東京都港区の表参道は大通り沿いを中心に国内外のブランド店やセレクトショップが並び、駅周辺には多数の有名ヘアサロンが展開するおしゃれな街です。表参道駅には東京都近郊の各方面から直通電車が乗り入れており、乗り換えに多くの手間はかかりません。日頃、ブランド品にあこがれを抱いている人は、心ゆくまで買い物を楽しめるでしょう。そこで今回は、表参道へのアクセス方法や街の変遷をふまえつつ、この街の魅力となっている「おしゃれ要素」についてご紹介します。

全身のおしゃれを楽しめる街「表参道」

「表参道」は、もともと明治神宮への参拝するために整備された大通りと言う意味がありました。現在は都道413号線に含まれていますが、その名は地下鉄「表参道駅」として知られ駅周辺の地域一帯を指す総称にもなっています。ブランドショップと美容室ともに人気店が多いエリアとして有名であり、「おしゃれの街」表参道のイメージを決定づけています。

「表参道駅」へのアクセス

東京メトロの表参道駅は、東京都港区北青山三丁目にあります。乗り入れている路線は、銀座線、千代田線、ならびに半蔵門線です。千代田線は、JR東日本の常磐線および小田急電鉄の小田原線と直通しています。前者は東京と千葉・茨城をつなぎ、後者は新宿区新宿駅から神奈川県小田原市の小田原駅に伸びる路線であり、東京都の東側と西側ともにアクセスに不便はありません。

また半蔵門線は東京と神奈川の間を走行する東急電鉄に加え、埼玉・千葉・栃木・群馬に及ぶ東武鉄道とも直通運転を行っています。東京都の北側から訪問する場合も、それほど乗り換えに苦労しなくて済みます。

「表参道」誕生の背景と「表参道駅」の名称の歴史

表参道は、明治神宮に通じる正面側の参道として1919(大正8)年に誕生しました。背景となった出来事は、1912(明治45)年の明治天皇崩御です。天皇を祭るための神宮を建設したいという声が、当時の東京市民から上がりました。神宮建設の機運が高まると、1915(大正4)年に内務省から明治神宮の創建が発表され1920(大正9)年に造営が完了しました。その流れのなか、表参道の建設作業も進められたのです。これら一連の事業には、全国から多くの国民が自発的に参加したと言われています。

この表参道(現都道413号)と青山通り(現国道246号)との交差する地点に位置する施設が、東京メトロの「表参道駅」です。1938(昭和13)年に開業した当初、駅名は「青山六丁目駅」でした。翌年に「神宮前駅」と改称されますが、1972(昭和47)年に「表参道駅」の名が登場します。それまで銀座線の駅だけでしたが、千代田線の駅が開業すると新しい駅名が使われたのです。これに伴い銀座線も同名に変更し、1978(昭和53)年には半蔵門線の駅名としても採用され現在に至っています。

戦後、表参道は流行の発信地へ

建設当時の表参道は砂利道であり、大きく変貌を遂げたのは戦後になってからです。周辺地域が開発されるとともに、この通りも拡張工事により道幅が広がりました。1970年代になりファッションの中心地が新宿から原宿・渋谷方面に移ると、表参道エリアにも有名ブランド店が集まり始め、流行の発信地として活気づきました。今ではフランスの「ルイ・ヴィトン」、イギリスの「バーバリー」、アメリカの「ラルフ・ローレン」など、高級ブランドに関心のない人でも一度は耳にしたことがあると思われる店名が数多く並んでいます。

一方、大通りから路地に入ると、各種のセレクトショップが目に入ります。店内は、オーナーの感性にしたがい選ばれた多種多様なブランド品によって占められています。取り扱っている商品はファッション関係に限定されず、店によっては日用品や北欧の古い家具もそろっており、バラエティ豊かです。いずれの店舗も独特の雰囲気があり、店に足を運べばオーナーのこだわりを感じられるでしょう。マンションの一室を利用している場合もあるので、どこに店舗が隠れているか探しながら歩いても面白いかもしれません。

ブランド品は決してリーズナブルな価格ではなく、それなりに予算が必要です。国内を移動するだけで済みますが、ブランド好きの人は次々に目を奪われ財布のひもが緩み続ける恐れがあります。それだけ、表参道には人々を引きつけるブランドショップがあることの表れと言えるかもしれません。

美容室の有名店も多い表参道

表参道に行ったら、ブランドショップをめぐるだけでは十分に楽しんだとは言えないでしょう。このエリアには、人気の美容室が駅から数分の範囲内に何件も集中しているためです。カットの技術に自信のある店、流行を取り入れつつ「自分らしさ」も追求してくれる美容室、あるいはカフェのような雰囲気が自慢のヘアサロンまで、その魅力は多彩です。お好みに合わせてお店を選ぶ楽しさを味わえるでしょう。

