契約
探し方から契約準備まで、物件契約に関するお話をご紹介します。
長年待った甲斐あり 好条件の物件を取得! 夫婦2人3脚で念願の中華料理店出店へ【亀戸】【居酒屋】
物件番号
57463
状態
居酒屋
路線・駅名
JR総武線・亀戸駅
面積
54.55㎡ /16.5坪
所在地
江東区亀戸

徒歩
7分
ご契約者様プロフィール
何 琴瑶 (カ キンヨウ)様
2000年に来日後、香港料理店や洋食レストランで7年間ホール経験を積む。前職は貿易関係の事務。中国の有名ホテルでシェフ兼部門責任者として長年研鑽を積んできた旦那様と一緒に中華料理店を開業すべく、このたび亀戸に物件を取得する。

 

「失ったら絶対後悔する」と思えるほどの物件に出会えた

Q.物件のお探しはいかがでしたでしょうか。

3年くらい前から飲食店開業を考えていました。仕事と子育ての合間を縫って長い時間をかけて物件を探し続けてきましたが、なかなかいい物件には巡り合えませんでしたね…。

ランチをやりたかったので、これまで錦糸町、蒲田、日本橋、茅場町、人形町などサラリーマンやOLさんの多いオフィス街を中心にいろんな街を見てきました。エリア以外では、できればロードサイドで一階店舗だといいなぁという希望も持っていました。

今回の取得した物件はまさにロードサイドで、しかもオフィスと住宅が程よいバランスの亀戸ということだったので、条件的にもばっちりでした。それと、今まで見た居抜き物件の中でも群を抜いて内装がきれいだったのも決め手になりました。だから内見してすぐに申し込みをしたんです。

実はこの前に、日本橋で一見申し込みまでいった物件があったんですが、それは競合に負けてしまい取得できなかったんです。その経験もあって、今回のこの物件は迅速に動きました。とてもよい物件だったので、失ったら絶対後悔すると思ったんです。その甲斐あって無事取得でき、本当によかったです。

有名ホテルで腕を磨いたご主人がつくる絶品中華料理

Q.新しくオープンをされるお店についてお話をお聞かせください。

主人が中国の南部地方出身なんですが、出身地である南部の料理と今流行りの四川料理とを組み合わせたメニュー構成を考えています。南部の伝統料理を江揚(こうよう)料理というんですが、ほかの中華料理に比べてさっぱりとしていて塩味ベースのものが多いのが特徴なんです。

今考えているメニューの中でも一番のおすすめは、石鍋で提供するアツアツの「四川麻婆豆腐」です。ジュワーっという音とともに楽しんでいただきたい一皿ですね。それから中国の赤いお味噌を使った「魚の辛みそ鍋」なんかも是非食べていただきたいです。

夜はそれらの料理に紹興酒やビールを合わせていただくと食も進みます。またランチも、日替わりで700円くらいで提供し、年中無休で営業したいと思っています。

是非、みなさんのお越しをお待ちしています。

 

小さいお子さんを抱えながら、お仕事と物件探しを両立するという大変な時期を乗り切った何さん。これからはオープンに向かって進むのみですね!念願のご夫婦お二人での中華料理店の開業、心より楽しみにしております。

 

契約日
2018年 5月 28日
オープン予定日
2018年 6月 15日
業態
中華料理店
店名候補
佳味飯店(カミハンテン)
物件取得金額
約 320万円
当初想定予算
320万くらい
予算の相違理由
取得費用は予算通り。内装もきれいなので工事費もおさえることができそうです。
物件探しで苦労されたこと
仕事と子育てと物件探しの3つを両立しながらやっていくことが大変でした。