第六章
オープン後も末永くお店を続けるために

食材の仕入れ先を探すには

今まで店舗を運営していたオーナーやシェフの方は、今まで利用していた卸業者を利用するのも信用できる品質の食材が入手できるので、卸業者の配達エリアが可能であればベストな選択でしょう。
店舗オープン当初は、街や近隣を知る為に商店街やスーパーで食材などを購入すると、地域の方の特徴や生活習慣、趣味嗜好などを知ることができます。そうすることにより人と人の繋がりを作られるのも、今後の店舗運営に大切な要素でしょう。

 

お店を運営していくと他店舗の方と知り合いになるので、その方の仕入れ先を参考にしたり、飲食店が多い地域だと、卸業者さんが配達の合間にお店にセールスに来たりするので、量や金額を交渉してみるのもいいかもしれません。その逆に業者のトラックが偶然停まっていたのを、ネットで調べて電話したという積極的なオーナーや、農家さんと直接契約したり、オーナー自身が畑で野菜を作るというコンセプトの店舗も。
たくさん選択肢がある仕入れ先ですが、自分のお店のテーマにあった食材を手に入れ、理想のお店を実現させましょう。