街レポート

桜木町~みなとみらいの居抜き物件で飲食店開業 | 横浜市での開業に役立つ街情報

桜木町~みなとみらいの居抜き物件で飲食店開業 | 横浜市での開業に役立つ街情報

歴史と未来が共存する華やかな港町

駅前
ロータリー
道路
赤レンガ

駅内

神奈川県横浜市にある桜木町は、横浜の中心地として連日多くの人が行き交う賑やかな街です。桜木町駅周辺には、おしゃれなカフェやショップも多く、観光やデートといった目的で多くの方が利用します。今回は、桜木町のアクセス環境・歴史・街の様子などをご紹介しながら、桜木町の魅力についてご紹介していきます。

桜木町は【グルメの街】としても有名

みなとみらい
桜木町は、観光地や人気のスポットも多く、デートにもおすすめです。ここでは、グルメスポットをご紹介いたします。

駅前商業施設が多く、ランチ・ディナーを楽しめる

ランドマーク

駅前には商業施設が多く、ランチ・ディナーを楽しむことができます。
ワールドポーターズ
ワールドポーターズは、映画館もありショッピングもできる商業施設です。リーズナブルなグルメスポットもあり、10~20代に人気があります。
コレットマーレ
ワールドポーターズは、映画館もありショッピングもできる商業施設です。リーズナブルなグルメスポットもあり、10~20代に人気があります。
ワシントンホテル
ワシントンホテルのクロスゲートも、あらゆるお店が入る商業施設。ランチから居酒屋まで、あらゆる飲食店が入っています。アメリカンレストラン・中華・九州郷土料理など、飲食店の種類も様々。子どもと一緒に家族でも楽しめますし、ビジネス後の一杯、平日のランチにも、桜木町駅から近く、便利な立地です。

夜景が楽しめるディナースポット

夜景
桜木町といえば、美しい夜景。夜景がきれいと評判のディナースポットをご紹介します。

「下町DINING&CAFE THE sea(ニューオータニイン横浜プレミアム)」
下町DINING&CAFE THE seaは、ホテルニューオータニに入っているカフェ&ダイニングバー。見える夜景は美しく、店内もおしゃれです。ホテルに入っているとはいえカジュアルなので、リラックスして楽しめます。カフェ利用では、ふわふわのパンケーキも人気です。

「美食米門」
美食米門も、夜景を楽しめるお店です。美味しい創作和食を食べることができます。コスモワールドの観覧車が近く、ネオンを間近に観ながら食事を楽しめます。店内は薄暗く、高級感がありますので、デートにもおすすめです。

「chef’s v 横浜ランドマークタワー店」
chef’s v 横浜ランドマークタワー店では、ネオンに浮かぶ日本丸を観ながらディナーを楽しめます。窓際に向かった長いカウンターと、広々としたソファが並ぶ店内は、高級感がありおしゃれです。高級感がある割にはそこまで値段も高くなく、女性からの支持も厚いので、こちらもデートにおすすめです。

「東天紅(ワシントンホテル)」
東天紅は、ワシントンホテルの最上階から夜景を楽しむことができます。お食事は、本格的な中華料理。独自にアレンジされた料理は、一般的な中華料理屋さんとは一味も二味も違います。夜景を楽しみながら、贅沢な中華料理を召し上がってみてはいかがでしょうか。

「chano-ma 横浜」※テラス席
こちらは、夜でもカフェ利用もできる、カフェ&ダイニングバーです。パスタ・カレーなどの洋食や、デザートなどのカフェメニュー、ワインなどのお酒を楽しむこともできます。テラス席では、コスモクロックや赤レンガ倉庫の照明など、素敵な夜景を楽しめます。こちらは室内にはなりますが、ゆっくりくつろげるベッド席もカップルに人気です。

桜木町の飲み屋街「野毛」は横浜エリアのディープスポット

のげ
野毛
行列
桜木町の飲み屋街である「野毛(のげ)」は、戦後に闇市があった場所でもあり、当時は薄暗い印象の街でした。しかし、近年では陽気な飲み屋街のような印象に変わり、「横浜エリアのディープスポット」と呼ばれることもあります。

桜木町駅の東側は、明るく未来的な観光地という印象ですが、西側に位置する野毛は、知る人ぞ知るという老舗の飲食店がたくさあります。穴場スポットをめぐるような、ディープな楽しみ方をしたい方は、野毛にハマってしまうかもしれません。

野毛の代名詞「大道芸」が街を明るく変えた

野毛はかつての闇市や怖い印象のあった街ですが、1986年から野毛大道芸フェスティバルが開催され、大人から子どもまで訪れる街になりました。大道芸が、野毛を明るい街に変えたのです。

お酒好きが集う街は、大人の女性にも人気!

