街レポート

落合南長崎(新宿区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

落合南長崎(新宿区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

新宿区の最北端に位置する落合南長崎。新宿区と豊島区の堺にあり、新宿まで地下鉄で15分足らずという交通アクセスの良さに恵まれながらも、都会の喧騒から離れた静かな住宅街が広がっているエリアです。
今回は、そんな落合南長崎の魅力や特徴についてお伝えします。

都心と郊外、両者の良さを併せ持つエリア

そもそも落合南長崎は、「西落合」エリアと「南長崎」エリアを合わせて「落合南長崎」となりました。都心と郊外の良いところを併せ持った地域です。治安も良く、都会にいながらゆったり暮らしたいという方に最適といえるでしょう。
誰もが知っている繁華街や観光スポットがあるエリアではないものの、実際にそこに住んでみるとじわじわとその良さが感じられるような奥深い街です。

アクセスの良さには太鼓判!

落合南長崎エリアは、都営大江戸線を利用すれば新宿まで15分足らずでアクセスできます。東京駅までは10分程度、渋谷・池袋駅にも30分以内で行けます。
10分ほど歩くと西武池袋線の東長崎駅がありますから、こちらの路線を利用することも可能です。バス路線も新宿行き・池袋行き・中野行きなど複数が通っています。
また、近くに目白通りと新青梅街道があるため、車で移動したいときにも便利です。

高級住宅地「目白文化村」の名残

落合南長崎は、その名の通り新宿区の西落合エリアと、豊島区の南長崎エリアの間にあります。都営大江戸線の駅ができる際、仮の駅名は「南長崎」でした。

落合南長崎エリアのある西落合1丁目、中落合のあたりは、江戸時代には農村地帯だったようです。明治時代になり宅地として開発が始まり、大正11年には「目白不動園」として分譲が始まりました。
これが高級住宅街「目白文化村」の始まりです。この環境を好んだ芸術家・官僚・大学教授などがこぞって宅地を購入し、移り住むようになりました。

中落合にある「佐伯祐三アトリエ記念館」所蔵の「下落合風景」という絵画からは、当時のこのエリアの風景を垣間見ることができます。現在でも、かつての高級住宅地の面影が至るところに残されており、この街を歩く楽しみのひとつとなっています。

数多くの芸術家たちに愛された街

落合南長崎エリアは、画家の佐伯祐三が中落合にアトリエを構えたほか、『放浪記』『浮雲』などの著書で知られる作家の林芙美子も昭和5年から落合に、昭和16年からは中井に住んでいました。
ほかにも、小説家の吉屋信子、日本画家の渡辺玉花、歌人・書人・美術史家の會津八一らが、目白文化村に住んでいました。渡辺玉花の住居は現在も中落合に残っており、当時の貴重な建物を見られます。

また、住所としては豊島区の南長崎になりますが、漫画家の手塚治虫、藤子不二雄(藤子・F・不二雄、藤子不二雄Ⓐ)、赤塚不二夫、石森章太郎(後に石ノ森章太郎と改名)らが住んでいた有名な「トキワ荘」が位置しているのも、実はこの近くです。
現在「トキワ荘」の建物は残されていないものの、その跡地には「トキワ荘跡地モニュメント」という、当時の建物をかたどったモニュメントが建てられています。

治安も良く住みやすさにも定評がある

落合南長崎には、駅直結の複合型ショッピングセンター「アイテラス落合南長崎」があります。深夜1時まで営業しているスーパーマーケット「LIFE」、「ステーキガスト」「藍屋」といった飲食店、病院、英会話教室、ゴルフスクール、さらにはフットサルコートまで兼ね備えた、便利な複合型施設です。
周辺にはコンビニや、ファーストフード店もあります。また、目白通りを少し歩くと、お隣の豊島区が運営するスポーツジム「南長崎スポーツセンター」があります。

落合南長崎は全体的に、一人暮らしやファミリー層向けのマンションおよび一戸建てが数多く建ち並ぶ住宅街です。アミューズメント施設などの目立った娯楽施設はありませんが、その分静かで犯罪率が低いため、治安が良く住みやすいエリアとして定評があります。
家賃もワンルームで平均6.9万円と、主要駅までのアクセスの良さのわりにはリーズナブルであり、まさに穴場といえるでしょう。

休日はホビーや散策を楽しめる

西落合1丁目には「ホビーセンターカトー」という国内最大級の鉄道模型店があります。ビルの前には赤い電車が置かれており、訪れる方の目印になっています。
店内に入ると模型やジオラマが豊富に陳列されており、鉄道ファンにはたまらないスポットといえるでしょう。模型の趣味がある方はもちろん、そうでない方も楽しめます。

