第一章
自分にぴったりの物件を見つけるには

物件取得時に必要な費用の内訳

飲食店を開業する際、必要な資金には初期費用と(イニシャルコスト)と運転資金(ランニングコスト)の2種類があります。物件を取得したり、内装工事をしたりと、オープン前に必要になる費用を初期費用、オープン後、店をまわしていくのに必要な費用を運転資金といいます。

ちなみに初期費用は、物件取得時に必要な物件取得費用と、店舗の内装工事や厨房機器購入等にかかる店舗投資費用とに大きく分けることができます。

物件探しをしていくうえでは、どの程度の資金が必要になるかを把握しておくことは大切です。

ここでは、飲食店開業前にかかる初期費用の中でも、物件取得費用に焦点をあて、その内訳についてご説明したいと思います。
 

物件取得費用の内訳

契約時に、賃料や原状回復費用など借主の債務を担保するため貸主が預かる金銭のことを保証金といいます。これは、住居などを借りる際の敷金に相当するものです。敷金同様に、契約終了時に償却分を差し引いて返還されます。
支払先:大家さん
支払い額:賃料の6~12か月分程度(物件によって異なる)
 

契約時に、貸主に御礼の意味で支払われる費用のことを礼金といいます。この礼金は保証金とは異なり返還されることはありません。
支払先:大家さん
支払い額:賃料の0~2か月分程度(物件によって異なる)
 

契約時に、物件紹介業者に成果報酬として支払う費用です。
支払先:不動産会社など物件の仲介をしてくれた業者
支払い額:賃料の1か月分以内が一般的
 

前の借主に対し、内装や設備の譲渡代として支払う金額のことで、居抜き物件を取得する場合に発生する費用です。
支払先:前テナントオーナー
支払い額:物件によってかなり差がある。(造作無償(0円)のものから1000万以上するものまでさまざま。)
関連記事:造作譲渡料とは?
 

賃料を前払いで支払うことを前家賃といいます。
支払先:大家さん
支払い額:契約日から翌月分までの賃料が一般的

物件を取得する際には、上記のようにさまざまな金額がかかります。そしてそれは大家さん、不動産会社、居抜きの場合は前テナントオーナーへの支払いと、対象がそれぞれ異なるところもややこしいところです。

冒頭にも書いたとおりこの物件取得費のほかに、内装工事などにかかる店舗投資費用、そして約半月分の運転資金を用意しておくと安心です。事前にどのくらいの金額が必要になるかを把握したうえで、予算の割り振りを行っておくとスムーズでしょう。