物件の決め手

【神保町】幻の豚「TOKYO X」使用!『とんかつ 鴨川』を4月後半ごろにオープン予定

【神保町】幻の豚「TOKYO X」使用!『とんかつ 鴨川』を4月後半ごろにオープン予定
物件番号
56669
旧業態
カフェ
路線・駅名
都営三田線/新宿線・東京メトロ半蔵門線 神保町駅
駅徒歩
2分
面積
21.24㎡ / 6.43坪
所在地
千代田区神田神保町

幻の豚「TOKYO X」使用!『とんかつ鴨川』を4月後半ごろにオープン予定

今回は靖国通り沿いの物件をご契約いただいたお客様にインタビュー。
東京で開発されたブランド豚「TOKYO X」を使用したとんかつ屋さんをオープン予定です。

Q.開業決意はいつごろですか?

決意したのは2年ほど前です。

Q.開業を決意したきっかけは何だったのでしょうか?

とんかつは皆さんお好きだと思います。嫌いな人はおそらく10人に1人、20人に1人ぐらいなのではないでしょうか。
友人がとんかつの大繁盛店をやっていたので、そこで仕事を教えもらって開業しようと思いました。

Q.物件探しも2年前ぐらいからですか?

2年前ぐらいからですね。
現地で見たのは十数件ですが、ネットでは暇があれば見ていたので何百件も見てきました。

Q.物件探しで大変であったことはありましたか?

自分が理想としているものと現実のギャップですね。
世の中には100点満点の物はないと思うので、理想と現実のギャップを感じた時に、どれだけ妥協できるかという点は難しかったです。
60点、70点ぐらいで合格にしないと決まらないとは思っていたのですが、ワンオペでやるのに広すぎたり、坪数は良いのに家賃が高すぎたりと、その点数に到達しない物件が多かったですね。

Q.今回の物件で妥協点はありましたか?

通りに面した1階が理想であったことに対して、ちょっと奥まった場所にあるという現実はありました。
ただ、奥まっているとはいえ、気を遣って中を覗くようなことをしなくても見えるので、それならば妥協してもよいかなと思えました。
妥協したところといえばそこぐらいですね。

Q.では、「ここだけは妥協できない!」という条件はありましたか?

1階ですね。ここは譲れなかったです。

Q.最近は新型コロナウイルスの拡大が懸念されていますが、物件のお申込み・ご契約にあたって不安や躊躇はありましたか?

不安な要素はゼロではないです。
でも、今回のエリアは人の通りや車の通りを見て“自分が戦える場所”であると思えた場所でした。
新型コロナウイルスのことが騒がれているとはいえ、2年間物件を探してきた中でこれだけ立地と金額が良い物件はなかったので、やるしかないと思いました。

それに、昼間に職場で仕事をする人は必ずランチをどこかで食べますし、人口が多い街で商売をやっていけば大丈夫かな、とも思いました。

Q.候補エリアは神保町近辺でしたか?

かなり広い範囲で探していました。
人通りの多さが絶対で、あとは駅から近いことも条件でした。

人通りと車通りがあるところを必須として、広範囲で物件を探しました。

Q.店名はお決まりですか?

「とんかつ 鴨川」です。

Q.由来は何だったのでしょうか?

千葉県の鴨川が故郷なんです。
あと、担当営業の野村さんが同郷なので、その存在も(笑)

Q.とんかつにこだわりはありますか?

「TOKYO X」という希少な豚を使います。
豚好きな人であれば知っているものでありながらも、食べたことがない人が過半数の豚です。

Q.TOKYO Xはどのような豚肉なのでしょうか?

東京都が「世界一の豚肉を作ろう」と開発した豚です。
3種の豚を掛け合わせて、それぞれの一番良いところが出るように交配して開発されました。
生産者が少ないので、月に800頭しか市場に出回らないこともあって、取り扱っている飲食店は少ないですね。

Q.メニューはお決まりですか?

特上ロース、上ロース、ロース、ヒレを提供します。

Q.ランチ営業のご予定はありますか?

あります。もちろん夜も営業するのですが、ランチ営業をメインとする予定です。

Q.オープンはいつごろを予定していますか?

4月の後半ごろを目途に考えています。


Written by 新規開業者を応援します!ABC店舗

物件のご紹介はもちろん開業までをサポートいたします!


簡単30秒で会員登録完了!

新規開業者向けの飲食店居抜き物件をご紹介します!

記事に登録されているタグ

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.