開業ブログ

最近のラーメンと青森のラーメン

織田一志さん
最近のラーメンと青森のラーメン

最近のラーメン

最近のラーメンは創作力が凄いですね。

クアトロ

東京のSOBA DINING QUATTROというラーメン屋さんに行ってきました。

QUATTROのラーメン

器の中に盛り付ける工夫が素晴らしいです。

青森のラーメン

煮干ラーメン

私は東北人なので、煮干醤油の細ちぢれ麺が基本です。

激煮干し
こちらは青森のゲキ煮干つけ麺。

東京の煮干し
煮干ラーメンは東京でも食べます。

絶品の漬物と塩ラーメン

ごはん、漬物が食べ放題のお店もあります。
いろいろな漬物を用意してくれているお店もあり、中でも枝豆を固めに茹でて塩分が強めの塩水に漬け、常温で放置して発酵させたものは堪りません。
味はオリーブの塩漬けのようで、一度食べるとやめられません。
それと塩ラーメンが絶妙なバランスで堪らないのです。

青森市の熊ラーメン店は、青森に変えれば必ず行く名店。
昔からあるラーメン店で、塩ラーメンの王道です。

辛いラーメンと言えばあさ利

辛いラーメンでは、あさ利というラーメン店が有ります。

あさ利のメニュー

こちらの名物はネギラーメン、これを食べるために行列ができます。
そのラーメンは、濃厚な醤油辣油なんです。

あさ利

チャーシューは厚めのステック、大きめに切られたネギはクタクタに炒められており、少し甘い。
丼の表面は辣油が蓋になっていて、熱さが逃げず、湯気も上がりません。

私の注文の仕方は、二人で行ってネギラーメン4分の1を1杯とライス2つを注文します。
ラーメンが来たら、チャーシューとクタクタに炒められたネギをそれぞれの丼ご飯に乗せます。

チャーシュー乗せライス

これで完璧なラーメンライスの完成です!
ライスとチャーシューが絶品なバランスで、最高に合うのです。

ラーメンはスープだけでも濃厚。麺を取り、ご飯の上にいったん乗せて口に運ぶと、もう止まりません。

旨い!辛い!暑い!

ご飯とチャーシュー、そして麺とスープが絶妙なバランスで最高!

ネギラーメンを4分の1で注文する理由は、通常のネギラーメンを注文すると辛さがマックスでの注文になってしまうからです。試される方はお気をつけて!

これが、私が大好きな青森のラーメンの食べ方です。

私のスタイル

私は食べ始めから食べ終わりまでが同じ味になることが好きではありません。
味の変化を求めているのです。

私は口腔調理(口中調味)を常に行っています。
いろんな組み合わせで味をコントロールし、常に自分の好みの味を作り出しています。
決して、飽きることがないように…。

この記事へ応援コメントをする(1)

みー 2019.06.12

口内調味は日本人の乙な心ですね。好みが生かされたお店の料理とても楽しみです

記事を書いた人
織田一志さん

幼い頃から両親が経営する飲食店に携わる。その後は洋食の世界を始め、実家が経営する地元・青森の郷土料理店での料理も経験。 現在は料理の世界から離れて株式会社おはこ・ファクトリーを経営し、青森と東京を拠点にリラクセーション業を中心に展開。 ともに厨房に立っていた父親の逝去から10年。「そろそろ料理屋を再開したい」と思い、再び飲食業界に舞い戻る。 もっと読む

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.