街レポート

調布(調布市)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

調布(調布市)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

東京都の多摩地域東部にある調布市は、東京都のほぼ中央に位置し、23区部との境界に接している5市の内の一つです。この地域には遺跡が数多く見つかっており、旧石器時代から人類が居住していたと考えられています。多摩川をはじめ市内にはたくさんの川が流れ、豊富な自然に囲まれた土地である一方、2012年に京王線の地下化工事が完了しており、駅前の空いた土地を利用して再開発がスタートしました。

さらに、東京オリンピック・パラリンピックのためのスポーツ施設が建設中であるなど、郊外の再開発にも力を入れている注目の街です。歴史と文化、豊かな自然と子育て環境が整った魅力あふれる街、調布の特徴や暮らしやすさについてご紹介します。

歴史と利便性の共存

調布市には、情緒ある施設や建物が点在しています。一方で、アクセスの良さから利便性も申し分ありません。調布市の魅力をピックアップしてご紹介しましょう。

深大寺

調布市民の誇りであり歴史的価値も高い深大寺は、東京都内では浅草寺に次いで古い歴史のある寺です。1909年(明治42年)に元三大師堂の段の壇の下から、飛鳥時代後期に作られたとされる銅造釈迦如来倚像が発見され、2017年に国宝に指定されました。現在は釈迦堂に安置されています。

深大寺は湧水の多い国分寺崖線の崖面に囲まれるように立地していることから、境内には複数の湧水源があります。周囲には谷戸地形と豊富な水源を利用した、植物園やワサビ田が広がり、湧水を利用して作った蕎麦は付近の名物にもなっています。

また、毎年春に開催される「深大寺だるま市」も有名です。日本三大だるま市の一つに数えられる規模で行われ、赤や金、白色のだるまが何体も並べられた光景は圧巻の一言です。近隣の土産物屋では期間外でも調布名物としてだるまが販売されており、縁起物として買い求める方が後を絶ちません。

水木しげる先生ゆかりの地

調布は「ゲゲゲの鬼太郎」をはじめとする名作漫画の作者、水木しげる先生が住んでいた街としても知られています。水木しげる先生の自伝的ドラマ、「ゲゲゲの女房」でロケ地となったことをきっかけに注目されるようになったようです。

現在では、街の至る所に鬼太郎をはじめとした有名妖怪たちをモチーフとしたオブジェやグッズを見ることができます。深大寺山門前には「鬼太郎茶屋」という喫茶スペースのあるグッズショップがあり、ファンをはじめとした観光客に人気のスポットです。グッズショップでは限定の鬼太郎グッズやお土産品が豊富に取りそろえられ、喫茶スペースではキャラクターモチーフのユニークなスイーツやドリンクなどを楽しむことができます。

布多天神社

布田天神社には学問の神様として名高い菅原道真が祀られているため、受験シーズンには多くの学生が訪れ合格を祈願します。創建年代は定かではないほど古い歴史のある神社ですが、多摩川の大氾濫をきっかけに現在の地に移転したのは1477年です。

水木しげる先生の「墓場鬼太郎」の中では、神社奥の雑木林に鬼太郎が住んでいる設定だったため、漫画ファン・アニメファンの間では「鬼太郎の住んでいる場所」としても有名です。さらに、調布駅から布田天神社までを結ぶ表参道である天神通り商店街には、ゲゲゲの鬼太郎のキャラクター像が通りのあちこちに配置されているため、これを目当てに訪れる方も少なくありません。

味の素スタジアム


味の素スタジアム(通称「味スタ」)は、JリーグのサッカーチームFC東京と東京ヴェルディのホームグラウンドです。約5万人もの収容人数を誇り、サッカー以外の他のスポーツや、アーティストのコンサートなどにも活用されます。もちろん2020年の東京オリンピックで利用されることも決定しています。また、年に数回国内最大級規模のフリーマーケットも開催されており、市民以外にも多くの方に親しまれているスタジアムといえるでしょう。

意外?良好なアクセス

多摩エリアというだけで都心から離れたイメージを持たれている方も多いようですが、実は調布市は都心へのアクセスが良好なのです。調布駅は、ターミナル駅である新宿からは京王線特急で約15分、準急でも23分ほどで行くことができます。渋谷や東京にも乗り換え1回で行ける上に、都営地下鉄新宿線とも直通運転しているため神保町方面にも乗り換えなしでアクセス可能です。バスの路線も充実しているため、休日のお出かけにも困らないでしょう。

