街レポート

小岩(江戸川区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

小岩(江戸川区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

小岩は、東京都23区のなかでもっとも東に位置する江戸川区の街です。アクセス環境が悪いわけではなく、江戸川や菖蒲が咲き誇る庭園など自然にも恵まれています。しかし、街の特徴などが正しく知られていないためか、治安についてはあまり良い評価が聞かれません。そこで今回は、この街の印象を変える一助として、小岩の場所など基本的な情報、独特の魅力にあふれる商店街や子育てにも優しい生活環境についてご紹介します。

江戸川区小岩について詳しくなってみませんか?




江戸川区の北端に位置する小岩は、これまでマイナスイメージを持たれる傾向があったようです。実際は、地元住民の人柄を筆頭にして魅力あふれる街といえます。街について詳しくなれば、きっと印象は良くなるでしょう。

小岩に精通するための基本情報

小岩はマンガの登場人物などで有名な葛飾区の南側にあり、東は江戸川を挟んで千葉県と接しています。

街の面積は6.27平方キロメートルに及び、建築面積が約0.047平方キロメートルの東京ドームであれば約130個分です。人口(2016年4月現在)は96,667人であり、すべての住民を東京ドーム(約46,000~57,000人収容)に招待するなら少なくとも2回に分けなければなりません。

鉄道はJR総武線と京成線が乗り入れており、街には「JR小岩駅」「京成小岩駅」「京成江戸川駅」があります。東京方面や新宿方面から訪れる際には乗り換えが必要になる場合もありますが大きな手間はなく、京成上野駅や成田空港からは直通で来られます。主要幹線道路は都心をめぐる蔵前橋通りと都内から千葉方面に通じる国道14号(千葉街道)が走っているので、自動車でもアクセスしやすい場所といえるでしょう。

町名の由来

「小岩」という町名は、昔の「甲和(こうわ)」から変化したという説が知られています。この地名は713(和銅6)年に当時の天皇の勅命を受けて命名され、数年後に成立した古文書『正倉院文書』に記録が残されています。

アットホームな商店街




小岩について「治安が良くない」とイメージしている人もいると思いますが、地元からは「住んでいる人は、みんな温かい」という意見が少なくありません。その声を象徴する存在が、JR小岩駅南口から放射状に広がる商店街です。

大きな商店街は「フラワーロード」「昭和通り商店街」「サンロード」の3つがあり、それぞれを小さな商店街が横につないでいます。衣料品店から食堂・居酒屋、雑貨屋やコンビニエンスストアまでそろっており、衣食住に必要なものは一通り手に入るでしょう。国際色も豊かであり、お店からはいろいろな国の言葉が聞こえてきます。

しかし小岩の商店街の特徴は、これだけではありません。地域の人たちが交流する場所として、大きな役割を果たしているのです。買い物客は、必ずといえるほど店の人と会話しています。買い物客と店主たちの距離が近い印象。店員も、「買い物しなくて良いから、顔だけは出してほしい」という思いを持っているようです。

子育てにも恵まれた環境

小岩の行政機関は、子育て世帯への支援に積極的です。教育面でのサポートにも力を入れており、その事業は「すくすくスクール」と呼ばれています。放課後や休日になると学校の校庭や体育館が小学生に開放され、小学6年生までの子供たちは自由に利用できます。

この取り組みの目的は、いろいろな人とのふれあいを通じた子供たちの人間形成です。普段の授業と異なり、区の職員や地域ボランティアの人たちが先生役を担います。それぞれ得意分野を扱うので、教える内容はサッカーや和太鼓など多岐にわたります。夕方まで校内で面倒を見てくれるため、共働きの家庭にとっては頼りになる支援事業といえるでしょう。

教育環境だけでなく、自然環境も見過ごせません。千葉県との県境を流れる江戸川までは、歩いても駅から15分ほどです。休日、駅前に家族みんなで出掛けて食事をした後、腹ごなしをかねて散歩するのに適した距離ではないでしょうか。

江戸川の土手や河川敷は広く、開放的な空間のなかでいろいろなスポーツを楽しめます。のんびり過ごしたい人には、都会のオアシスのひとつに数えられる『小岩菖蒲園』がおすすめです。5月~6月に足を運べば、満開の花菖蒲が出迎えてくれます。8月になったら、河川敷から『江戸川花火大会』を眺めると風情を感じられるかもしれません。

小岩に精通するための第一歩

小岩へのアクセスは、それほど面倒ではありません。街について詳しくなるために、手始めとして最初は買い物がてら駅前商店街を訪れてみると良いでしょう。どのお店に入ったとしても、みなさん温かく接してくれると思います。

