契約
探し方から契約準備まで、物件契約に関するお話をご紹介します。
学生時代からの夢を実現 自分の好きな街・浅草で、最初のスタートを切る
物件番号
56794
状態
半スケルトン
路線・駅名
つくばエクスプレス・浅草駅
面積
30.11㎡ / 9.11坪
所在地
台東区浅草

徒歩
2分
ご契約者様のプロフィール
島乃 健太郎 様
高校時代にアルバイトで飲食業のキャリアをスタート。大学生の時にはオーセンティックバーでアルバイトを経験。大学中退後、海外で1年弱過ごすことになるが、そこでは現地のホテルに勤務する。帰国後、大手町AMAN東京でホールの仕事を4年間、その後銀座のBAGUS QUALIAにて1年間サービスの研鑽を積む。学生の頃から描いていた独立の夢を叶えるため、約1ヶ月前に物件探しを始める。上野・浅草の下町的な街の魅力に惹かれ、浅草にて物件を取得する。

 

【物件探しについて】想定外の半スケルトン 予算は少しオーバーするも立地は抜群!

Q.物件のお探しはいかがでしたでしょうか。

下町が好きで、物件は上野・浅草あたりでエリアを絞ってさがしていました。エリア以外には、10坪前後の広さがある路面店ということを条件にしていました。

あとはできれば予算内にというのももちろんありましたね。物件探しをしていた1か月間で4~5件の内見をしたんですが、居抜きでは良い物件に出会えず、浅草の半スケルトンの物件に決めることにしました。それまでに見た物件に比べて、店の前の人通りも多く、立地がすごくよかったのがこの物件の決め手になりましたね。

居抜きではない分、予算はオーバーしてしまいますが、それは仕方ないと思うようにしています。工事費が300万ちょっとかかる予定なので、全体の予算からは100万くらいオーバーしてしまいそうです・・・。

【新しい店舗について】前職の経験と浅草という立地を活かした 海鮮丼がウリの店

Q.新しくオープンをされるお店についてお話をお聞かせください。

浅草に訪れる観光客をターゲットに、海鮮丼をメインにした居酒屋(または食堂)を開きたいと思っています。まだ業態は決めかねているところもあるんですが、今まで働いてきたホテルなどの現場で、寿司など海鮮系のニーズを間近に感じてきたこともあり、前職の経験を活かせる海鮮を扱うという部分はすでに決まっています。

ただ、どのようなスタイルで提供していくのかや、具体的な内容は、これから徐々に詰めていきたいと思っているところです。まだいろいろ決まっていないことだらけなんですが、これから一つ一つ形にしていき、将来は、地元の人に愛される店に育てていきたいと思っています。

 

この度は、弊社にてご契約いただき誠にありがとうございます。インタビューでは時間の都合でお聞きできなかったことも多かったのですが、その分どんなお店に仕上がっていくのか、期待も膨らみました。オープンを心より楽しみにしております。

 

物件公開日
2018年 1月 11日
内見日
2018年 3月 6日(物件が公開されてから 54日)
申込日
2018年 3月 8日(物件の内見をされてから 2日)
契約日
2018年 3月 13日(物件に申込をされてから 5日)
業態
居酒屋または食堂
物件取得 実際の金額
約400万円
当初想定予算
工事費を入れてMAX600万円
予算の相違理由
半スケルトンのため工事に300万がかかり、100万円ほど予算をオーバーしてしまいます。