物件の決め手

“誰よりも熱意を!” 内覧会で大家さんに想いを伝え、無事に月島駅徒歩2分の物件をご契約。

株式会社 LIFE IS
“誰よりも熱意を!” 内覧会で大家さんに想いを伝え、無事に月島駅徒歩2分の物件をご契約。
物件番号
57011
旧業態
イタリアン・フレンチ
路線・駅名
都営大江戸線・東京メトロ有楽町線 月島駅
駅から徒歩
2分
面積
89.00㎡ / 26.92坪
所在地
中央区佃

“誰よりも熱意を!”
内覧会で大家さんに想いを伝え、無事に物件をご契約。

月島駅より徒歩2分のイタリアン・フレンチ居抜き物件をご契約いただいたお客様は、勝どきでカジュアルフレンチのバルを運営する株式会社 LIFE IS様。
3坪程度で経営している既存店の拡大オープン、もしくは2号店出店のために物件を探し、勝どきからも近い月島にて26.92坪の物件を契約。
ご契約いただいた物件に出会った際、たとえ競合となった際でも勝ち取ることができるよう、大家さんに対して熱意を伝えたとのこと。
今回はそのエピソードについてもお話しいただいた。

Q.まず、物件探しの経緯を教えてください。

勝どきで3坪程度のスタンディングバルをやっていて、間もなく9年目になります。
昨年(2018年)ぐらいから拡大オープン、あるいは2号店となる物件を探していました。
当初は銀座や新橋でも物件を探していたのですが、ちょっとコンセプトに合わないかなと思いまして、勝どき・月島エリアで探していたところ、御社(ABC店舗)が扱っている物件と出会いました。
物件を見つけてすぐにご連絡させていただいたのですが、ちょうどその週末に内覧会があると伺いました。

Q.内覧会はいかがでしたか?

内覧会に行くにあたり「何人くらい来るんだろう…」と思っていました。
うちは小さい会社なので、とにかく想いだけは! と思って、大家さんに対して一筆お手紙を書きました。
大家さんがいらっしゃったら、誰よりも熱意だけは伝えよう!という想いでお邪魔しましたね。

その時の内覧会は僕しか来ていなかったのですが、「ここで絶対にやりたいと思っています。なんとか金策するので、ぜひよろしくお願いします!」と熱意を伝えました。

今回、こうして契約に至りましたが、これもご縁だなと思いますね。

Q.かなりの熱意ですが、それほど物件を見つけた瞬間にビビっとくるものがあったのですね!

もう、すぐに行動しましたね。
なんといっても、場所がとにかくよかったですからね。
店舗の前の道も抜けていて風通りもよく、ご神木もある由緒正しい土地柄なのは、近所に住んで商売もやっているものですからよくわかっていました。

あとは近隣のお客様もすでに来ていただいているので、開店時期の“開店バブル”は見込めるということもありますね。勝算はあります。

Q.住まいもお近くなんですね! やはり、知っている土地ということも決め手の一つでしたか?

そうですね。
やはり知っている土地ということは大きかったですね。

それに、この土地は1ヶ月間全部運転できるんですよね。
(一度候補に入れていた)銀座だったら、土日になるとどうしても寂れてしまいますから。
そういう意味でも「休みがないんじゃないの!?」って思ってしまうぐらい良い環境・良い立地だと思いました。

Q.無事にご希望の物件をご契約となりましたが、それまでの過程において苦労したことはありましたか?

物件探し自体は2年掛かったんですよ。
本当にやりたいと思える物件にたどり着くまでは時間がかかりましたね。

幅広い層が思い思いに利用できるカジュアルなフレンチにしたい!
既存店より広い物件となったことにより、ファミリー層の獲得も狙う。

Q.既存のお店を拡大オープンもしくは2号店とするとのことですが、月島の物件ではどのようなお店にしたいですか?

ベースはフレンチなのですが、レストランではなくてカジュアルな居酒屋さんやバルのようにやってるんです。
お子様連れも大丈夫だし、軽く一杯なども含めていろんなシーンで使っていただけるようにしたいですね。
ゼロ次会もOK、メインでお食事を取っていただくのもOK、帰りがけの一杯もOK…という感じで、いろんな対応ができるカジュアルなフレンチにしたいですね。

Q.ターゲット層は幅広そうですね!

そうですね。
今のお店は20代~70代と幅広い層の方に来ていただいています。

今回はより広められるというか、小さなお子様も含めたファミリー層も狙っていきたいですね。

Q.月島だと、ファミリー層も多い立地ですよね。

そうなんですよ。
今回オープンさせる店舗は近隣がタワーマンションだらけですからね。
言ってしまえば、タワーマンションの中に入っていると言ってもおかしぐないぐらいですよね。
土地柄、すごく面白いのではないかと思います。

やっぱり、一番は地元の方にご贔屓にしていただきたいですね。
大きい会社が周囲にはないこともあるので、地元の方にフォーカスを当てないといけないのかなと思っています。

Q.月島のあたりにバルができるのは、地元住民の方々にも嬉しいですね!

あの辺りにはあまりないですからね。

歩いて5分ぐらいのところにスペインバルのお店が1件あるのですが、そこがすごく良いお店なんですよ。
そこが“ビジネスモデル”としてはすでに確立されているので、うちはフレンチの方でそのような感じでできればと思っています。

Q.「スペインバルがビジネスモデルとして確立されている」という事例も、月島にした決め手の一つでしたか?

そうですね。
やっぱりそれも一つではありますね。

Q.オープンはいつごろを予定していますか?

上手くいけば6月半ば~下旬、遅くても7月にはと思っています。

以前インタビューを受けていただいたお客様が「飲食店物件の競争率は想像以上に高かった」と仰っていたように、良い物件を見つけても他者と競合してしまうことも多い昨今。大家さんに熱意を伝えることも、競争を勝ち抜くための重要な一手と言っても過言ではないかもしれませんね。
月島でも、地元の幅広い層の方々に愛される素敵なカジュアルフレンチのバルとなることをお祈りしております!

この記事で紹介された人
株式会社 LIFE ISさん

勝どきでカジュアルフレンチのバルを経営。3坪程度の既存店を拡大オープン、もしくは2号店出店のため月島の物件をご契約いただく。 もっと読む

この物件を紹介します

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.