撤退した飲食店を新しく生まれ変わらす居抜き物件

飲食店を新たに開業するとなると高額な費用がかかってしまいます。

飲食を取り扱う店舗を営業するとなると、提供する料理などを作るために必要となる厨房を作らなくてはならなかったり、お客さんが食事をするためのスペースを作らなくてはならなかったり、営業をするために必要となる家具や家電を一から用意しなければならなかったりなど、なにもない場所からお店をオープンするためには時間とお金がたくさんかかってしまいます。

このようにお店をオープンさせるためには、たくさんのお金がかかってしまいますが、すこしでもかかってしまうお金を減らすことができる方法に、居抜き物件を利用するという方法があり、この方法を利用すれば条件がよければとても安くお店をオープンさせることができることから、とても人気があります。

居抜き物件というものは、貸し出される以前や売りに出される前に実際にお店を営業していた物件のことをいい、お店を営業していたものの、何らかの理由により撤退しなくてはならなくなった物件のことをいい、元々お店を営業していたことから設備やお店を営業していくために必要なものが揃えられているので、すぐにお店をオープンさせることができます。物件によって異なってはきますが、撤退してそのままの状態であり、設備や備品などをそのままに譲ってもらうことのできる物件から、撤退してある程度の設備だけがそのままの状態となっている物件など、居抜き物件といってもさまざまな状態の物件があり、物件を借りたり購入するには、持ち主や不動産会社との交渉次第となります。

居抜き物件は、条件があった物件であれば飲食店を営業するために必要となる費用を格段に抑えることができるので、居抜き物件が貸し出されたり売りに出されるとすぐに次の主が見つかるほどの人気があるために、条件のあった物件を見つけることはとても難しくはなってきますが、自分のオープンを予定している店舗にあった物件を見つければすぐに交渉することで、設備が整った物件だけでなく家電や家具を譲ってもらうことができたり、中にはお店をオープンしてまもなく状態が非常によい状態の物件もある場合があるので、居抜きという方法を使って安い金額でお店をオープンさせることが成功したものも多く、借りる側や購入した側にだけメリットがあるだけではなく、物件を手放した側にも処分しなくてはならない手間や費用を考えると安くすむというメリットがあります。