契約の決め手

じっくり時間をかけての物件探し。理想の立地で、大好きなメロンパン屋をFC開業

名取 弘平
じっくり時間をかけての物件探し。理想の立地で、大好きなメロンパン屋をFC開業
じっくり時間をかけての物件探し。理想の立地で、大好きなメロンパン屋をFC開業
物件番号
56857
業態
中華
路線・駅名
西武池袋線・清瀬駅
面積
23.35m2 / 7.06坪
所在地
清瀬市松山

徒歩
2分
ご契約者様のプロフィール
名取 弘平 様
IT関係の会社でサービスをつくる仕事をする中で、同じサービス業である飲食に興味を持つ。前職でもユーザーとのコミュニケーションはあったものの、インターネットを介しての顔の見えない関係性に物足りなさを感じ、もっと近い距離感お客様と接することができる飲食業への方向転換を図る。飲食未経験ということからFCでの開業を選び、清瀬の物件を取得するにいたる。

 

【物件探しについて】店前の通行量が最優先!内見前に物件の張り込み欠かさず。

Q.物件探しはいかがでしたか?

ちょうど一年前くらいから物件を探し始めたんですが、テイクアウトの店をやりたかったので、どうしても店の前の通行量は外せない条件で、ネットで良いと思った物件があったら、必ず内見前にその物件まで行って、一日中店の前に張り込んで人通りをチェックしていました。それも平日と休日の違いもみたかったので、一件につき2~3回は足を運ぶということを繰り返していたんです。また、東京都内、神奈川、埼玉、千葉、地元の仙台までかなり広いエリアで探していたこともあり、その分時間がかかってしまったいました。とはいえ、物件探しを始めた当初は、もっと何年もかかるだろうと想定していたので、個人的には意外と早く見つかったという感覚があります。

結局、一年間で内見に至った物件は50件くらいでした。この清瀬の物件に出会う前に、吉祥寺や大山でもいいなと思った物件があったんですが、家賃が想定していた額の倍だったりと、長く続けていくことを考えたら諦めざるを得えない金額だったんです。でもそれと同じくらいのタイミングで、この清瀬の物件がでてきてくれて、人通りも多く、家賃も予算内ということで、契約することにしました。もともと中華料理屋だった物件なので、内装はすべて取り換える必要があり、これからがまた大変そうです。

【新しいお店について】大好きなメロンパンを、清瀬のみなさんにも食べてもらいたい

Q.新しくオープンをされるお店についてお話をお聞かせください。

色んな飲食店があると思うんですが、よりお客さんと身近な距離感で接することができる業態と考えたときに、アルテリアベーカリーのメロンパンにたどり着きました。フランチャイズの道を選んでから、大手も含めて20件くらいの会社に話を聞きに行ってみたんですが、なかなかやりたいという業態に出会えなかったんです。そんな中、自分が好きで、毎週のように食べていたアルテリアベーカリーが、実はフランチャイズを募集しているということに気付き「ここだ!」と思って契約しました。

メロンパンは、定番のものから、中にホイップクリームの入ったもの、イチゴ味のメロンパンなど、いろいろな種類があって、メロンパン以外にもラスクやアップルパイなども販売しています。店舗によって扱うメニューが異なるんですが、清瀬店でどんな商品をそろえていくかは、これから考えていく予定です。

近所にあったので、僕も毎週のように食べていたメロンパンなんですが、アルテリアベーカリーのメロンパンは、毎日食べても飽きないという魅力があります。それくらいおいしくて、癖になる味なので、是非、清瀬のみなさんにも食べていただきたいです。店の奥の工房で仕込んだ、焼きたてのメロンパンをご用意してお待ちしています!

 

契約日
2018年2月8日
オープン予定日
4月上旬
業態
メロンパンテイクアウト
店舗名
アルテリアベーカリー 清瀬店
物件取得 実際の金額
約300万円
当初想定予算
300万円くらいまで

予算の相違
一応、予算内に収めることができました
物件探しでの苦労
全てです。大変なことしかありませんでした…。
この記事で紹介された人
名取 弘平さん

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.