飲食開業マニュアル

飲食店に必要な二つの資格(食品衛生管理責任者・防火責任者資格)

STEP6
  • 許可申請

飲食店開業には、難しい資格がたくさん必要なのでは?と思っている人も多いかもしれませんが、実は二つの資格さえ取得すれば、誰でも開業することができるのです。その資格とは「食品衛生管理責任者資格」と「防火責任者資格」です。いずれも講習を受けることで取得できる資格なので、難しい試験や面接などが待ち受けているわけではありません。

ここでは、この二つの資格の取得方法や講習内容について、詳しくみていきたいと思います。

食品衛生管理責任者資格

お店の衛生管理をする責任者の資格で、一店舗につき一名が必ず必要になります。1日、賞味6時間ほどの講習を受け、管轄の自治体へ申請することで取得することができます。

お店の営業開始前までに取得しておく必要がありますが、先着順の受講になるため早めのお手続きがおすすめです。食品衛生管理責任者資格は受講者数が多いため、開店までの受講が予約ですべて埋まってしまっていたというケースも考えられます。そのような時は、後日きちんとこの講習を受け、資格を証明するものを提出するという誓約書を書くことで、前もって許可を得ることができます。

なお調理師免許や栄養士の資格などをすでにお持ちの方は、受講を免除されます。

概要
・講習時間 : 1日(約6時間)
・申込方法 : 各都道府県の衛生局または保健所に問合せる
・受講料 : 各都道府県によって異なる。目安=約1万円

講習内容
食品衛生法の基礎、食品衛生責任者の義務
衛生管理や作業環境管理
食中毒の対策、食品表示、設備管理など

資格取得後は、お店の衛生管理に努めましょう。
 

防火責任者資格

消防法でさだめられた資格で、一定以上の面積を持つ建物や人の出入りがある場所において、火災による被害を防止するために選任が義務付けられている資格です。そのお店の管理者、責任者的な立場の人が取得すべき資格になります。店舗の延べ床面積が300平米以上の場合は甲種、それ未満の場合は乙種と二種類の区分があり、それぞれ費用や講習時間が異なります。

概要
・講習時間 : 甲種 2日間(約10時間)/乙種 1日間(約5時間)
・申込方法 : 財団法人日本防火協会のサイトから申込用紙をダウンロードし、受講料振込
後、開催地の消防設備保守協会などへ提出する。
・受講料 : 甲種 7,500円 乙種 6,500円

講習内容
甲種
防火管理の意義及び制度
火気管理、施設・設備の維持管理
防火管理に係る訓練及び教育
防火管理に係る消防計画 など

乙種
上記の講習事項のうち、基礎的な知識及び技能

資格取得後には、消防計画の作成、避難訓練の計画と実施など、店舗の安全に努めましょう。
 

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.