説明します。

糖質制限とは

糖質を抑えるダイエットのこと。糖質を抑えることで血糖値の上昇が少なくなります。
インスリンの分泌量が減り、脂肪がつきにくくなります。
さらに、活動エネルギーとして消費されずに余り脂肪に変わる糖質が少なるので太りにくくなります。

大手チェーン店でも【糖質制限メニュー】が追加

コンビニや大手チェーン店やメディアでも【糖質制限】や【糖質制限メニュー】を見かける機会も増えてきました。

そもそも糖質制限ダイエットは「取りすぎている糖質を減らす」ことから始まります。
糖質とは「エネルギー」のことです。エネルギーは身体や脳を動かす時に使用されます
現代は糖質(エネルギー)過多の食事が多いにもかかわらず消費量は少ない。

取り過ぎたエネルギーはどこに行ってしまうのか。
そう、脂肪になってしまうんです。これが肥満の原因の一つに。

とは言っても、糖質を全く取らないわけにはいきません。
必要最低限の糖質のみで、それ以上のエネルギーは自分の脂肪を分解化して痩せていきます。

現代では大手のチェーン店でも「糖質制限メニュー」も用意されています。
世間全体が健康への意識への高まりを感じますね。

ただし、栄養バランスは考えないといけません。
健康体とは全てのバランスが良い状態ですから。

糖質制限ダイエッターの飲食店利用事情は?

では実際に糖質制限のメニューはどんなものでしょうか?
Nさんの食事メニューを見せてもらいました。

モスバーガーの菜摘ソイモス野菜


パティはお肉ではなく大豆。そしてバンズはなんとレタス!
とてもヘルシーなこちらは、155kcal。

吉野家のライザップ牛サラダ

牛丼のご飯の部分がサラダ、豆、鶏肉のボイルという話題の逸品。
これで430kcalと牛丼チェーンのメニューにしてはとてもヘルシーであり、低糖質です

サブウェイのターキーブレストサラダ

サンドウィッチでお馴染みのサブウェイには、なんとパン抜きのサラダもあるんです!
サラダ自体では71kcal。ドレッシングとしてハニーマスタードソースをかけても+15kcal前後とトータルでもだいぶヘルシーです。

ロカボブームは需要過多!?ダイエッターが気軽に行ける飲食店が少ない!

Nさんは以上3件の飲食店+コンビニや宅配で炭水化物や糖質の入っていないメニューを購入するというローテーションで平日のお昼を過ごしています。
ここでNさんの心の叫びが。

「糖質制限をしていると、行ける飲食店が限られてくる!!」

糖質制限向けの、いわゆる「ロカボ」といわれるメニューが流行っていますが、Nさんが働くオフィス周辺で糖質制限メニューを展開している飲食店は上記の3件だけ。
全て大型チェーンであり、チェーンではない飲食店にはダイエット中に一人で行くことを躊躇してしまうようです。

そしてNさんが注目の一言。
「ロカボブームとはいえ、低糖質メニューのある飲食店はほんの一握りなんですよね。低糖質メニューに対応した飲食店を発見したら、真っ先にヘビーローテーションするのですが…

ロカボブームと言われている状況ながら、たしかにロカボメニューを見かけることはあまり多くありません。
ロカボメニューは需要過多となっている可能性が高いですね。
飲食店のロカボメニュー、実は需要が高いかもしれません!

(おまけ)
そんなNさん、本日のランチはこんな感じでした。

1月に入っても、まだこのストイックさが続いているなんて・・・!
この人、本気です!

記事に登録されているタグ

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.