用語集

礼金

不動産賃貸契約にあって最初の契約段階で支払うことを求められるお金です。無論そもそもこの礼金を支払う必要がない物件もあります。この費用は大家に対して不動産を貸してくれてありがとうというお礼のお金になります。

お礼のお金ですから基本的に借り主は支払ってしまえば返金されることはありません。敷金とは異なりお礼のお金ですので、お礼を返してもらうというのはおかしな話です。敷金の場合は預かり金の意味合いを持ちますので返金されるべきものですが、この礼金は返金が一切ないことをよく知っておくことが大事になります。

礼金は支払ってしまえばそれで終わりになるものです。しかしながらこのお礼のお金を不動産仲介業者がもらうケースもあります。その上さらに仲介手数料の支払いをしないといけないこともあり、二重三重に同じようなお金を支払わされることもあり得るので、借りる際にはしっかりと説明をしてもらって聞いた上で契約を交わすようにすることが求められます。
 

礼金はお礼のお金ですから返金されることはありません。借りる側からすると返金がないだけ損をする気持ちになります。最初に契約を交わすときにこの礼金を敷金に変更してほしいという交渉を持ちかけることが出来る場合があります。敷金は退去時に返金されるものですから、礼金とは違って支払い損とは考えにくいものです。

最初の契約時において礼金の支払いではなく敷金にしてもらえないかどうか交渉をすることが有効です。たとえば長らく入居者がいないような物件の場合は、この交渉が有効なこともあります。無論大家側が交渉に応じないケースもあるのでケースバイケースですが、交渉により毎月の家賃の減額を求めるよりは有効なことがあるので、言ってみることは無駄ではありません。人気が高い物件の場合はこの話そのものが出来ないこともありますが、今後の日本では空き家問題が顕著になっていきます。大家からすると空き家状態よりはと考えることもあり得るので、話をしてみる意味はあるわけです。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.