用語集

加盟金

加盟金は例えばフランチャイズなどの加盟店希望者から定められた契約金を本部に払うことによって、お店を出店したり経営を行うためのノウハウを教えてもらう権利、商標や店の看板を得る権利などを得ることが出来ます。例えばフランチャイズのコンビニや弁当店、パン屋やクリーニング店、ハンバーガー店など様々なフランチャイズ加盟店があり、お金を支払うことによって自分のお店などを持つことが可能になるシステムです。

加盟金を支払う理由とは、それはフランチャイズ本部からノウハウなどを提供されるため、ノウハウを購入するために払うものといえます。よく似たものにはロイヤリティがありますが毎月支払いがあり、営業を行っている間はずっと払い続けなければなりません。

しかし加盟金は支払が一度だけになるため、継続的に払う必要がありませんので、初期コストとして考えることが出来るでしょう。またフランチャイズ契約を途中でやめてしまった場合は返ってこない場合がほとんどです。
 

フランチャイズ契約を検討している場合、加盟金を支払うタイミングには気を付けなければなりません。例えばフランチャイズを検討している人が他にもいた場合、先にお金支払ったにもかかわらず、後から別の人に店舗が決まってしまった場合、加盟金が返還されない場合があります。

フランチャイズ本部によっては契約を結ぶ前に加盟申込金が必要となる場合もあり、そのまま本契約をした場合は加盟申込金は加盟金の一部として充当されるのですが、もし契約をしなかった場合は加盟申込金は返還されないのが普通です。そのため加盟金は後から返還トラブルになりやすいため、簡単に支払わないようにした方がよいでしょう。

契約と加盟金の支払は本当にフランチャイズ契約が本決まりになるかどうかをしっかり確認してから行う必要があります。また開業時には運転資金などが必要になりますので開業資金は余裕をもって準備を行うようにする必要があります。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.