リアルコンテンツ | 開業日記
お店の名前について

こんにちは!!今日はお店の名前についてお話したいと思います。

店名:「WINE FARM ・・・・・・」(…の部分が自分の名前です。。)

ワインの園「・・・・・・」といったそのまんまの意味合いで、
ワインを愛する人達にたくさん集まって頂ける憩いの園をイメージしています。

 

何故、このイメージにしたかったのか・・・

 

 

昨今、ワインラバーが集まるお店はゴマン とあります。

こんなにワインラバーが集まるお店がたくさんあるんだから、それに比例したワインラバーがいて、

ワインも消費されていると考えがちですが、実態は違います。

 


▲国税庁「酒のしおり(平成30年3月)」より

添付の画像(円グラフ)が示す通り、ワイン(ここでは果実酒の表記になっている)は全体の3.9%しか消費されていない。。

そう、まだデイリーにワインを飲むワインラバーの比率は日本では極端に少ないのです。

 

前回のブログでも書いたように筆者も数年前までワインはほとんど飲んでいなかったし、

周りの友人でワイン大好きという人はほとんどいなかったと記憶しています。

 

今後、公開するであろう「事業計画書」にも書きますが、個人的に感じているワインが飲まれにくい理由を分析をしてみると

①他のお酒に比べてコストが高く、手が出しにくい。

②ビールのような何の料理にでも合うお酒ではない為、何を選んだらよいのか分からない。

といったところが大きな原因と感じています。

 

この2つの垣根を壊す役目をしたい!!!

そして、心置きなくワインを楽しめる場所を提供したいというところから、この店名を考え付きました。。

 

このお店でしか体験出来ない事をきっかけにワインラバーがたくさん増えて、

4%強の費消率が、10%、20%になっていく事をを夢見ています。



この記事に応援コメントをする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。