買い物が済んだら、江戸川の河川敷まで足を伸ばし骨休めです。小岩菖蒲園は年中無休であり、利用時間に制限はなく利用料金も無料ですので駅前で散財した後でも心配いりません。

体力が回復したら、駅前に戻って空腹を満たしましょう。オシャレなカフェを見つけるのは難しいと言われていますが、レトロな喫茶店や定食屋はたくさん並んでいます。エスニック系の店も多く、地元の人とだけでなく国際交流も可能です。いずれも値段の安さには定評があるので、予算は心配しなくても大丈夫でしょう。

こんな具合に、地元の雰囲気あふれる商店街・江戸川の河川敷・食堂から小岩に精通する道の第一歩を踏み出すと良いかもしれません。

どんな飲食店がある?(1km圏内)

小岩でもっとも多い飲食店は和食264件です。その次に居酒屋212件が続きます。和食・居酒屋がほぼ全体の割合を占めており、それ以外の飲食店は100店舗以上もありません。それほど、小岩地域では居酒屋・和食店が繁盛していることを物語っています。

どんな飲食店が出店チャンス!?

小岩で新しい飲食店を出店するのであれば、和食・居酒屋がうってつけです。一番多い飲食店は一番認知度もあるため、お客さまを集めやすくなります。また、出店する際は商圏も意識して場所を選ぶと、より多くのお客さまが訪れてくれる可能性が高いです。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
和食屋の居抜き
うどん・そばの居抜き

周辺の主なスポット

・Nip
・OHANA
・バー ドドスコ
・Ciel
・ダイナマイツ
・Sweet
・友の湯
・ライブシアターオルフェウス
・善養寺
・ルーチェ
・東京天然温泉 古代の湯
・唐泉寺
・北沼公園
・市川関所跡
・アイ・リンクタウン展望施設
・大珠院
・帝釈天参道
・真間山弘法寺
・福島屋提灯店
・春花園 BONSAI 美術館
・宝生院

小岩に似た地域

中野
小岩には昔ながらの銭湯や大衆演劇、相撲部屋など、昭和をほうふつとさせるスポットが数多くあります。中野の昭和新道商店街も、名前の通り昭和を感じさせてくれる商店街です。
中野で居抜きで飲食店を開業するための街情報

新大久保
小岩はエスニック系の店舗や韓国料理、インド料理店など、アジア系のお店が多くあります。新大久保もアジアタウンと呼ばれており、小岩に負けないくらいアジア系のお店が多いのが特徴です。

新宿歌舞伎町
小岩はちょっぴり怪しげなフィリピンパブやタイ式マッサージの店が点在しています。新宿歌舞伎町も裏側に風俗店が多い傾向です。

類似地域 周辺の募集物件一覧

中野・新大久保・新宿の居抜き物件一覧

どんな客層?

【昼】
ランチの平均単価は1,000円になります。江戸川区にある小岩の昼間人口は夜より人が少なめです。平日の昼間は地元民のご高齢の方を中心とした来客が多くなるでしょう。
【夜】
ディナーの平均単価は2,000円~3,000円になります。居酒屋が多くある関係からか、夜は近辺で働いている方を中心とする来客が予想されます。夜は人が多く、どこもにぎやかな雰囲気です。

人口特性

小岩の人口総数は97,414人です。内訳を見ると男性が48,581人、女性は48,833人、女性のほうがやや多めです。とはいえ、場所によって男性が多いところもあり、全体的にバランスのとれた人口比です。女性をターゲットにした店舗戦略もひとつのポイントと言えそうです。

乗降人数

JR東日本の小岩駅の平均乗降人員数は65,204人です。JR東日本のなかでは第70位となります。年度別に平均乗降人員数を見てみると上がったり下がったりを繰り返していますが、数値の差が激しいわけではありません。つまり、一定の乗降人員数を確保していると言えるでしょう。

乗降人数が近い地域の街紹介ページ

麹町で居抜きで飲食店を開業するための街情報
池尻大橋で居抜きで飲食店を開業するための街情報
小川町で居抜きで飲食店を開業するための街情報

小岩の賃貸相場

小岩駅周辺の賃貸相場はワンルームが65,000円、1K は66,000円、2Kは77,000円となっています。1LDKと2LDK はおのおの97,000円、114,000円、3LDKなら13万円近い賃貸相場でした。江戸川区の賃貸相場と比較してみると、それほど差が見られない傾向です。

小岩の店舗賃料相場

小岩駅周辺の店舗賃料相場は、平均坪単価14,961円(最高坪単価47,250円、最低坪単価6,960円)です。賃料別に見ていくと20万円~40万円が全体の4割、20万円以下が3割で、両方合わせると7割を占めます。20万円くらいの物件がもっとも見つけやすいでしょう。

小岩(江戸川区)エリアの居抜き店舗物件を見る


Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.