開業ブログ

事業計画書②

Tさん
事業計画書②

 

こんにちは^^

前回からかなり間を開けてしまいましたが、今日は前回(事業計画書)の続きです。

 

事業内容

 

業種/業態

飲食店 / 洋食ワインバル

 

事業の特徴

ワインに対する偏見の払拭と知りたいという知識欲をくすぐるサービスを盛り込み、通いながら成長できるお店

 

1.偏見の払拭

①他のお酒に比べてコストが高く、手が出しにくい。。

②主流サイズが750mlな上、醸造酒で日持ちせず、一人で飲みきるには適さない。

③おしゃれなワインを飲みたいが、①の結果、可能な限り安いものに手を出し

安かろうまずかろうを体験してしまう。

⇒グラスのサイズ、ワインの量を工夫して
(ハーフサイズなど)1杯を試しやすくする

④種類が多すぎて、何を選んだらいいか分からない

⇒メニューにワインの特徴、どのような食事に合うのかを記載し
マリアージュをエスコートする。

⑤日本で一番メジャーなワインはボージョレヌーボーであり、

このお酒をおいしくないと感じた人はワイン=イマイチと感じてしまう傾向がある。

⇒生産者情報、どんな賞を取ったか、評価を受けているか?
情報として入れて説明する

 

2.知識欲をくすぐる

①どのような本を読んでいいか分からない

⇒ワインの教本、雑誌を置き一人でも図書館のように利用できる
工夫をする(何を見たら置いてあるワインの事が分かるかを
付箋など貼ってナビゲートする)

  ②食事に何を合わせたらいいか分からない

    ⇒ワインとのマリアージュをメニューに明記し、理由をつける

 

ターゲット層

普段飲んでいるお酒が、ビール・サワー系・ハイボールだけれども、
エンゲル係数が上がってきている年代の女性(社会人810年目以上で、役職が付いてくる30代女子)

ワインに興味はあるけど、ボトル買いは高すぎると感じる世代

※ビールあたりと価格的には比較をすると考えられる為、ハーフポーションは重要

 

物件候補地

1.出店したい場所    

田園都市線の渋谷駅〜三軒茶屋駅
東横線の代官山〜自由が丘駅
東急目黒線の麻布十番〜西小山駅
山手線の渋谷~大崎

渋谷から大崎あたりの山手線から見て南西のエリア

+麻布十番・白金エリア

2.階層   1F ~ 3F
3.坪数    10~15坪
4.席数    17~25席
5.賃料   ~2万円/坪
6.徒歩圏内   10分以内

 

この記事へ応援コメントをする

記事を書いた人
Tさん

40代になってワインの魅力にハマり、2年前に資格を取得した事をきっかけに、1年前脱サラしました。 それまでは、住宅設備機器メーカーに約20年間勤務、退職後は、4店舗(居酒屋1店、ワインバル3店)でアルバイト(ホールサービスと仕込み)しながら、料理教室で基礎的な事を身に付けるという忙しい毎日を送っています‼ 目標は、「お客様の好みのワインを見つけるお手伝いが出来るお店を作りたい‼」です。 もっと読む

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.