特集記事

依然として人気の住宅街物件。アフターコロナを見据えてビジネス街・観光地の注目も上昇傾向! ~物件ページ 2月下旬のアクセスランキング~

依然として人気の住宅街物件。アフターコロナを見据えてビジネス街・観光地の注目も上昇傾向! ~物件ページ 2月下旬のアクセスランキング~

株式会社ABC店舗が取り扱う飲食店居抜き物件の、物件ページ最新アクセスランキングをご紹介いたします。

首都圏では3/7が解除の目処となっている緊急事態宣言の延長も検討されているものの、2月下旬の新型コロナウイルス感染者数自体は減少傾向。
依然として気を抜くことはできない状況ではありますが、物件の人気度合いや注目度合いにはどのような影響を及ぼしたのでしょうか。ランキングと共に最新のトレンドを探ります。

物件ページ 2月下旬のアクセスランキング

※本記事公開時点での成約物件は除く

第1位

人通り良好な角地の焼肉屋居抜き物件です。
ビジネス街だけでなく、集合住宅を中心とした住居も数多くあるエリアのため、住民の集客も可能です。

詳細

第2位

東京スカイツリー・東京ソラマチのお膝元にあるラーメン屋居抜き物件です。
観光地として知られる押上ですが、この周辺はファミリー層の多い住宅街があり、住民の集客も可能です。
すぐ隣にコインパーキングがあり、車での来店にも対応できます。

詳細

第3位

1階の中華料理店が「はなれ」として使用していた部分を、経営形態見直しのため譲渡となります。
すぐ近くには2020年に虎ノ門ヒルズがオープン。東京メトロ日比谷線の新駅「虎ノ門ヒルズ駅」も開業しました。
現テナントも含め、周辺の飲食店はビジネスマンが主要客層です。

詳細

第4位

アクセスランキング第1位の物件同様、オフィスだけでなく住宅も多いエリアの物件です。
前テナントは地域密着の居酒屋として14年間営業。人員の都合により、惜しまれつつも閉店となりました。

詳細

第5位

都内有数のビジネスに特化した街にある、お弁当テイクアウト専門店の居抜き物件です。
この界隈の飲食店は大半がランチタイムのテイクアウトに対応。Uber Eatsや出前館の配達員も頻繁に通行しており、テイクスと・デリバリーともに需要のあるエリアです。

詳細

第6位

一人でのオペレーションも可能なサイズのとんかつ屋居抜き物件です。
現状の客席エリアはカウンター4席、2人掛けテーブル×2の席構成。厨房も効率よく動ける一本の導線が出来上がっています。
現テナントではビジネスマンに加えて、周囲に複数ある大学や学校に通う学生の来店もあります。

詳細

第7位

埼玉県草加市にあるラーメン屋物件です。
草加はファミリー層の多いベッドタウン。家族連れも含めた地域住民をターゲットにした飲食店の営業に適しています。

詳細

第8位

エリア内屈指の繁華街である「仲町通り商店街」のすぐ近くに位置。物件周辺も、商店街の延長線上のような形で飲食店が密集しています。
現テナントは台湾料理ですが、内装は和風のため和食店や居酒屋などにも転用可能です。

詳細

第9位

綾瀬駅すぐのバー居抜き物件です。
周辺は住宅が広がっており、公務員宿舎もあるため足立区の中でも特に治安や客層の良い物件です。
内装には本物の木をふんだんに使用。バックバーは一見の価値があります。店内は綺麗で明るさがあり、女性の常連さんも多いお店です。
現テナントはコロナ禍の影響をあまり受けずに営業してきましたが、ご家庭の都合により地方へ引っ越すことになったため、惜しまれつつも譲渡となります。

詳細

第10位

東京メトロ銀座線 田原町駅が最寄りの中華料理店居抜き物件です。
物件周辺は住宅と歴史ある寺院が複数。浅草からも徒歩圏内のため、すぐ目の前にはビジネスホテルもあります。
現テナントの主要客層はファミリー層も含めた住人、寺院関係者。平時はビジネスホテルに観光に来た外国人の方々の利用も積極的にあり、コロナ禍終息後は観光客の集客も見込めます。
もともとは中華料理の専門店としてオープンしたお店でしたが、外国人観光客の利用が多くなったことで和食の提供も行うようになったそうです。

詳細

住民をターゲットにできるエリアの物件が人気

アクセスランキング上位10件のうち、半数以上が住宅街要素のある物件でした。
コロナ禍で人気度・注目度ともにビジネス街を上回った住宅街の物件。
テレワークが根付きつつある世相や、首都圏1都3県が共同で「黙食」「個食」を推奨したことなども影響し、地域住民をターゲットにした飲食店の経営をお考えの方は多い状況です。

アフターコロナを見据えた物件の注目も上昇傾向

依然として住宅街要素のある物件の人気が高いですが、ビジネス街や観光地要素のある物件のアクセスも、従来に比べると上昇傾向にあります。
首都圏の新型コロナウイルス感染者が減少傾向になるにつれて、「アフターコロナ」を見据えて飲食店の開業準備に動き出し始めた方が増えてきていることが考えられます。

【ご注意】
上記の物件情報は、本記事掲載時点の情報となります。
閲覧時期により、変更や成約済みとなっている場合がございます。ご了承ください。

物件を探す


Written by 飲食店の居抜き物件なら!ABC店舗

物件のご紹介はもちろん開業までをサポートいたします!


簡単30秒で会員登録完了!

飲食店、物販やテイクアウトなどの店舗物件をご紹介します!

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.