表参道の美容室は、よく専門雑誌に掲載されるだけでなく、モデルや芸能人が通っていることも少なくありません。この街に勤務しているスタイリストのなかには、雑誌モデルやテレビタレントの専属となってヘアースタイルをセットしている人も含まれているわけです。運が良ければ、お気に入りの女優さんを担当している美容師にカットを頼める可能性もあります。

人気のスタイリストに髪形などを手がけてもらい有名ブランドに身を包めば、全身のおしゃれを満喫できます。ブランド品を購入しただけで満足してしまったら、もったいないかもしれません。

 

どんな飲食店がある?(1km圏内)

表参道では、2,288件の飲食店が営業しています。カフェが最多の506件であり、全体の約1/4を占めている点はおしゃれな街ならではの特徴でしょう。居酒屋442件と和食380件に続き、BARが340件、イタリアン・フレンチが337件と上位に入っていることも、街の特徴を反映した結果と考えられます。

どんな業態が出店チャンス?

出店を予定している街に繁盛店がある場合、その業態は街の住民にかなり浸透していると考えられます。この考え方にしたがえば、表参道に出店する際、「カフェ」と「居酒屋」は宣伝にあまり苦労しなくても一定レベルの客足を見込めるでしょう。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
和食の居抜き
カフェの居抜き

周辺の主なスポット

・表参道ケヤキ並木
・表参道イルミネーション
・表参道ヒルズ
・東急プラザ 表参道原宿
・裏参道ガーデン
・代々木公園
・ラフォーレ原宿
・太田美術館
・文房具カフェ
・アニヴェルセル表参道
・青山セントグレース大聖堂
・青山善光寺
・MoMA Design Store

表参道に似た地域

銀座

銀座は、老舗の百貨店を始めとして買い物スポットに事欠かない点は表参道と肩を並べます。乗り入れ路線が多くアクセスに不便しないことも、表参道に近いと言えるでしょう。

代官山

代官山は駅の周辺とりわけ西側にカフェなどおしゃれな飲食店が多く、この傾向は表参道に類似しています。
代官山(渋谷区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

武蔵小山

武蔵小山駅は、東急目黒線で2駅移動すれば目黒駅です。山手線へ乗り換え、あるいは地下鉄を使えば都心へのアクセスは容易であり、交通の便の良さは表参道に匹敵します。

類似地域 周辺の募集物件一覧

銀座・代官山・武蔵小山の居抜き物件一覧

 

どんな客層?

【平日/昼】
ランチの平均単価は、基本的に1,000円以内です。南青山一丁目~七丁目と北青山一丁目~三丁目の昼間の人口は6万人を超えますが、ブランドショップやヘアサロンの店舗数を考慮すると、そこに勤務する人々が客層に占める割合は少なくないと考えられます。

【平日/夜】【土日】
ディナーの平均単価は、約1,000円~2,000円です。夜間の人口は1万5千人ほどですが南青山二丁目~四丁目は昔ながらの住宅街であり、平日の夜は地元の居住者が客層の中心になると考えられます。一方、土日は表参道で買い物する人たちも、飲食店利用が見込めるでしょう。

人口特性

表参道を含む港区の人口は、1970(昭和45)年まで男性が女性を上回っていました。翌年に男女比が逆転し、1977(昭和52)年には男性が、1987(昭和62)年には男女とも10万人を割ります。いずれも1997(平成9)年以降は回復傾向に転じますが、女性が男性より多い状況は変わりません。

乗降人数



表参道駅における東京メトロ全体の乗降人数は、2016(平成28)年の1日平均が17万7,078人であり、前年度比は1.5%の増加でした。乗り入れ各線の内訳は前年まで示されており、2015(平成27)年の乗車数は銀座線が2万9,983人、千代田線が2万7,093人、半蔵門線が2万7,449人です。

表参道の賃貸相場

表参道の賃貸相場は、駅から徒歩10分以内の場合、ワンルームが約15万円、1Kが13万円弱、1DKと1LDKが30万円弱、2LDKは約40万円、3LDKは70万円強です。また徒歩10分を超える物件では、ワンルームが13万円強、1Kは約9万円、1DKは23万円強、2DKと2LDKが20万円前後、3LDKは70万円近くになります。

表参道の店舗賃料相場

表参道における2018(平成30)年の平均坪単価は、約3万円です。物件が2階や地階であれば駅から近くても坪あたりの店舗賃料相場は5万円以内に収まっていますが、駅周辺の1階になると10万円~30万円とかなりの広がりが見られます。

表参道(港区)エリアの居抜き店舗物件を見る