飲食開業マニュアル

飲食店に必要な【食品衛生責任者資格】の免許を取得するには

STEP6
  • 許可申請

飲食店を開業する際の資格について解説します。
飲食店は2つの資格をとれば誰でも開業することが出来ます。

その資格は「食品衛生責任者資格」と「防火責任者資格」です。
どちらも講習を受けることで取得できる資格なので、試験や面接があるわけではありません。

今回は「食品衛生責任者資格」について説明していきます。

「食品衛生管理責任者資格」は飲食店の開業で必須の資格

「食品衛生管理責任者資格」は、店舗の衛生管理をする責任者の資格です。

1店舗につき1人が必ず持っていなければならない資格です。資格者は経営者本人である必要はありません。店舗に常駐しているスタッフ1人を責任者としていれば問題ありません。

「食品衛生責任者」の取得方法は下記の2つです。

①食品衛生責任者要請講習」を受けて管轄の自治体へ申請する
②栄養士・調理師・製菓衛生師などの調理に関する免許を持っている
(詳しくは保健所にお問い合わせ)

食品衛生責任者資格は、店舗開業の開始前までに取得しておく必要があります。ただ「食品衛生責任者要請講習」は先着順の受講になり、食品衛生責任者資格は受講者数が多いため、開店までの受講が予約ですべて埋まってしまっていたというケースも考えられます。そのような時は、後日講習を受け、資格を証明するものを提出するという誓約書を書くことで、前もって許可を得ることができます。

「食品衛生責任者」はなぜ取得が必須なのか

食品衛生法により飲食店を開業する際は、各都道府県知事等から【営業許可】を取得することが必要です。この営業許可は食品衛生法施行条例等により食品衛生責任者がいなければ、取ることが出来ません。

そのため、食品衛生責任者は店舗には必ず一人必要となります。

「食品衛生責任者」の資格を取得しないとどうなるのか

飲食店の開業の際には、食品衛生法施行条例第2条「公衆衛生上講ずべき措置の基準」と食品製造業等取締条例第6条「衛生管理運営基準」で施設ごとに食品衛生責任者を定めなくてはいけないため、開業が出来ません。

「食品衛生責任者要請講習」概要

「食品衛生責任者要請講習」について説明します。

・講習時間 : 1日(約6時間)
・申込方法 : 各都道府県の衛生局または保健所に問合せる
・受講料 : 各都道府県によって異なる。目安=約1万円
【講習内容】
食品衛生法の基礎、食品衛生責任者の義務
衛生管理や作業環境管理
食中毒の対策、食品表示、設備管理など

食品衛生責任者資格取得後は、お店の衛生管理に努めましょう。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.