第一章
「飲食店を開業したい」と思ったら

コンサルタントって何をしてくれるの?

コンサルタントの仕事とは、たくさんある問題解決手法の中から、最適なものを提供することと言えるかもしれません。コンサルタントにも色々な人がいます。「○○の売上を120%上げる方法」などをメルマガ配信するといった特有の型を持っている方もいますが、それはコンサルタントではないのでは、と賛否両論のようです。
こういったコンサルタントは、特定の手法による特定の成果自体を挙げるメソッドを売っている訳ですが、時にある店の経営問題にとっては、適切な処方箋ではない場合もあります。

イメージとしてはお医者さんに近く、症状が出ていて、その原因を探っていきます。例えば、売上分析を見せていただき、明らかに原価が高く見えても、原価を単純に下げれば良いというものでもありません。
 
原価が高くても売れてない可能性もありますし、原価が高いことにこだわりがあるのかもしれません。様々な数字的・現象的部分、店舗の内観や接客、営業なども含め全て検証し、問題を明らかにしていく必要があります。
「ここに問題がありそうだな」とまず決めて、それを解決するところから始めます。問題はだいたい見えないところにあることが多くあります。