街の再開発により、「マルイ」や「ルミネ」など今はやりの商業施設も駅周辺に増え、新たな一面を見せ始めてきた歴史の街・北千住。今回は、たくさんの魅力がつまった北千住の街情報をお届けします。北千住に住んでみたいと考えている社会人や学生、また同地に飲食店進出を計画しているオーナーは、ぜひ参考までにご一読ください。

宿場町として栄えた北千住の、今の魅力

埼玉県との県境に位置する足立区南部の街・北千住は、各所に風情ある歴史的建造物を残し、観光客や地元住民を魅了しています。その一方で、近年は駅周辺での再開発が進み、商業施設も充実するようになりました。荒川と隅田川に囲まれる地形は、自然美の景観を生みだし、憩いエリアとしての一面ものぞかせます。そんな北千住には、住む街としても、飲食店進出先としても、魅力ある要素がいくつもあるのです。

宿場町として栄えた歴史

東京には江戸時代、宿場町として栄えたエリアがいくつかありますが、北千住もそのうちのひとつ。江戸時代に旧日光街道の宿場町「千住宿」として栄えたこの地には、旅人や行商人、遊び客、荷受人など多くの人々が足を運んだと言われます。

「奥の細道」で知られる俳人・松尾芭蕉は、みちのくへの旅の出発点に、この千住宿を選びました。松尾芭蕉ゆかりの地であることから、同エリアには芭蕉の句碑の他、「千住宿奥の細道プチテラス」「千住宿歴史プチテラス」などの施設があります。俳句や芭蕉が好きな人にとっては、まさに聖地とも呼ぶべき場所です。

ちなみに、千住宿があった旧日光街道は、現在「北千住西口商店街」(サンロード商店街)となり、現代人の消費生活を支えています。多くの買い物客でにぎわう中でも、往時を偲ばせる建物が残り、足を止めて見入る歴史ファンの姿も少なくありません。

荒川と隅田川に囲まれて


足立区で散歩を楽しむなら、北千住は絶好のエリアです。北千住は、周囲を荒川と隅田川の河川敷に囲まれ、そのロケーションは散歩の場所におすすめ。川のせせらぎと、千住大橋、その向こうに広がる大都会の街並み。夕方には、美しい夕陽が落ちていく光景を眺めながらゆったりした気分に浸れるでしょう。

足立区の河川敷は、明治終わりから昭和にかけ、労働者たちの手によって直接掘られた“手作りの放水路”です。ショベルカーなどの重機もない時代、河川敷の整備に従事した労働者たちの汗と情熱によって造られた地といっても言い過ぎではないでしょう。そんな歴史がバックグラウンドにあるだけに、地元住民にとって特別な場所でもあります。

あの「金八先生」ロケ地の場所として有名

荒川河川敷は、80年代に一世を風靡した「3年B組金八先生」のオープニングロケ地として使われています。武田鉄矢扮(ふん)する坂本金八先生が、生徒たちと一緒に土手を練り歩いた場所は、北千住の河川敷だったのです。

金八先生ゆかりの地は、荒川の河川敷だけではありません。舞台となった桜中学校は、足立区千住曙町にある、現在の東京未来大学です。その他、名物生徒の家に使われた施設も、北千住に残されています。このように、同地は金八先生ゆかりのスポットがいくつも残されている、往年のファンにとってはたまらないエリアです。

アクセス環境も抜群

江戸時代は宿場町として江戸の一大物流拠点して栄えた北千住ですが、現在の人の流れを支えてくれるのは、近年ターミナル駅として生まれ変わった北千住駅です。2005年につくばエキスプレスが開業したことで、JR常磐線・東部スカイツリー線・東京メトロ日比谷線・千代田線と合わせ、五つの路線が利用可能となりました。上野・秋葉原方面や渋谷、千葉・茨城方面へのアクセスもスムーズ。地下鉄を利用すれば、銀座や恵比寿、大手町や表参道などへの移動も困りません。通勤やプライベートでの移動、遠隔地への旅行にも、北千住駅は有効活用されています。

また、北千住エリアのほぼ真ん中には国道4号線が縦断しており、荒川にかかる千住大橋を超えれば首都高環状線ICの「千住新橋」です。車やタクシーを使っての移動にも便利な地理的条件を備えています。

再開発が進み、住みよい街に成長

北千住駅のターミナル化にともない、駅周辺では再開発工事が順調に進められていきました。2004年、北千住駅前に「北千住マルイ」が入る複合商業施設「千住ミルディス」がオープン。駅と周辺施設を結ぶペデストリアンデッキの設置により、利便性が向上、集客力も高まりました。もともと北千住駅前には東西ともに商店街や商業施設が並んでいたため、千住ミルディスの登場によってさらに街の活性化が進んだと言えます。