また、落合南長崎エリア周辺には、「林芙美子記念館(新宿区中井)」、「洋画家・中村彝アトリエ記念館(新宿区下落合)」、「佐伯祐三アトリエ記念館(新宿区中落合)」など、当時の住居を再現した記念館があります。
漫画好きの方は、豊島区まで少し足を伸ばして「トキワ荘通りお休み処」まで行くのもおすすめです。トキワ荘関連の書籍の閲覧、漫画家のサイン色紙や寄せ書きの展示、グッズ販売などが行われています。
芸術家たちがこの地に暮らしていた頃に想いを馳せながら、散歩を楽しみましょう。

ほかに、神社仏閣めぐりをする楽しみもあります。「自性院(猫寺)」、新宿区有形文化財に指定されている「中井出世不動尊」、南長崎にある「五郎久保稲荷神社」など、パワースポットへ足を運んでもよいでしょう。
もちろん、アクセスの良さを生かして、新宿や渋谷などの都心に出かけることもできます。

 

どんな飲食店がある?(1km圏内)

落合南長崎では、和食のお店が一番多く130件が存在します。次に多いのが居酒屋で71件です。そして、中華、うどん・そば、ラーメンと続きます。落ち着きのある住宅街であることから、日常的に利用できるお店が好まれているのかもしれません。

どんな業態が出店チャンス?

落合南長崎は『和食』と『居酒屋』が人気のエリアです。出店戦略として、やはり和食か居酒屋にチャンスがあるでしょう。すでに需要があることが分かっているため、新たな顧客ニーズを開拓する苦労も少なく、さらに繁盛店の近くに出店すれば顧客にも認識されやすくなります。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

和食の居抜き
居酒屋の居抜き
ラーメンの居抜き
中華の居抜き
うどん・そばの居抜き

周辺の主なスポット

・トキワ荘記念碑
・豊島区立花咲公園
・哲学堂公園
・アイテラス 落合南長崎
・南長崎スポーツセンター
・南長崎花咲公園
・佐伯祐三アトリエ記念館
・野方配水塔
・自性院
・中井出世不動尊
・ホビーセンターカトー
・五郎久保稲荷神社
・西落合図書館
・渡辺玉花旧居
・豊島区トキワ荘通りお休み処
・葛谷御霊神社

落合南長崎に似た地域

門前仲町

門前仲町は都営大江戸線と都営メトロ東西線の2線が乗り入れており、大手町・六本木といった主要駅までのアクセスが良いところが落合南長崎に似ています。
門前仲町(江東区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

王子

東京都北区に位置する王子。都心へのアクセスが便利であるにもかかわらず家賃がリーズナブルな点は、落合南長崎と共通しています。
王子(北区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

菊川

都営新宿線の菊川駅周辺は、中学校や高校があることから、落合南長崎と同様にコンビニエンスストアが充実しています。
菊川(墨田区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

類似地域 周辺の募集物件一覧

王子・門前仲町・菊川の居抜き物件一覧

 

どんな客層?

【平日/昼】
落合南長崎のランチ平均単価は1,000円以内です。落合南長崎は住宅街のため、平日の昼間は地元住民が気軽に利用できる価格設定の店舗に人気が集まります。

【平日/夜】【土日】
落合南長崎エリアのディナーの平均単価は1,000円以内です。落合南長崎は夜間人口が昼間人口の約1.5倍です。仕事や学業を終えて帰宅する会社員や学生がメインの客層と見られます。

人口特性

落合南長崎駅に近い西落合1丁目から4丁目エリアの総人口は約1万3,000人で、男女比はほぼ同数です。年代別に見てみると、20代後半から40代がもっとも多くなっています。20代前半、50代前半も続いて多く、いわゆる働き盛りの年代が中心となっています。

乗降人数

汐留駅は、都営地下鉄大江戸線とゆりかもめの2線が乗り入れています。2016年度の1日平均乗降人数は、それぞれ54,000人(都営大江戸線)、9,000人(ゆりかもめ)でした。2011年には前年に比べて乗降人数が減りましたが、その後は増加しています。

落合南長崎の賃貸相場

新宿区と豊島区の境にある落合南長崎の家賃相場はワンルームで6.9万円です。新宿駅まで大江戸線で約15分という好立地にもかかわらず、新宿区のワンルーム平均家賃9.9万円に比べて手頃です。1LDKで11万円台、2LDKでも15万円くらいで借りられます。

落合南長崎の店舗賃料相場

落合南長崎の店舗賃料相場は坪単価12,000円弱です。最高でも16,000円ほどです。同じ都営大江戸線のお隣の中井駅、その次の東中野と比べてやや安価で手が届きやすくなっています。また、直近3~4年は平均賃料が下がっていることから、今が狙い目かもしれません。

落合南長崎(新宿区)の居抜き店舗物件を見る

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.