用語集

自動発注システム

自動発注システムは、スーパーや飲食店といった店舗などで物品を扱っている場合の在庫管理を行い、自動的に品物を発注するためのシステムです。今まで行われてきた人の作業による発注業務を効率化するために行われており、人の手を介在させないことで誤発注を防ぐことができます。

それ以外にも自動発注システムを導入することで、従来までの人による業務が負担となっていたのを抑制することに繋げ効率よく業務を行うことが可能です。自動発注システムには、主に三種類の方式に分かれており、その種類は在庫基準・売上基準・カウントダウンとなります。

在庫基準では在庫があらかじめ決められた発注点を超えた時に必要数を発注する方式です。売上基準方式は売れた分をカウントして、一定の数量を保つ様に補充する方式となります。

売上以外の数量変動を基準にする方式で、売上高とは違った形で管理する方法となります。いずれもデータに基づく管理を現実化することで、自動化を図ることができ、在庫管理を楽にします。
 

自動発注システムのメリットは、機械的・事務的にシステムが在庫管理を展開し、あらかじめ設定した通りに物品の発注を行うことができる点です。人が発注業務を担当する場合、物品の種類の間違いや数量の間違いなどのケアレスミスが起こりやすくなります。

ところが自動発注システムでは、自動的に発注の作業が行われるため間違いもなく正確に、しかもスムーズに作業をすることが可能です。また今まで大きな作業の負担にもなってきた人の手による発注業務も負担を感じることもなくなるため、別の業務に人材を投入することも出来るようになります。

つまり飲食店やスーパーなどで物品を多く扱う店舗での活用は、従業員の負担自体を軽くする上でも最適です。なお注文をするタイミングなどの設定も自由に行うことができるため、必要に応じて柔軟的な設定もできます。
発注業務に関わる人工を減らすことにも繋がり、コストの削減などにも貢献するメリットも存在します。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.