駅前の再開発によって都市機能がアップし、住みよい街としてのイメージが定着しました。そのような流れの中で、2012年に「東京電機大学・東京北千住キャンパス」の開設をはじめ、複数の大学キャンパスが進出する動きが見えています。

2014年には国道4号線間際にある京成本線「千住大橋駅」前に複合商業施設「ポンテポルタ千住」も開業し、街の利便性はますます向上しています。メディアが毎年発表する「住みたい街ランキング」では、圏外だった北千住が近年ランク圏内に躍り出るようになり、居住地としても見逃せません。近い将来、トップ常連の吉祥寺や目黒、恵比寿を抑えて上位にランクインする日が来るかもしれない、そんな楽しみも持っています。

 

どんな飲食店がある?(1km圏内)

北千住エリアでもっとも多い飲食店の業態は、和食と居酒屋です。和食は328件、居酒屋は298軒と、他の業態を圧倒するくらいの多さです。ラーメン店やイタリアンなど人気が高いように思われる業態でも、同地では100件にも届いていません。

どんな業態が出店チャンス?

北千住でもっとも繁盛している飲食店の業態は、和食と居酒屋です。この業態で出店するメリットは、すでに同業店舗が成功を収め、ある程度の認知度を得ている点。地元住民や北千住の飲食店を利用する客にとってはなじみがあり、足を運びやすいと言えます。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
和食の居抜き

周辺の主なスポット

・ルミネ北千住店
・北千住マルイ
・東京電機大学
・足立区立中央図書館
・千住ミルディス
・梅の湯
・荒川河川敷運動公園
・千住街の駅
・木町センター商店街
・千住ほんちょう公園
・吉田家
・東京芸術センター
・千住宿場町商店街
・千住神社
・シティカート
・千住宿歴史プラテラス

北千住に似た地域

町田

駒込も大崎と同じく都内の主要駅へのアクセスが便利な地域です。池袋駅まで約7分、新宿駅まで約12分、渋谷駅まで約18分で行くことができます。
町田で居抜きで飲食店を開業するための街情報

千葉

飲食店が充実している千葉市。駅前や商店街に居酒屋や和食店がひしめき合う北千住と似ています。

高円寺

商店街やスーパーが豊富なところが住みよい街として評価されている高円寺。昔ながらの商店街を持つ北千住と、評価ポイントが重なります。
高円寺(杉並区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

類似地域 周辺の募集物件一覧

町田・千葉・高円寺の居抜き物件一覧

 

どんな客層?

【平日/昼】
北千住のランチ平均単価は1,000円です。足立区の昼間人口は約60万8,000人(平成22年)で、ランチ客層は北千住で働くビジネスマンや地元住民で構成されていることが予想されます

【平日/夜】【土日】
北千住のディナー平均単価は2,000円前後です。リーズナブルな立ち飲みスタイルの飲食店も人気があります。足立区の夜間人口は約68万3,000人(平成22年)で、ディナー客層は地元住民が多い傾向です。

人口特性

平成30年4月1日現在における、北千住エリア(千住1丁目~5丁目・千住曙町)の総人口は、約14,000人です。このうち外国人も一定数含まれています。北千住住民の男女比率はほぼ均等。男女問わず住みやすいと感じられる街です。

乗降人数

5つの路線が入る北千住駅の1日平均乗降客数は、103万4,741人(2,016年)。北千住駅には東京メトロなどの地下鉄も乗り入れていますが、東武鉄道の利用客が約4割を占めています。各路線とも大きな増減の幅はなく、毎年安定した乗降客数を維持しています。

北千住の賃貸相場

北千住エリアの賃貸相場は、ワンルームが約6万円、1Kが約7万5,000円、1LDKが約10万5,000円、2LDKが約9万1,500円となっています。2017年年末からの相場変動を見てみると、JR常磐線沿線地域の賃料相場と比べ、若干高い相場で推移しています。。

北千住の店舗賃料相場

北千住駅周辺の店舗賃料相場ですが、20万円未満が32%、20万~40万円が29%、40万円~60万円が25%を占めています。20万程度の物件がもっとも見つかりやすいと言えるでしょう。2018年の北千住駅の平均坪単価は23,808円。ここ数年上昇傾向にあります。

北千住(足立区近隣)エリアの居抜き店舗物件を見る