契約
探し方から契約準備まで、物件契約に関するお話をご紹介します。
漠然と描いていた開業の夢が思いがけず実現!一匹の猫がつないだやさしいご縁
物件番号
56893
業態
パン屋
路線・駅名
東急大井町線・戸越公園
面積
32.93㎡ / 9.98坪
所在地
品川区戸越
坪単価
徒歩
2分
ご契約者様のプロフィール
中山 理加 様
高校時代に飲食店のアルバイトを経験するも、結婚後は主婦となる。横須賀の海沿いでの生活が長かったが、現在は地元である品川区に戻ってきている。ひょんなことから地元のパン屋に通うようになり、オーナーと親交を深める中、そのパン屋の移転を機に一念発起し、その場所で自分の店を開くことを決意。物件取得に至る。

 

【物件探しについて】友人の死、愛猫の死を乗り越えて。「まさか本当に自分が店を開くなんて…」

Q.物件探しはいかがでしたか?

知人のパン屋さんの移転に伴い、物件を譲り受けたため、物件探しはしていないんです。いつかは自分の店を持てたらいいなぁと漠然と考えてはいましたが、まさかこんなに早く実現するとは正直思っていませんでした。

少し長い話になってしまうんですが、私の親友が昨年の6月に突然死しまして…。しかも直前までラインでやりとりをしていたにも関わらず、最後のメッセージが既読にならず、後日亡くなっていたことが分かったんです。本当に突然死で…。その親友は、私の料理を好きでいてくれて、私がいつか店を開くのを一番楽しみにしてくれていた大親友でした。そして、その後を追うように19年間飼っていた猫のキャシーも7月に失ったんです。

今年の七夕の日、キャシーの一周忌を行うための準備に奔走していたところ、偶然キャシーと同じキジ猫の子猫を見つけたんです。何か運命的なものを感じて、その子猫を保護したんですが、実はその子猫が、物件を取得することになるきっかけを作ってくれました。

せっかく運命的な出会いをしたにも関わらず、その子はなかなかなついてはくれず悩んでいました。知り合いに、「近所に真剣に猫の保護に取り組んでいるパン屋さんがあるから、そこのオーナーさんに相談してみたら?」と勧められ、通うようになったのが、この物件との出会いでした。オーナーさんとの話の中で、実は彼女が中学の一つ上の先輩ということも判明し、また、猫好き、海好きという二つの共通点もありました。以来パンを買いに行っては、子猫の相談にのってもらう仲になったんです。

ある日そのパン屋さんでワイン会が開かれたんですが、そこで誰か店を引き継いでくれるような人がいないかな…という話を小耳にはさんだんです。移転のこともその時に知りました。残念に思うと同時に「私がやりたい」という気持ちがでてきて、その場では軽い気持ちで「私じゃダメかな」と聞いてみたんです。ワイン会のあと、日に日にその想いは強くなっていって、改めて相談に行き、正式に許可をもらいました。

一匹の子猫との出会いが思いがけない出会いをもたらしてくれて、漠然と思い描いていた飲食店開業の夢が、今現実になろうとしています。親友の死、愛猫の死に泣き続けていた生活から、それを機に生きる力が沸いてきたというか、頑張ろうって思えるようになったんです。それは、親友とキャシーが導いてくれたようにも思えます。だから、今は無理してでも頑張らないとって、意地になっているんです。店舗づくりや経営、各種手続き、メニュー開発など、やるべきことはたくさんあるので、引き渡しまでの6か月間、集中して勉強していきたいです。

ちなみに店舗名のTABBY’s CAFEは、キャシーとその子猫がキジ猫だったところから取っています。キジは英語でTABBY(タビー)というんですよ。亡くなった親友とよく、もし私がお店を開いたら、店名は愛猫の名前「キャシー」だねと話していたんです。今はもう一匹の子猫、シャビ―もいるので、その2匹の猫にあやかって、この店名を考えました。

【新しいお店について】アットホームな、手焼きホットサンドのお店

Q.新しくオープンをされるお店についてお話をお聞かせください。

手焼きにこだわったホットサンドのカフェを考えています。私の母の好きな食べ物がホットサンドなので、小さいころからホットサンドの店に連れて行ってもらったり、家でよく作ったりしていました。実は夫の大好物もホットサンドで、最初に連れて行ってくれたお店がホットサンドのおいしいお店だったんです。そんなことから、私自身も今は子供や夫によくホットサンドを作っています。

ホットサンドは機械プレスのものよりも、直火で手焼きした方が断然おいしいんです。手焼きだと耳までサクサクで軽く食べられるんですよ。うちの母が家で作ってくれるミートソースとチーズを挟んだホットサンドは、今回のカフェの看板メニューになると思います。実家のミートソースは友達の間でも評判で、夫も大好きなんです。あとは、息子が大好きなコンビーフとポテトを入れたホットサンド(子供と二人でつけた名前は「コンビ―ポッポ」)など、普段私たちが食べている、家庭の味をみなさんに味わってもらえたらと思っています。

食材には、第2の地元ともいえる横須賀の若い農家さんがつくっているお野菜や、海の幸なども取り入れていきたいですね。それと、パン屋さんの後を引き継いで、猫の保護にも取り組んでいく予定です。

 

いろんなご縁がつないだ今回の開業ですが、家庭の味のするアットホームで素敵なカフェになりそうですね。特製ミートソースが入ったサクサクの耳のホットサンド、早く食べてみたいです。オープンを心より楽しみにしています。

 

物件公開日
未公開
内見日
2017年10月31日
申込日
2017年11月2日(物件の内見をされてから2日)
契約日
2017年11月30日(物件に申込をされてから28日)
引渡日
2018年6月15日
オープン予定日
2018年6月以降
業態
カフェ(ホットサンド)
店舗名
TABBY’s CAFÉ
物件取得 実際の金額
約170万円
予算の相違
200~300万くらい
物件探しでの苦労
200~300万位あれば大丈夫と思っていたが、いざ開業となると予算の300万は物件取得の時点で既に使い果たしてしまった。これから機材の購入費などでさらに費用がかかりそう!