用語集

回転率

回転率とは、サービスを提供する場合には単位時間あたりに処理できる人数になります。商品の販売を考える場合には、単位期間あたりの在庫のなくなった回数のことです。そのため、回転率が高くなるとそれだけ売り上げが上がることになります。銀行での融資を受ける際にも審査時に見られる重要な指標の一つです。どんなに良いものを提供しても継続的に消費されない限り安定した収入を維持することはできません。

提供する商品やサービスが高額で取引されるようであれば低い割合だとしても問題ありません。基本的には、どのような商売であっても回転率を高めることが安定した売り上げを得るために最も重要な要素になります。商品の場合は、単位期間の売り上げから平均の商品在庫高を割った割合になります。サービスを提供する場合は、単純に単位時間あたりに処理した顧客数のことです。飲食店を例にすると単位時間内に1席に何人座ったかと言う割合に言い換えることができます。
 

商売において、売り上げは提供したものの対価で得ることができます。その対価が高ければ、少ない回数で目標を達成することができます。対価が低い場合には、多くの回数得る必要があります。その割合を表しているのが回転率です。小売で回転率を高めるためには、対価を低くする、すなわち安売りという方法があります。売値を安くすることで購入しやすくします。対価を変えずに効率を上げるためにはセット販売や高付加価値をつけることも効果があります。

サービスを提供するような場合、処理できる時間を短くする方法があります。顧客の待機時間は回転率を低くします。つまり、店舗前に並んでいるような状態が続いているようなら、その分売り上げが下がることになります。処理の順番を変えることや設備を更新することで時間を短縮することができます。また、サービスの種類を減らして、効率を上げる方法もあります。高回転率のものだけを集中して提供する方法です。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.