用語集

デシャップ

デシャップとは、レストランなどの飲食店で厨房で出来上がった料理が配膳の前に置かれる場所のことをいいます。「dish up(ディッシュアップ)」という言葉が語源になっており、飲食業界の専門用語として用いられています。

また、完成した料理をホールなどに運ぶ仕事をする人のことを指す場合もあります。オーダーされた料理がきちんと客に提供されているかを確認したり、その指示を厨房に出したりすることも含まれます。

個人経営の規模の小さなレストランなどの場合には、店長やオーナーがデシャップを兼任することもあります。お店を切り盛りする非常に重要なポジションなので、客席から厨房まで幅広く目を配らなければなりません。厨房に指示を出す時には、分かりやすく明確な指示を出すことも求められます。特にお店の規模が大きいと、間違って別の客に配膳してしまったというようなトラブルも増えます。そういったトラブルを防ぐにはデシャップの業務がとても重要です。
 

飲食店でのクレームの多くに、「ずっと待っているのに頼んだ料理が来ない。」とか「後から入店した人の方が早い。」「オーダーした料理と違うものが配膳された。」といったクレームがあります。お客様にきちんと料理が提供されているかを把握してきちんと厨房に指示を出すことができないと、こういったトラブルが起こりやすくなります。

そのためデシャップの担う役割は非常に重要で、飲食業界での経験が豊富な人が務めることが多いようです。細かな部分に気が付く人が向いています。
最近ではタブレット端末などを用いて、注文や料理の提供を管理している店も多くなりました。人為的なミスを防ぐことができますし、料理の提供が遅れているといった状況が把握しやすくなります。

飲食店に最適なソフトやアプリなども開発されています。居酒屋やファミリーレストランなどのチェーン店で活用されていることが多く、会計システムと連動していることもあります。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.