第二章
自分にぴったりの物件を見つけるには

気に入った物件の内見チェックポイント

基本的に不動産会社の方が立ち会うケースが多いので、まずは不動産会社の方に見たい物件とご希望の日時を相談しましょう。まだ営業中の店舗の場合は実際に食べに行くというのも方法です。
ただし、まだ閉店するということを従業員の方に伝えていないケースがありますので、店舗内で募集に関する話題は避けてください。

商圏内に、自分と同じ業態の店がないか

同業態の飲食店の店舗数、他業態の飲食店の店舗数、それら店舗のWebでの評価(食ベログなど)もチェックしましょう。

周辺店舗の調査

駅前やバス停はもちろんの事、コンビニやスーパーの客層の確認をしましょう。地域の購買量の規模感などがわかります。明るい午前中、陽が落ちた夕方など時間帯も変えて見るのも大切です。家族層よりも単身者が多いなどがわかります。

人々の流れをチェック

駅周辺の店舗は、改札口の違いで人々の流れが大きく変わります。地元の人が通る道かどうかも必ず確認しましょう。また、駅の反対側の通りは人が早めに渡ってしまうので、駅が目の前でも人通りが異なる場合がありますので要チェックです。

曜日、時間帯、季節でも異なる

何かと忙しい飲食店舗の物件探し。全ての日時を確認できなくても、最低限以下の項目の人々の流れは確認しておきましょう。
・平日、土日の人々の流れの違い
・昼間、夜間の客層の違い
・特に学生街は季節にも注意しましょう

再開発予定があるか

集客施設の移転や工事予定がないか。ある場合は駅周辺の再開発で大きく変わる可能性があるので、できるだけ情報収集しておきましょう。