都橋商店街をはじめ、おじさんが楽しめる居酒屋が多いスポットでしたが、今では若者からの人気も出てきていて女性客も増えています。一人飲みとしても人気があり、ますます賑わいを見せています。平日の昼からお酒を飲めるお店も多いので、お酒好きにはたまらないスポットです。

再開発が進むみなとみらいエリア

みなとみらい工事中
みなとみらいエリアは、再開発も盛んです。2019年現在、近年行われている再開発についてご紹介します。

資生堂グローバルイノベーションセンター:研究所(2018年12月)
LGエレクトロニクスジャパン:複合施設(2021年4月)
コーエーテクモゲームス:新本社ビル(2020年1月)
村田製作所みなとみらいイノベーションセンター:オフィスビル(2020年9月)
※()内は、オープン予定月

上記のように、オフィスビルや、研究施設、商業施設からなる複合施設などの設立が進んでいます。

民間都市再生事業計画である、Kアリーナ(アリーナ・ホテル・オフィスビルの複合施設。2023年10月に完成予定)やMMアリーナ(収容客数1万人規模の大型アリーナ。2020年春開業予定)など、巨大ホールの設立計画もあります。

パシフィコ横浜ノースという、国内規模最大の多目的ホールの建設も進んでおり、こちらは2020年春開業予定です。

このように、大型施設の再開発が進んでおり、みなとみらいエリアは今後も発展していくことでしょう。

観光地としての魅力があふれる桜木町

桜木町は、観光地としての魅力もあふれています。スポット別に紹介いたします。

・横浜赤レンガ倉庫
赤レンガ
横浜赤レンガ倉庫は、中にたくさんのお店が入っていて買い物を楽しめますし、外観は美しく、写真を撮るのに最適なスポットです。

赤レンガ倉庫は、歴史ある建造物でもあります。長い間鎖国状態であった日本に黒船がやってきて開国し、横浜港が開港してから約50年がたった頃、港の近代化を進める一環で、保税倉庫として建設されました。

夜はライトアップされ、みなとみらいの夜景とともに、美しい光景を楽しむことができます。

・山下公園
山下公園は、昭和5年に関東大震災のがれきを埋め立ててつくられました。海や、横浜ベイブリッジ、港を行き来する船などを眺めることができる、とても景色がいいところです。デートにもおすすめできます。

広く芝生が広がっているエリアもあるので、シートを持っていきピクニックも楽しめます。幼いお子さんとの散歩にも向いています。中華街も近いので、テイクアウトして山下公園でのんびり食べるのもおすすめです。

・マークイズ、クイーンズスクエアなどのショッピングモール
マークイズや、クイーンズスクエアなど、ショッピングモールで楽しむこともできます。ショッピングで1日中楽しむのもいいですし、クイーンズスクエアではギャラリーやコンサートホールもありますので、芸術に癒やされるのもいいですね。

・コスモクロック21
コスモクロック21は、よこはまコスモワールドの観覧車です。横浜中どこから見てもとても目立っていて、横浜のシンボルとしての顔ももっています。夜にのると、横浜のキラキラしたネオンを楽しむことができるのでおすすめです。観覧車の中には、「観覧車ナビ」がついていて、観光・歴史情報を見ることもできます。

・アンパンマンミュージアム
桜木町にはアンパンマンミュージアムもあり、子どもが楽しめる施設もあります。劇場やすべり台、キッズルーム、ミュージアムショップなど、数多くの楽しめる場所が入っているので、1日中楽しむことができます。

・ポケモンのイベント(夏開催のピカチュウのイベント)
毎年8月に開催される、ピカチュウが大量発生するイベントがあります。たくさんのピカチュウが大行進したり、ステージでショーをしたり、船にのっていたりといった具合に、みなとみらい地区周辺にピカチュウが大量発生するのです。期間限定の大規模なイベントがあるのも、魅力の一つです。

どんな飲食店がある?

船上バー
飲食店街
ハードロックカフェ
野毛寿司屋
桜木町の周辺に特に多いのは、和食と居酒屋です。ついでBARや洋食、イタリアン・フレンチの店舗が多くなっていますが、ほかのエリアと比べてとりわけ中華料理の店舗が多いのは、徒歩圏内に横浜中華街があるこのエリアならではの特徴といえるでしょう。

どんな飲食店が出店チャンス?

