第一章
「飲食店を開業したい」と思ったら
コンサルタントの選び方はどうすればいいの?
img_dialogue_default

どんなところに気を付けた方がいいんですかね?

医者と同じように、一番ダメなコンサルとは、「足が痛い」「腕が痛い」と患者が訴えたときに、「では足の薬を出しましょう」「腕の痛み止めを処方しましょう」というタイプ。本当は脳や心臓の病気かもしれないのに、根本的な問題を見つけないで、対症療法に留まってしまっています。
問題とは“ある現象”に過ぎません。たとえば、売上が少ない、とか。しかし、売上が少ないところにも様々な問題点があるんですよね。店主の態度が悪いとか、きたないとか。
そうした一番影響しているだろうと思われる問題点を特定して、それに対して、最も効果が出やすい解決方法を提案することがコンサルタントの仕事です。

某コンサル会社みたいにとりあえず顧客管理データを集めて―とか、こういうパッケージの業態変更をして―とかも、とりあえず「やってる感」があるので、お客様のある程度の満足感はあるのも事実です。
でも、それが本当に望ましいのかというと、少し違うのかなという気がします。そのパターンがコンサルタントにとっては一番いいんですよ。お金は稼げるし、出来なかったらお前たちのせいだって言えるから。
そのパッケージをうまくやり切れなかったのはあんた達のせいだろうって言えるので楽なんですね。ただ、それはあんまり、どうなんですかね。
僕が先ほど言ったのは、どちらかというと中小企業診断士の考え方に近いコンサルです。日本が決めた国家資格ですからね、経営コンサルタントの。
基本的にはそれしかないんじゃないかなと本当は思っているんですよね。
今の例のだと、お医者さんに行って診断しないで「とりあえずイソジンでうがいしてて~」「とりあえずトローチ出しときますから」って言ってるようなものなんですよね(笑)。

img_dialogue_default
img_dialogue_default

たしかに(笑)。原島さんなら、何を参考にしますか?

自分が店の人だったとしたら、そのコンサルタントのブログや本人の言葉で書いてある文章の中に共感できるかどうかを大切にします。
僕が契約するときもそうですけれど、「この人となら付き合ってもいいな」と思える関係性がないと、絶対うまくいかない。だから、「この人のこんな考え方いいな」「この人、情熱的だな」「飲食を馬鹿にしてないな」など、共感できることがあるか、その人の出版物などで確認することが一番大切ではないでしょうか。
あまりよろしくないのは、大手企業には親切に対応するけれど、小さい店に対しては実習生を派遣してくるようなコンサル会社です。
気になるコンサルタントがいたら、その本人をちゃんと出してくれる会社であることも大事です。コンサルの良し悪しは、会社がどこかということよりも「誰が来てくれるか」に依存しますから。
「そのコンサルタントは料金が高いから」等々、理由をつけて派遣してくれない会社はよしておいた方がよいでしょう。

img_dialogue_default
解説者
img_dialogue_default
株式会社STAYDREAM
代表:原島 純一(はらしま じゅんいち)
所在地:新宿区西新宿7-2-6 K-ビル3階
TEL:03-6890-1313
FAX:03-6890-1158
http://www.c-staydream.com/