お店通信簿
飲食店専門コンサルタント原島純一さんが、店舗の訪問診断に伺います。

≪ 今回の訪問先 ≫

店舗名
麺工房 武
所在地
東京都墨田区太平3-12-10丸菱ビル1F
電 話
03-6456-1657
業 態
ラーメン

今回はJR錦糸町駅徒歩5分、名物・超濃厚豚骨魚介つけ麺で有名な「麺工房 武」さんにお伺いしました。オリジナル調合のガラムマサラを加えて楽しむ「牛塩ラーメン」、本格派「横浜ラーメン」、パクチー水餃子などの手作りサイドメニューも大人気。中国出身の店主ご夫妻の明るく暖かなお人柄にファンも多いお店です。お店は最初、2010年に春日通り沿いにオープン。多くの常連さんを得て、13年には亀戸駅東口徒歩1分に移転。グルメランキングTOP5000や地域第1位を飾る人気店の座に輝きます。今回はより整った店舗環境のため、16年3月に錦糸町・蔵前橋通り沿いの当地に移転。「新たな地でもナンバーワンのラーメン店に!」ということで、必要な課題を原島先生にお伺いしました。

 

【原島先生より改善のポイント!】

移転前の人気ぶりを見ても分かるように、確かな技術と味を持つお店です。
新たな街での課題は、店の認知度と入店率のアップ。まずは“お金がかからずすぐにできること”にどんどん着手していきましょう!!

 

【課題1】店頭の視認性アップ

⇒⇒  《対策》 遠くから見ても分かりやすく人目につく店頭に変えよう!!

ポケモンGOのプレイヤーで賑わう錦糸公園、大型複合商業施設・オリナスといった多くの人々が集まる豊かな商圏が付近にあります。が、この店の前の通行人は少なめ。遠くからでも目立って入りやすいイメージのデザインに店頭を変えましょう。

 

具体的には、のぼりの統一。バラバラだと見づらい印象です。また、歩道から少し下がった位置に入口があるので、少々店に入りづらい。入店しやすい店頭デザインに変えてみましょう。夜間の看板への照明の当て方も変えて、店の視認性アップを図ります。

 

【課題2】店頭での入店率アップ

⇒⇒  《対策》メニュー表を置こう!

せっかく通りがかりの人が店に興味を持っても、「どんなメニューが、何円で食べられるか」が分からないと、入るのを躊躇してしまいます。簡単なもので構わないので、メニュー表を置いて、お客様に安心感を持っていただきましょう。

 

【課題3】Webでの認知度アップ

⇒⇒ 《対策》食べログの内容を充実させよう!
⇒⇒ 《対策》Facebook、TwitterなどのSNSを活用しよう!

せっかく美味しいラーメンや料理を用意しても、人々に店の存在やサービスが知られていなければ来てもらえません。食べログに全メニューと金額を掲載して「ここでどんな食体験が味わえるか」を見る人に分かってもらえるようにしましょう。様々なキーワードを盛り込んで、検索エンジンでのヒット率を高めることが大切です。
Facebook、Twitter、Instagram、LINE@などのSNSも活用して、お店の情報発信をして、低コストで店のWeb認知度を上げる取り組みを行っていきましょう。
口コミを増やすためには、お店のこだわりや業績が店内で分かりやすく説明されていることも大事です。過去のメディア掲載歴などを掲示しておくと、「スゴい店に来ることが出来た!」とお客様に喜ばれ、知り合いに広めていただく効果が期待できます。

 

【課題4】メインとなる客層のリピーター獲得

⇒⇒ 《対策》近隣サラリーマン、近隣住民、ちょい飲み客の3つのメイン客層に合わせて細やかなサービスを実施していこう!!

店のメイン客層となる方々に喜ばれるサービスを導入し、リピーターを増やしましょう。近隣サラリーマン層には、ごはん無料サービスで男性でも満足のボリュームランチを提供。近隣住民にはスタンプカードを導入。ラーメン以外のディナーメニューも増やすことで夕食需要も掴みましょう。ちょい飲み客のためには、お酒がすすむおつまみメニューを充実化。食べログやSNSでお座敷の存在をアピールして、「お酒も飲めるラーメン店」のイメージを広めましょう。

 


 

診断から2週間後・・・

原島先生のお話から2週間後、ふたたびお店を訪問しました。
すると、店は内も外も驚くほどの変わりよう!!その変化の様子をご紹介しましょう。

 

 店 頭

のれんを前に掛けかえることで店の視認性が大幅アップ!格子状の木製シェードをうまく配置することで、通りから店への動線を確保しました。のぼりも一番分かりやすい「横浜らーめん」に統一。同じのぼりが複数本立つことでアイキャッチ効果が高まりました。課題だったメニュー表も置かれ、ラーメンの種類や値段が分かりやすくなりました。夜は写真のように照明を当てて、暗くても店の存在が分かりやすいよう工夫しました。

 

 店 内

店内は、雑誌掲載情報や牛塩ラーメンに加えるオリジナル調合のガラムマサラについての解説などを掲示し、お店のこだわりが初めて来店される方にもよく分かるように。

入口入ってすぐのスペースも整理整頓。TV等を奥に移動させてスッキリした空間となりました。お酒を並べてお客様がもう一杯頼みたくなるように工夫しています。

 販 促

食べログは掲載メニューを充実。写真もアップして提供する料理のイメージが格段に分かりやすくなりました!名物のつけ麺、牛塩ラーメンについての説明も追加。「女性」「薬膳」「自家製」など旬のキーワードもふんだんに盛り込み、見る人の興味を引き付けます。

SNSに関しては、以前IT企業にお勤めだった奥様が力を発揮!Facebookページ、Twitter、Instagramを開設し、新メニューや雑誌掲載情報を次々に発信しています。また、LINE@を活用して、お店のお得情報の配信やスタンプカードの発行も実施。スタンプカードはポイント数に応じて、麺大盛りやドリンク無料などの特典をプレゼントして好評を得ているそうです。

 

 


 

多忙な毎日の中、2週間というわずかな期間に、着実にアドバイス項目をこなされた店主ご夫妻。そのご努力には脱帽です。
改善の効果をハッキリと確認するためにはもう少し時間を置く必要がありそうですが、LINE@の登録数は1週間で70人以上、Facebookページも「いいね!」140人以上と、早速多くの反響があったとのこと。10月には有名ラーメン情報誌『ラーメンWalker』にも掲載が決定したそうで、これから店の認知度アップとともに、多くの新規ファン獲得が期待できそうです。店主様は「試行錯誤してつくりあげた渾身のラーメンと料理を多くの方に味わっていただきたい。錦糸町はラーメン激戦区だが、そのために自分たちで出来ることは何でもしたい」と、力強い言葉で結んでくださいました。

 

相談回答者
名 前
株式会社STAYDREAM
代表 原島 純一(はらしま じゅんいち)
所 在
新宿区西新宿7-2-6 K-ビル3階
連絡先
TEL. 03-6890-1313 FAX. 03-6890-1158
H P
http://www.c-staydream.com/