用語集

重飲食・軽飲食

「重飲食・軽飲食」の意味は、重飲食は焼肉店・ステーキ店・焼き鳥屋といった臭い・煙が出る飲食業の事を指し、他にもラーメン店・カレー屋・中華料理店・とんかつ店なども臭いが出るため重飲食に含まれています。

この区別については臭い・煙の以外に、照明が多いとか騒音が出やすい業種の事も含む場合み、理由としてはマンションや居住用物件と店舗が同じビル内にある場合、居住部分との間で問題になる可能性が高い飲食業を重飲食と判断している為です。

しかし、これには明確な定義があるわけではなく貸主が最終的な判断をしているので、重飲食に当てはまる業種であってもセントラルキッチンを利用してニオイも少なく、設備もあまり必要ない場合は可能というケースもあります。そして、軽飲食という意味は主にカフェや喫茶店等を指す事が多く、調理の頻度の少なさ・臭い煙の出にくさが基準となっています。ただ弁当屋・ファストフード店など軽飲食と思われがちな業種でも、揚げ物が多くて排水が汚れたり臭いも出てしまう場合は重飲食とみなされることもあります。
 

店舗物件の詳細に「飲食店可、ただし重飲食店は不可」と書かれている場合、電気容量が少なく大型の機器を入れる事が出来ないとか、給排水・空調などの設備規模を拡大するために大きな工事が出来ないなどの建物自体の問題もありますが、ほとんどが貸主側が周囲や住民・他テナントから苦情が出てトラブルを招きたくないからとか、火気が多い事で火事が起こりやすくなるのを避ける為と言った理由が多いようです。

また配管・壁がニオイ煙油などで傷みやすいからという理由でNGとしている場合もあります。そこでもしも良い条件の貸店舗が見つかり、飲食可・重飲食不可といった物件だった場合ニオイや煙を出さない独自の設備を設ける事で、貸主に納得してもらい無事に契約出来たケースもあるようです。例えば、ダクトにはアクアフィルターやグリスフィルタを設置したり、排水にはグリストラップを設けるなどしてニオイや煙、排水の汚れを極力抑えるといった方法です。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.