成約者のインタビューから見る「物件を決めた理由」

 
当社でご契約いただいた開業者の皆様には、開業に至った経緯から物件探し~契約までをインタビュー形式でお話を伺っております。

参考:成約物件(/contents/story/example
 
そのインタビューデータ(2016年4月15日~10月12日)を元に、
 
「店舗取得の決め手になるものは何か?」
 
を分析いたしました。

  

物件探しの期間は“3ヶ月~半年”

約60%の方が半年以内に、1年未満では80%の方が物件の取得に成功している。

1年以内の物件探し期間を「苦労した」と感じるかは、それぞれの「状況」や「探しレベル」にもよるのだろう。当社では個人開業の方がが多く、開業という大きな決断を半年以内に決めるというのは、様々な決定要因があるはず。

38%が“地域”から”立地”へ変わる

土地勘のある場所から立地のよい物件へ
地域、いわゆる土地勘のある場所から立地のよい物件へと物件を見ているポイントが遷移したことがわかる。もちろん、そのほか複合的な要素が考えられるが、結果としては土地勘のある場所で物件を取得するわけではなく、また“儲かる”と判断する基準にはならない。

苦労する要素、それは“物件”にあり・・・?

1か月の間に募集物件の約67%が何者かによって契約されていることがわかる。
さらに言ってしまえば、42%、全体の3分の1以上が約2週間以内に契約済みとなり、募集が停止している。
この数字から物件の供給に対して、あまりにも需要が高すぎ、物件を知る機会を得ることなく誰かが契約をしているのではないかという推察ができる。

やはり“居抜き”は“やすい”

極端な数字と言っていいほど、物件の取得に対してのコストは「安い」。
また、ここは数字での表記は困難な部分にはなるが、開業までの期間、主務官庁への手続きから推測すると、飲食店舗を引き継ぐことで諸々の面でのたやすさが生まれてくる。
そういった意味でも、安い(やすい)だけでなく易い(やすい)と言えるのではないか。

結果、需要と供給が反比例する

ここまでの契約者様の意見をまとめますと、

実際に物件を探している期間はそれほど長くない。
土地勘ある場所で見つかりづらく、立地優先に。
物件の募集期間は本当に短くチャンスは少ない。
居抜きでの取得額はとっても安い。

安く物件を取得できる“居抜き”は競争率が高いため、その分物件が募集をかけられる期間が極端に短くなっている。
また、需要と供給のバランスが崩れており、自分に合う物件と出会い、取得できる可能性は決して高くない。物件に入った瞬間ビビッと来たなどの意見もあるが、ほとんどの方が冷静に考え、また大きな買い物であるためにある程度気に入った物件に出会っても尻込みをしてしまい、その間に誰かに契約されてしまう。またはその後いい物件に出会えず、「あの物件を取得しておけばよかった」などと後悔する事も…。居抜き物件の場合は需要に対し供給が極端に少ないため、すばやい判断が必要なのかもしれない。