世田谷区の中央部に位置する三軒茶屋は、繁華街として賑わいを見せるとともに住宅地として人気の高い街です。オシャレな街としても知られていますが、その背景には「渋谷に近い」あるいは「住人に芸能人が多い」などの理由があります。こんな街のイメージに偽りはなく、三軒茶屋はカフェブームの火付け役としても有名です。しかし街の魅力は、カフェだけにとどまりません。商店街には不思議なムードが漂い、パンの味にも定評があります。そこで今回は、この街を語るうえで欠かせないカフェ・商店街・パン屋についてご紹介します。

カフェと商店街とパン屋は外せません

三軒茶屋の範囲は、三軒茶屋1丁目と三軒茶屋2丁目です。町名にふさわしく、街には多くのカフェが見られます。商店街やパン屋も魅力にあふれており、街の散策を始めたら1日では足りないでしょう。

アクセス環境はとても良好

この街に訪れるなら三軒茶屋駅にアクセスすると便利ですが、駅の所在地は三軒茶屋でなく世田谷区太子堂です。

三軒茶屋駅には、東急田園都市線と世田谷線が乗り入れています。東急田園都市線は神奈川県大和市の中央林間駅と渋谷駅を結び、渋谷駅からは東京メトロ半蔵門線、さらに押上駅を経由して埼玉・群馬方面に向かう路線へと直通しています。一方、世田谷線は三軒茶屋駅と同じく世田谷区内にある下高井戸駅を結びますが、そこから新宿駅~京王八王子駅間を走行する京王線に接続可能です。ほとんど電車を乗り換えずに多くの地域から訪れられる駅であり、アクセス環境には恵まれているといえるでしょう。

主要幹線道路は、いずれも神川方面から国道246号線(通称「玉川通り」)と世田谷通りが通じています。普段、田園都市線を使って通勤・通学している人は、自動車に乗って遊びに来ると気分転換になるかもしれません。

町名の由来は実在の茶屋

「三軒茶屋」は、その名の通り江戸時代に営まれた三軒の茶屋に由来します。江戸時代の中期を過ぎると社寺参詣が盛んになり、この街に伸びる大山道(現国道246号)と登戸道(現世田谷通り)は多くの参詣者により活気を帯びました。このような状況のなか、ふたつの道が交差する辺りに「信楽(後の石橋楼)」「角屋」「田中屋」の三軒が店を出したのです。江戸時代後期の文化文政時代(1804~1830年)には、三軒茶屋の名は人々に浸透していたといわれています。

そもそも茶屋が日本において一般化した時期は、中世頃と考えられています。最初は休憩場所として利用されていましたが、後にお茶なども提供する飲食店へと発展しました。三軒茶屋に開店した茶屋は座敷などがあり、現在の料亭にあたる「料理茶屋」に分類されています。

独特の雰囲気を持った街並み

玉川通りと世田谷通りの交差点に出ると、目の前には三軒茶屋ならではの光景が広がります。オシャレなお店が並ぶなか、昔ながらの商店街も残っているためです。

「カフェブーム発祥の地」とも呼ばれる三軒茶屋において、カフェはオシャレを象徴する存在といえるかもしれません。コーヒーやスイーツは絶品と評され、自家製プリンを提供しているお店もあります。店によってはコーヒーの素材や照明の明るさにこだわり、雰囲気を重んじて客の年齢層を限定している場合もあります。一方、愛犬も入店可能、あるいはランチタイムにカレーが味わえるなど各店とも個性豊かな工夫をこらしています。骨休めのためのコーヒーブレイクにも適していますが、ランチタイムに来店してもカフェ特有の落ち着いた雰囲気のなかで過ごせるでしょう。

そんな空間に同居しているのが、戦後から続く「エコー仲見世商店街」や「すずらん通り」です。メインの通りでも道幅が広いとは限らず細い路地まで商店が並ぶので、足を踏み入れて良いか迷う通りや迷路のように感じる場所もあります。地元の人でないと歩くのに苦労する恐れはありますが、老舗の和菓子屋から若いオーナーがリニューアルしたバーまでバラエティー豊かなので、どの道を進んでも目を楽しませてくれるでしょう。

きれいなカフェも気になると思いますが、せっかく三軒茶屋を散策するなら新旧が入り乱れる商店街の制覇を目指しても面白いかもしれません。

パンもおいしい三軒茶屋

世田谷区は「パンの街」でもあり、三宿にある世田谷公園では「世田谷パン祭り」が開催されます。三軒茶屋もパンの激戦区といわれており、おいしいパン屋を見逃すわけにはいかないでしょう。

老舗のパン屋はオーソドックスな惣菜パンなどに人気があり、値段も良心的なため客足は絶えません。サクサクした食感に仕上げるために手間のかかるクロワッサンが高い売り上げを誇る実力派から、サンマなど和風の素材を生かし話題を集めている人気店まであります。動物をかたどったパンが看板商品のお店も評判ですが、姿形がとてもかわいいので、もったいなくて食べられなくなる恐れがあります。かわいい動物が好きな人は、買う時に注意した方が良いかもしれません。

