用語集

視認性

視認性とは、「見た目の認識のしやすさ」または、その程度を言います。何かをわかってもらいたい時に詳細に説明することも一つの方法と言えます。ただし、それは見た目として考えた場合、時間がかかりすぎるため視認性が高いとは言えません。短時間見るだけで認識できると言うことが重要になります。そのため瞬間的に認識できることが、最高の状態と言えます。具体的な手段には、大きな文字にすることやピクトグラムと呼ばれる簡略図を用いること、色の差によること、コントラストを高めることが考えられます。

絶対値では表せないため、相対的に表現するようになります。また、見る人の知識や経験m、精神状態によって変化するため、すべての人に共通した程度を測ることはできません。いくつかの比較検討の結果、ターゲットに対して最も認識しやすいと言うことが重要です。集客を考え上では店舗を気がついてもらうために重要な指標とします。看板や店舗デザインの工夫によって高めることができます。
 

顧客に対して商品やサービス、実店舗を気がついてもらうことは大変重要になります。どれだけ良いものでも知らなければ成立に至ることはありません。そのため、視認性を高くする努力を続ける必要があります。店舗や商品に興味を持たせるために広告でも表現やディスプレイの仕方に視認性を高めることが求められます。最も売り込みたい商品を店舗の入口や中央に配置することで、注目を集めることができます。

サービスの場合は、チラシやのぼりなどのディスプレイによって何を提供することができるのかを知ってもらう必要がありあます。実店舗については、見た目でのわかりやすさとして看板に文字だけでなく図記号を使うなどの方法があります。看板の高さも、年齢や性別によって大きく代わります。視認性の重要なことは、対象となる相手に効果の高い方法を選択する必要があると言うことです。店舗で提供できるものが一目でわかることが重要です。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.