用語集

ピークタイム

ピークタイムとは最高潮である時間帯で、分野に応じて多少の意味合いが変わります。例えば、電力の分野においては最も電力を一番使用する時間帯で、電気の使用状況を時間別に見た時、午後2時から3時頃がピークになると言われています。工場などの場合は、生産数に応じて多忙な時間帯は異なり、機械が稼働していない時のことをアイドルタイムと呼びます。

飲食店などにおいては、ランチタイムやディナータイムが最も忙しい時間帯でもあり、ランチタイムなどの場合は午前12時頃から午後1時30分頃がピークタイム、ディナータイムの場合は午後7時から午後8時頃がピークタイムです。この時間帯の中でいかに多くのお客さんをお店に集めるかで売上高も変わります。また、お客さんをなるべく待たせないことも売り上げを伸ばすコツ、調理時間の短縮やお客さんが帰った後のテーブルの片付けなどスムーズに行うことがポイント、一人でも多くのお客さんをピータイムに受け入れる秘訣に繋がります。
 

飲食業界におけるピークタイムはランチ時とディナー時の2度です。オフィス街の中にある飲食店の場合は、平日に必ず2度のピークタイムが訪れることになります。しかし、土日などの場合は会社が休みになることからも、オフィス街の中にあるお店などの場合、土日は閑散期を迎えてしまうことになります。仮に、近くに住宅地が広がるエリアであれば、地元の人々がお店に訪れることも多いかと思われますが、土日や祝日も営業を検討している場合には、場所を選んでおかなければ売り上げが激減する恐れも出て来るわけです。

飲食店の場合、午前11時頃から午後2時頃をランチタイム、午後2時頃から午後6時頃までをティータイムもしくは準備中にして、午後6時からディナータイムにするケースが多くあります。ピークタイムに対してお店にお客さんがあまり来ない時間帯をアイドルタイムと呼び、準備中の時間帯がアイドルタイムになるなどからも、お店を一旦準備中にしておいて、売り上げが望める時間帯に営業を行うケースが多いのです。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.