三軒茶屋のパン人気は、小説にも反映されました。作中に地名は明記されていませんが、国道246号と首都高速道路が交差する辺りのパン屋が作品の舞台になっています。そのパン屋は営業時間が真夜中という風変わりな設定であり、重いテーマを扱いながらも温かみの感じられる内容が人気となりドラマ化も実現しました。

お店によってそれぞれの人気の理由は異なります。おいしいパンを求めて三軒茶屋に訪れる際は、たくさんのパン屋をめぐって各店の自慢の味を確かめるのも一興でしょう。もし時間があれば、ちょっと不思議なパン屋の話も読んでおくと良いかもしれません。

どんな飲食店がある?(1km圏内)

三軒茶屋で一番多い飲食店は居酒屋で292件です。その次に和食 251件と続き、上位ふたつの飲食店だけで全体の半数近くを占めています。全体のBAR は156件、イタリアン・フレンチも110件、カフェ113件もあるので、さまざまなジャンルのお店が集まっている印象です。

どんな業態が出店チャンス?

三軒茶屋で新たに飲食店を出店するのなら、比較的多数の出店が見られる居酒屋もしくは和食をおすすめします。なかには、レアなお店での出店を狙っている方もいるかもしれません。しかし、繁盛店ならすでに認知度が高いので、集客効果も高いでしょう。

関連ページ:業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
和食屋の居抜き
うどん・そばの居抜き

周辺の主なスポット

・世田谷公園
・三角地帯
・JRA馬事公苑
・キャロットタワー
・虎幻庭
・駒沢オリンピック公園
・キャロットタワー
・世田谷パブリックシアター
・Center for Arts and Wellness
・H Tokyo 三宿店
・烏山川緑道
・桜新町商店街
・世田谷代官屋敷
・世田谷区立郷土資料館
・オリンピックイン渋谷
・マルエツ真中店

三軒茶屋に似た地域

■自由が丘
三軒茶屋は定食屋や小料理屋、居酒屋、オシャレなレストランやカフェなど、飲食店がとても豊富です。自由が丘もオシャレなカフェやスイーツ屋さんが入っており、三軒茶屋に負けないくらい飲食店があります。

■下北沢
三軒茶屋はオシャレな雑貨屋さんやカフェなど、オシャレな街の印象があります。下北沢も古着屋や雑貨やオシャレなカフェなど、オシャレさではこちらも引けをとりません。
■吉祥寺
三軒茶屋は飲み放題やリーズナブルな価格の飲食店が多いため、学生が多く集まる地域です。吉祥寺も学生に優しい価格のお店があるので、学生が多く集まっています。
吉祥寺駅周辺で居抜きで飲食店を開業するための街情報

関連ページ:類似地域 周辺の募集物件一覧

自由が丘・下北沢・吉祥寺の居抜き物件一覧

どんな客層?

【平日/昼】
ランチの平均単価は1,000円です。三軒茶屋は昼間人口が多く、駅周辺には高校や大学が多いので、昼時は混みやすく学生を中心とした来客が予想されます。
【平日/夜】【土日】
ディナーの平均単価は3,000円~4,000円です。飲みに行ける場所が多いことから、サラリーマンを中心とした来客が予想されます。

人口特性

三軒茶屋の人口総数は12,951人、総世帯数は8198世帯です。男性より女性の人口が多く、男性が6152人なのに対し女性は6,819人います。町別の面積(0.478 km²)に対し、人口密度は27,094。三軒茶屋がある世田谷区は人口が多い街ですが、人口密度はそんなに高くありません。

乗降人数

東急急行電鉄の平均乗降人員数は136,149人(2016年調べ)です。ただし、世田谷線は公表されていないので、正確な数値ではありません。年度別に平均乗降人員数を見てみると近年は上昇傾向があるため、今後も上がっていくでしょう。

関連ページ:乗降人数が近い地域の街紹介ページ

■関連ページ:吉祥寺で居抜きで飲食店を開業するための街情報
■関連ページ:人形町で居抜きで飲食店を開業するための街情報
■関連ページ:中野で居抜きで飲食店を開業するための街情報

三軒茶屋の賃貸相場

三軒茶屋駅周辺の賃貸相場はワンルームで91,000円、1Kが96,000円、2Kは114,000円です。1LDKと2LDKはおのおの158,000円、213,000円、3LDKは24万円近くの賃料相場となっています。世田谷区の賃貸相場と比較してみると、相場より高いお値段です。東京都賃料相場よりも高い相場価格でした。

三軒茶屋の店舗賃料相場

三軒茶屋駅周辺の店舗賃料相場は、平均坪単価25,537円(最高坪単価62,356円・最低坪単価8,852円)です。賃料別に見てみると20万円~40万円が全体の41%、40万円~60万円が29%を占めています。20万円以下の物件は全体の8%しかないので、リーズナブルな価格の物件を探すのは少し困難かもしれません。