第一章
「飲食店を開業したい」と思ったら
相談に来る人はどんな人が多いの?
img_dialogue_default

まだ開業する前なんだけど、相談してもいいのかな?

もちろん結構ですよ。
相談をされる方の約6割くらいが開業前の方です。
「個人で開業したいんだけど」と「新規起業で開業したいんだけど」という質問をされる方が多いですね。実際に会うと「じゃあ、先生はどんなことをしてくれるんですか」とか「自分はこういうことを考えているんですけど」という話になります。
例えば、「鎌倉でカフェを開きたい、自分は女性だからハーブなんかも入れたい。こんな風に自分は考えているんですけど、先生はどんなことをしてくれるんですか」という風にですね。
これが企業さんだと違う。
「何坪の物件で、こんな売上で、こんな計画で」というように、担当者の人が一度自分で数字を作っていて、その上で、自分たちの計画をどうフォローしてくれるか知りたい、専門家から見てどう思うか数字のチェックしてほしい、計画を推進する上で運営ノウハウがないから教えてほしい、というような感じで具体的なケースからの話になります。
個人と企業では入る段階が相当異なりますね。

img_dialogue_default
img_dialogue_default

できれば、会って相談したいんだけど。。。

私の場合は、事務所にお越しいただいてお話しさせていただいています。
「何を、どこで、どのようにやるか」という話をお伺いして、それぞれの気になる点を明らかにし、収支予想についても、「これから変わる可能性があるよ」とか「今だとこんな風になる気がするよ」といったように妥当性を検証して、計画の改善を検討いただいています。
プロジェクト型の契約に近いですかね。
もともと、プロジェクト型の契約は、開業後3ヶ月間くらいのフォローありきで考えています。
その段階ではこわくて離れられないので、開業後3ヶ月くらいは月1~2回来る契約を含めてプロジェクト契約としている場合や、そういう段階になった時に開業後コンサルを申し込める契約にしていることが多いですね。
そういった形式を希望するかどうかは人それぞれです。

img_dialogue_default
解説者
img_dialogue_default
株式会社STAYDREAM
代表:原島 純一(はらしま じゅんいち)
所在地:新宿区西新宿7-2-6 K-ビル3階
TEL:03-6890-1313
FAX:03-6890-1158
http://www.c-staydream.com/