契約
探し方から契約準備まで、物件契約に関するお話をご紹介します。
地元でくつろげるカフェを開きたい。ピンポイントにエリアを絞った物件探し
物件番号
56931
業態
路線・駅名
京王線・幡ヶ谷
面積
42.97㎡ / 13.00坪
所在地
新宿区西新宿
坪単価
徒歩
ご契約者様のプロフィール
成田 裕之 様
学生の時に飲食店でのアルバイトを経験するも、卒業後は28年間にわたり大手アパレル会社でサラリーマンをする。会社のプロジェクトでカフェの立ち上げに関わり、徐々にカフェ開業を思い描くようになる。UCCやタリーズ、スターバックス等が運営するアカデミーやセミナーでコーヒーについての知識と技術を高め、数回のテスト出店を経て、このたび西新宿の物件を取得。

 

【物件探しについて】足を使った物件探しをするも、結局は勝手知ったる旧友の店を取得

Q.物件探しはいかがでしたか?

私は、生まれも育ちも西新宿なので、どうしても地元でカフェを開きたいという想いがありました。物件探しをする中で、例えば武蔵小山のアーケード街とか、名の知れた商店街の物件も一応は観に行きましたが、やはり思い入れがない分ピンとくる物件もなかったですね。地元で探していたので、暇があれば近所の不動産会社に行って気になる物件を見に行くということをしていましたが、なかなか物件はでてこないですよね。そうこうしているうちに物件を探し始めてから1年半が経とうとしていました。そんな時、地元で飲食店を経営している旧友が、別事業が忙しくなり店を手放すことにしたんです。その友人は住んでいた家を居酒屋にして営業していたんですが、小さいころからよく遊びに行っていたし、店を始めてからも客として何度も通っていました。もちろん私が物件を探しているということも彼は知っていたんですが、この時期になっていろいろなタイミングがうまくかみ合い、物件取得に至ったんです。居酒屋の居抜きだけど、茶色をベースにした内装なので、私のイメージするくつろげるカフェ空間のイメージにも合っていて、充分カフェに転用することができそうです。

【新しいお店について】穏やかに流れる時間

Q.新しくオープンをされるお店についてお話をお聞かせください。

コーヒーとの出会いは学生の頃、渋谷のハンドドリップの喫茶店に通っていて、マスターに入れ方を教えてもらったのが最初なんですが、すごくおいしかったっていう思い出があります。寺尾聡さん主演の「優しい時間」というTVドラマがあって、富良野のカフェが舞台なんですけど、そこに流れる空気感がすごく好きで、そのドラマのような、落ち着いてくつろいでいただけるカフェにしたいと思っています。

空間のイメージはなんとなくあって、白地に茶色いウッド調の壁、そこにグリーンが置いてあるような癒しの空間にしたいと思っています。メインとなるのは、もちろんコーヒーですが、それだけではなく、スイーツやランチも提供する予定です。ランチに関しては、例えばアボカドとシュリンプ、サーモンのサンドウィッチのような、ヘルシーなものを考えているんですが、まだ漠然としているので、これからいろいろと詰めていきたいと思っています。

 

穏やかな口調で、わかりやすくお話してくださる成田様。こんなオーナーがいるカフェがあったら本当にいいなと思いました。それがもうすぐ現実になるんですね!オープンを心より楽しみにしております。

 

物件公開日
未公開
内見日
2017年12月11日
申込日
2017年12月11日(物件の内見をされてから0日)
契約日
2017年12月15日(物件に申込をされてから4日)
引渡日
2018年2月16日
オープン予定日
2018年6月以降
業態
カフェ
店舗名
検討中
物件取得 実際の金額
約280万円
当初想定予算
スケルトンも視野にいれていたのでそれよりは安く抑えられたが、築年数を考えると気持ちもう少し安かったらよかった。
予算の相違
居抜きに限定していなかったため予算には幅をもたせていた
物件探しでの苦労
エリアを限定しているぶん、見つからない。でてきても、築年数が古い割には、20坪で50万とか家賃が高かったりと、とにかくいい物件に出会うことが難しかった。