再開発が進むみなとみらいエリアには、展示場の拡大やビジネスビル・大学のキャンパスが設立予定なので、平日のランチ利用や夜の居酒屋利用が増える可能性があります。平日のランチには、回転率の高いうどんや蕎麦屋、和食の定食屋などの需要があるでしょう。

みなとみらい再開発エリアには巨大ホールの設立が予定されているので、休日も夜遅くまで楽しめる居酒屋やレストランがあると、集客が見込める可能性があります。商業施設の多いエリアでもありますので、観光客だけでなく、家族連れが昼も夜も楽しめるレストラン(和食・洋食)の需要があります。

デートスポットとしても人気のエリアのため、個室のある居酒屋やBAR、雰囲気の良いイタリアンやフレンチのレストランなども人気が高いです。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

BARの居抜き
居酒屋の居抜き
カフェの居抜き

桜木町の歴史

野毛商店街
みなとみらい景色
桜木町駅の周辺は、もともと野毛浦の海面でした。現在の桜木町駅がある場所には、「姥ヶ岩(老婆石)」があったとされています。明治初期の頃に、海面だった土地が鉄道用地として埋め立てられ、造成されたのがこのエリアです。鉄道用地以外の場所は、街として発展することになります。鉄道用地と野毛浦の間にできた河川は「桜木川」、川沿いの土地は「桜木町」と名付けられました。後に、桜木川は「桜川」と改称されますが、現在は埋め立てられてしまったため、その姿を確認することはできません。

桜木町には、かつて初代浜駅がありました。明治5年(1872)になると、日本初の鉄道の駅として、現在の桜木町駅が開業しました。桜木町駅は、初代新橋駅があった汐留と並んで、日本の鉄道発祥地としても歴史に名を残す存在です。その後、横浜駅は大正3年(1914)に西区高島町付近に移転することになり、初代横浜駅は桜木町駅へと改称されました。

桜木町駅周辺の主なスポット

・帆船日本丸
・横浜能楽堂
・鉄道発祥記念碑
・ヨコハマ創造都市センター(YCC)
・TOCみなとみらいショッピングタウン
・ぴおシティ (桜木町ゴールデンセンター)
・伊勢山皇大神宮
・野毛山公園
・ハマチャリ
・横浜にぎわい座
・横浜成田山
・老松

桜木町駅に似た地域

吉祥寺
駅前にゆったりとした公園が広がり、個性的な個人経営店の多い吉祥寺は、そのおしゃれな街並みが桜木町と似ている街といえます。
吉祥寺(武蔵野市)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

浅草
浅草といえば、浅草寺や雷門を中心として、非常に多くの観光客で賑わう街です。歴史を感じる観光スポットが多い点でも、桜木町と共通しています。
浅草(台東区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

武蔵小山
都内へのアクセスが良好で、多くの路線が行き交う武蔵小山。ターミナル駅への交通の便が良い桜木町と類似しています。
武蔵小杉(川崎市中原区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

業態別 募集中の居抜き物件一覧

吉祥寺・浅草・武蔵小山の居抜き物件一覧

桜木町の客層

【平日/昼】
桜木町が位置する横浜市中区は、平成12年度の調査によると、昼間の人口が250,575人となっています。昼夜間人口比率は202.3%と、横浜市の中でもとりわけ高い傾向にあります。ランチの平均単価は1,000円以下で、とりわけ人の多いランチタイムが勝負どころといえるでしょう。

【平日/夜】【土日】
横浜市中区の夜の人口は、平成12年度の調査で123,851人。日中の人口と比べると、実に半分近くになっていることが分かります。ディナーの平均単価は2,000~3,000円。夜遅くまで滞在して夜景を楽しむ観光客など、このエリアならではの客層がターゲットです。

桜木町の人口特性

横浜市中区全体の世帯数は、平成29年現在で84,759世帯となっています。人口は男性のほうが女性よりも多い傾向にあり、男性が78,383人なのに対して、女性は73,120人となっています。ただし、桜木町1~3丁目の世帯数はほかと比べて少なく、やはり住宅街というよりも観光地として人気のあるエリアであることが伺えます。

桜木町の乗降人数

JR東日本の桜木町駅の平均乗車人数は、2017年度で70,676人となっています。JRの駅の中では第64位。華やかな街という印象があるものの、ほかの駅と比べて際立って利用者数が多いというわけではないようです。また、横浜市営地下鉄の乗降人数は、2016年度で37,311人となっています。

・乗降人数が近い地域の街紹介
笹塚で居抜きで飲食店を開業するための街情報
中野で居抜きで飲食店を開業するための街情報
吉祥寺(武蔵野市)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

桜木町の賃貸相場

桜木町の賃貸相場は、ワンルームおよびIKで6~7万円、1LDKおよび2Kで8~9万円が目安です。1LDK・2LDKでは13~20万円ほどになり、3LDKの相場は20万円を超えます。周辺の駅と比べると、相場は石川町と同程度です。

桜木町の店舗賃料相場

桜木町がある横浜市中区の店舗賃料相場は、平均坪単価で17,000円前後です。相場は2016年から2019年にかけて右肩上がりとなっています。観光地としても非常に人気の高いエリアですから、今後も価格は徐々に上がっていくことが予想されます。

記事に登録されているタグ

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.