街レポート

上野(台東区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

上野(台東区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

パンダのいる動物園があり、観光地としても人気のある上野は、交通アクセスが便利な街としても知られています。駅から徒歩圏内に、江戸時代からゆかりのあるお寺や多くの美術館が存在し、また動植物などの自然に触れられる公園もあります。四季折々のイベントが楽しめるスポットが多く存在するのが魅力です。今回は、そんな上野という街の魅力について、歴史・交通アクセス・景観をはじめとしたさまざまな観点からご紹介します。

観光とショッピングが充実し交通アクセスにも恵まれた環境

大規模なターミナル駅であるJR上野駅をはじめとして、地下鉄や京成線など交通アクセスにも恵まれた上野エリア。駅から徒歩圏内には、寺院などの歴史的建造物や、博物館・美術館・動物園など数々の観光名所が点在しています。また、アメヤ横丁を中心に広がる商店街エリアは、ショッピング客や観光客で連日賑わいを見せています。繁華街というイメージがある街ですが、北側に広がる閑静な住宅街は、落ち着きがあり住む人にとっても快適な環境です。動物園の人気者であるパンダの影響から、日本中で注目されているエリアでもあります。

羽田空港まで乗換なしの恵まれたアクセス環境

上野エリアには「上野駅」が4つありますが、代表的なのはJR東日本の「JR上野駅」です。JR上野駅は、新幹線が通る“東京の北の玄関口”としての歴史を持ち、現在でもターミナル駅として機能しています。次に、京成線の「上野駅」があり、こちらは乗り換えなしで成田空港までアクセス可能です。さらに、東京メトロ日比谷線・銀座線の「上野駅」を利用すれば、地下鉄からも上野へ行けます。幹線道路は首都高速1号上野線・国道4号線(昭和通り)がその代表で、車でのアクセス環境も整っています。

上野の成り立ちと変遷

江戸時代の上野には、伊賀上野の外様大名である「藤堂高虎」の屋敷が置かれていました。やがて、この地に徳川将軍家の菩提寺である寛永寺が建立されましたが、これが門前町として栄えるきっかけになったようです。当時から、寛永寺の付近一帯は「上野」と呼ばれ始めます。
歴代将軍の墓が建てられた寛永寺は、江戸幕府から保護されていました。こうして上野は着々と門前町としての発展を遂げるようになります。しかし、1868年に起こった明治政府の新政府軍と徳川幕府の彰義隊による上野戦争により、寛永寺は焼失してしまいました。現在では、その跡地が上野公園となり、上野の緑豊かな街並みを作っています。
それから上野の街に変化が訪れたのは、1883年に東北本線の始発駅として、上野駅が開業されたときです。上野駅は“東京の北の玄関口”として、大きな役割を担うことになります。残念なことに、当時の上野駅は関東大震災によって全焼してしまいましたが、その後はヨーロッパを思わせる近代的な駅に建て替えられ、その面影を残すようにリニューアルを繰り返しています。こうして明治時代から昭和の高度成長期までの上野駅は、集団就職などによる多くの上京者を向かい入れる玄関口として、全国的に有名になりました。
1991年に東北新幹線が東京駅までつながったことで、上野は終着駅としての機能を終え、通勤客メインのターミナル駅へと変貌しました。ビジネスマンが多く利用することから、繁華街も栄え始めます。駅周辺の百貨店のほか、飲食店が並び終日賑わう街となり、現在の姿に至ります。巨大地下街が整備されたため、地下を通って移動することも可能です。雨の日でも不便を感じない、便利で人通りの多い地下街が展開されています。そんな上野は今、“東京観光の玄関口”としての新しい役割を担っています。

上野の景観

上野の景観は、山手と下町が共存した特徴的な街並みとなっています。山手エリアには、台地の上にある「上野公園(上野恩寵公園)」を中心に、美術館・博物館・動物園など歴史ある文化施設が数多く残されており、多くの文化人や観光客が訪れてきました。都内の観光名所が一挙にここへ集中していると言っても過言ではありません。
上野の北側には寛永寺があり、閑静な住宅街が広がっています。静かで落ち着きのあるこちらのエリアは、居住者にとって住み心地の良い空間です。その一方で、下町エリアである上野公園の南側には、アメヤ横丁を中心として縦横無尽に商店街が通り、一大ショッピングエリアが広がります。数多くの店舗が軒を連ねる、賑やかな街並みが魅力となっています。
どちらのエリアも、ビジネスマンやショッピング客、近年は観光客の増加に伴い、平日よりも休日の方が賑わいを見せているようです。近代的なビルが整備されている一方で、昔ながらの下町情緒あふれる景観が広がっています。
上野は美術館・博物館・寺院をはじめとした歴史的建造物に加えて繁華街や動物園もあり、観光スポットが密集しているため、国内外を問わず観光客の多い町です。治安に対する不安の声も少なくないようですが、実際には住むのにも便利な地域でしょう。交通の便が良く、衣食住に困らない、年代を問わず楽しめる賑やかな街です。

どんな飲食店がある?