安心の子育て環境

調布市では、豊かな自然の中でのびのびと子育てできるというメリットの他にも、子育て世帯にはうれしい自治体によるさまざまなサポートがあります。調布市に住む妊婦さん全員が市の保健師などと面接することができるという「ゆりかご調布」事業や、産後に自宅まで訪問してくれる「こんにちは赤ちゃん訪問」事業など、熱心な支援が特徴です。産前から産後まで続く、官民一体となった安心の子育て環境は調布市の魅力といえるでしょう。

 

どんな飲食店がある?(1km圏内)

調布にある飲食店は全体で約500件と、やや少ない印象を受けます。その中でも、和食店の数が約1/4を占めており最も多いという結果となっています。居酒屋の需要も高いようで、全国からお客さんが集まるような人気店もあるようです。

どんな業態が出店チャンス?

人気店の近くには人気店が誕生するともいわれていますから、和食を中心に提供する居酒屋の出店がチャンスといえるでしょう。ゲゲゲの鬼太郎人気にあやかり、妖怪をモチーフにした料理やデザートをメニューに加えてみるのもいいかもしれません。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
和食の居抜き

周辺の主なスポット

・深大寺
・鬼太郎茶屋
・神代植物公園
・調布航空宇宙センター
・調布飛行場
・味の素スタジアム
・近藤勇生家跡
・武者小路実篤記念館・実篤公園
・天神通り商店街
・布田天神社
・調布市郷土博物館
・京王フローラルガーデンアンジェ
・東京オーヴァル京王閣(京王閣競輪場)

調布に似た地域

学芸大学

渋谷や恵比寿、新宿などの主要駅へのアクセスが良好な学芸大学は、調布に似た地域といえるでしょう。
学芸大学(目黒区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

荻窪

荻窪は、駅前にルミネ荻窪店やタウンセブンなどの大型商業施設が集まっている点が調布との類似点として挙げられます。
荻窪(杉並区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

目黒

目黒も調布同様、にぎやかな街でありながら落ち着きがあるため治安が良く、大人に人気の街です。

類似地域 周辺の募集物件一覧

学芸大学・荻窪・目黒の居抜き物件一覧

 

どんな客層?

【平日/昼】
平成27年度の国税調査によると、調布市の昼間人口は195,986人、ランチの平均単価は1,000円以内となっています。ファミリー向けのリーズナブルなお店が好まれるでしょう。

【平日/夜】【土日】
調布市は都心へのアクセスもいいためベッドタウンとして発展してきた街でもあります。そのため夜間人口は223,593人と、昼間人口と比較するとかなり人数が増えます。ディナータイムの平均単価も1,000円以内と、良心的な価格設定が魅力です。

人口特性

平成30年3月1日時点のデータによると、調布市全体の世帯数は117,136、人口総数は232,660人です。人口の内訳は男性が113,900人、女性が118,760人と女性がやや多い結果が出ています。年齢別で見ると若い世代では男性人口が女性人口を上回り、高齢になるほど女性人口が増える傾向にあるようです。

乗降人数

2016年度の調布駅の1日平均乗降人員は119,639人で、京王電鉄の駅の中では新宿・渋谷・吉祥寺などの主要駅に次いで4位の結果となっています。再開発の影響か、年単位で比較してみても乗降人員は年々増加傾向にあるようです。

調布の賃貸相場

調布の賃貸相場は、1Rや1Kなどの一人暮らし向きの物件は4万円代から6万円代まで、ファミリー向けの2LDKや3LDKでも10万円代からの物件もあるようで、都心に比べるとかなりリーズナブルな印象を受けます。都心へのアクセスも含めおすすめできる街といえます。

調布の店舗賃料相場

調布市の店舗賃料相場は、約4割が20万円未満とリーズナブルな物件が多いようです。平均坪単価は17,214円ですが、年々増加傾向にあります。2020年の東京オリンピックに向けて競技場も建てられていることから、今後も単価は上がると考えられます。

調布(調布市近隣)エリアの居抜き店舗物件を見る



Written by 飲食店の居抜き物件なら!ABC店舗

物件のご紹介はもちろん開業までをサポートいたします!


簡単30秒で会員登録完了!

飲食店、物販やテイクアウトなどの店舗物件をご紹介します!

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.