用語集

RC造

RC造とは鉄筋コンクリートで作られた建物の作りのことで、縦も尾全体を支える骨組みのことを言います。柱や梁に鉄筋が入ったコンクリートを使用しているので、重量も比較的重く、中高層の建築物によく用いられています。RC造はReinforced-Concreteの頭文字を略したもので、Rには強化するとか補強するという意味があります。RC造のメリットは自由に形状を作ることが出来るため、耐火性や遮音性に優れているという点です。しかしデメリットは費用が割高になってしまいますので、建築費用が掛かりすぎてしまう傾向があります。

素材そのものが衝撃に強いので、外からの圧力を面で分散することが出来ますので、地震があった場合、衝撃を分散させて持ちこたえることが出来るでしょう。法定耐用年数はRC造の場合47年ぐらいです。
また継ぎ目がないため気密性が高いため外気温の影響を受けにくくなりますので、冬は温かく、夏は涼しく過ごすことが出来ますので冷暖房費の節約にもなります。
 

RC造は型枠に合わせて形を作ることが出来ますので、例えば円柱型や大きな張り出し、円形などのモダンなデザインの建築物を作ることが可能です。
個性的な家に住みたい方や変わった形の建築物に仕上げたいという方にお勧めだといえます。
RC造はそのまま構造物を外壁にする打ち放し仕上げはとても技術力が必要なのですが、モダンな質感に仕上がります。遊び心のある部屋を設計したいという方は、一般とは違うお部屋に仕上げるとよいです。
注文住宅の場合だと、納期が長くなってしまうことは覚悟しておかなければなりません。木造や鉄筋などの場合は納期は比較的早く来るのですが、RC造は納期が遅い傾向があります。
大空間の部屋を作ることが出来るので、広いリビングなどを作ることが出来るでしょう。
気密性が高いため、結露が発生しやすくなりますので冬場や梅雨の時期は結露を防ぐために適度に換気を行って結露を防ぐようにした方がよいです。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.