用語集

フランチャイズチェーン

フランチャイズチェーンとは、経営のアイデアやノウハウを持った本部が加盟店に対してその営業に関わるノウハウ等を提供して、各加盟店が営業をしていくといった形をさしています。全国一律で同じようなサービス提供ができるという事で客にとっても安心感があり、仕入れなどを一括して行うことができるのでコストの面でも有利になるということが言えます。個別に技術や商品の開発をする必要がなく、本部の提供するマニュアルやノウハウに沿って営業を進めていくことができるという事で、特別な経験やスキルが無くても営業ができるというメリットがあります。出店予定地などについても本部から情報提供がある場合も多いです。

営業の仕方や価格を統一する必要があり、個々の店舗での個性や独自の工夫を出しにくいという点が問題となりやすいところです。また、本部に支払う手数料や販売ノルマなども負担となる場合もあります。こうした点についても意識しておく必要があります。

 

業界の状況を良く知らない状態や、特に経営などについての経験がないという場合でも比較的手軽に営業を始めることができ、軌道に乗せやすいという点がフランチャイズチェーンに加入するメリットということができます。自分だけではカバーできないことや身につけにくいノウハウなども提供されるという事は営業していくうえで大きなポイントとなってきます。

しかし、契約の際には条件をしっかり確認しておくことが必要です。いくら売上げを上げていても仕入れや手数料などを考えると利益がほとんど上がらない問う事も起こり得ます。販売量が決められている場合なども、もし売れなければそのまま店舗の損害となってしまう事もあります。フランチャイズ契約をすれば今後長い付き合いになりますし、営業の成否にもかかわってくることになるので、条件の良い点ばかりに目を向けず、マイナス面もしっかり検討してから契約をしていくという事を意識しておきましょう。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.