上野には約3,000件の飲食店が存在しますが、中でも和食屋と居酒屋は合わせて約1,500店舗と、全体の半数を占める勢いで存在しています。次いで多いのが洋食屋とBARで、それぞれ約270店舗です。カフェも250店舗強あります。国内だけでなく、海外からの観光客が多い上野。気軽に入りやすい店舗や、日本の雰囲気を楽しめる店舗、ここでしか食べられないものがある飲食店に需要があると考えられます。

どんな飲食店が出店チャンス!?

繁盛店の近くに同じ業態の店を出すと、その街を訪れる顧客の需要にマッチしているため、周囲に認知されやすくなると言われています。上野には『和食』と『居酒屋』の店舗がとりわけ多いことからも、観光客をターゲットにした業態で出店するチャンスがあるでしょう。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
和食屋の居抜き
うどん・そばの居抜き

周辺の主なスポット

・上野公園
・上野動物園
・東京都美術館
・国立西洋美術館
・東京国立博物館
・国立科学博物館
・上の森美術館
・寛永寺
・東京文化会館
・湯島天満宮
・西郷隆盛像
・根津神社
・不忍池
・アメヤ横丁(アメ横)
・かっぱ河太郎像

上野に似た地域

柴又
柴又も上野にも下町情緒が残っています。近代的なビルの建設が進む一方で、歴史を感じる街並みが残されている点で共通しています。

新宿
デパートなどの大型商業施設や飲食店が集中している点で共通しています。ショッピング客が多く訪れる点で類似した地域です。

お台場
上野もお台場も、東京観光における人気スポットとして知られています。歴史的建造物をはじめとした、多くの観光スポットを持つ地域として共通しています。

類似地域 周辺の募集物件一覧

柴又・新宿・お台場の居抜き物件一覧
  

どんな客層?

【平日/昼】
平日の昼間、上野1~2丁目は観光客・ショッピング客・ビジネスマンで賑わうため、人口は9,000人を超えます。観光名所であることからも、来店する客層は観光客やショッピング客が中心と考えられます。ランチの平均単価はリーズナブルで1,000円以下と見られています。
【平日/夜】【土日】
上野1~2丁目の夜の人口は600人前後と言われ、昼間の1割以下まで減少します。来店する客層としては、地域住民が中心となるでしょう。観光地であることからも、休日の昼間はとりわけ来客数が多くなることが予想されます。ディナーの平均単価は1,000円以下のようです。

人口特性

上野を含む台東区の人口は、男性の割合が女性をやや上回る傾向にあります。都内のほかのエリアと比べると、男性比率の高さはトップクラスです。また、人口のおよそ1割が外国人であることからも、多種多様な人種が住んでいることが分かります。

乗降人数

2016年度の上野駅におけるJR東日本の乗車人数は、1日平均182,693人です。1998年には乗車人数のピークを迎えましたが、1993~2001年にかけて減少傾向が続き、その後はほぼ横ばいとなっています。東京メトロ銀座線・日比谷線の2路線を合算した1日平均乗降人数は285,830人です。通勤・通学のターミナル駅として、日中に多く利用されています。

乗降人数が近い地域の街紹介ページ

大宮で居抜きで飲食店を開業するための街情報
恵比寿で居抜きで飲食店を開業するための街情報
五反田で居抜きで飲食店を開業するための街情報
神保町で居抜きで飲食店を開業するための街情報

上野の賃貸相場

上野を含む台東区の人口は、男性の割合が女性をやや上回る傾向にあります。都内のほかのエリアと比べると、男性比率の高さはトップクラスです。また、人口のおよそ1割が外国人であることからも、多種多様な人種が住んでいることが分かります。

上野の店舗賃料相場

2016年度の上野駅におけるJR東日本の乗車人数は、1日平均182,693人です。1998年には乗車人数のピークを迎えましたが、1993~2001年にかけて減少傾向が続き、その後はほぼ横ばいとなっています。東京メトロ銀座線・日比谷線の2路線を合算した1日平均乗降人数は285,830人です。通勤・通学のターミナル駅として、日中に多く利用されています。

上野(台東区)エリアの居抜き店舗物件を見る


Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.