物件の決め手

【五反田】沖縄から産地直送の食材を輸入!沖縄料理店の『HanaHana』を8月にオープン!

谷川弘
【五反田】沖縄から産地直送の食材を輸入!沖縄料理店の『HanaHana』を8月にオープン!
物件番号
53299-1
旧業態
バル
路線・駅名
JR山手線 五反田駅
駅から徒歩
5分
面積
約30.67㎡/9.27坪
所在地
品川区西五反田

【五反田】沖縄から産地直送の食材を輸入!沖縄料理店の『HanaHana』を8月にオープン!

今回のご成約者様は五反田駅から徒歩5分の物件をご契約いただいた、谷川さんにお話をお伺いしました。

Q.物件探しの期間はどれくらいですか?

1年位探していましたね。
最初はネットと、飲食店の無料相談のセミナーとかで物件を探していました。

Q.物件を探すときの条件を教えて下さい。

地元が中野なので、最初は中野で探していました。
けど絞りすぎると物件は本当に見つからなかったんです。

なので「新宿から15分の程度の場所」と「居抜きであること」、この二つの条件で探し始めましたね。

なのでエリアには特にこだわりませんでしたね。
エリアというよりは新宿を拠点として、15分程度が条件でした。

Q.内覧の数はどれくらいですか?

10件ほどですかね。

立地が悪いとか、実際に見てみると中が狭いとかあるんです。
良いなと思ってもすぐに入られちゃうというのも有りましたね。

すごく大変でした。

Q.今回の物件の決め手や物件との出会をお願いします!

ABC店舗の『LINE@』が出会いなんです。
配信が毎日来るんですが、毎日チェックしていました。
それでこの物件を見た時に内装のイメージがピタっとはまりました!
「これだ!」と思ったんです。

一番は、内装に一目ぼれだったことですね。

あと、ちょうど前に五反田の物件を見ていたんです。
そこはご縁がなかったんですが、街はそれで見ていたので「五反田いいな」と思っていました。

五反田の街はそんなに飲食街のイメージはなかったんですが、行ってみたら飲食店だらけでしたね(笑)
自分の店のイメージにもピッタリです。

弟とやるんですが、二人ともイメージがぴったりでいいね!となりましたね。

Q.「沖縄料理店」をやるきっかけはなんですか?

元々は共同経営で、沖縄のお店を5年間やっていたんです。
そこから独立しようと思い、弟と一緒に沖縄料理のお店をやることにしました。

沖縄に行って、仕入れ先も自分で開拓しました。
自分で食べて、美味しい!と思うものを提供したいんです。

自分の足で仕入れ先を開拓したので、東京では出回っていないものを、うちだけに卸していただきます。
みなさんに届けるのが本当に楽しみなんです。

Q.一押しのメニューを教えて下さい

「海ぶどう」
「もずく」

ですね。
東京で出回っているのは、塩漬けしているのでしょっぱすぎるんです。

うちが提供するのもは、海の塩味。
日持ちはしないんですが、鮮度も良いし美味しいですよ。

あとは身体に良い沖縄のお野菜を使います。
「モロヘイヤ」「うりずん豆」「ニガ菜」とかを使います。

現地から直送です。

Q.お店のお名前は決まってますか?

『HanaHana』
これは沖縄で「乾杯」という意味なんです。

知らない人通しでも、乾杯をしたら仲良くなりますよね。
その意味でも「乾杯」って素敵な言葉だと思います。

Q.OPEN日はいつですか?

8月中にはオープンさせたいですね!

ありがとうございます!お店がオープンしたらぜひまた取材させてください。

こちらの記事もご覧ください☟随時更新中です!飲食店のリアルが詰まっています

▼開業には苦労と工夫と勇気がある!そんな物語、語っていただいています

開業者インタビュー

▼あなたのお家のお近くにも新店OPENしているかも知れません

OPEN情報

▼“居抜き物件って本当にそのまま使っているの?”オープン前のビフォーとアフターを写真で掲載

ビフォーアフター

▼物件探しの決め手を開業者にインタビュー!リアルな物件探しの現状を語っていただいています

物件の決め手

▼様々な観点の記事を掲載中。いろんな発見があるはずです。

特集

店舗情報


  • 住所: 品川区西五反田2-29-10

記事に登録されているタグ

この記事で紹介された人
谷川弘さん

五反田駅から徒歩5分の所に、沖縄料理店『HanaHana』を8月にOPEN。姉弟でお店を切り盛りします。東京に卸していない沖縄の食材を使った料理を提供します。 もっと読む

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.