街レポート

阿佐ヶ谷(杉並区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

阿佐ヶ谷(杉並区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

東京都杉並区にある阿佐ヶ谷は、駅を中心に阿佐谷北・阿佐谷南と2つの区域に分けられます。南北にわたり、街のシンボルとなるケヤキ並木(中杉通り)が通っており、北は日大二高通りと早稲田通りまで、南限は青梅街道となっています。街全体に落ち着いた雰囲気があり、治安も良く住みやすいため、一人暮らしの方にもとても人気がある街です。
また、昔ながらのお店と新しいお店が混在する商店街や大型スーパーもあり、普段の生活で困るようなことはないでしょう。
今回は、大人の落ち着いた雰囲気が人気で根強いファンも多い街、阿佐ヶ谷の特徴や魅力をご紹介します。

 

演劇関係者が多く住むサブカルチャーが魅力の街

駅前
ジャズをはじめとした音楽や映画、アニメなどサブカルチャーを発信するアートな街とも言われています。アニメファンや映画ファンはもちろん、多くの演劇関係者にも愛されている街としても有名です。緑豊かな並木道や、おしゃれなレストランやカフェも多く点在しているため、休日には散策もおすすめです。
また、歴史を感じさせるパワースポットやにぎやかな商店街などもあるため、多種多様な楽しみ方がある街です。今も昔もさまざまな文化を発信し続ける阿佐ヶ谷は、ディープな魅力にあふれています。

 

「本当に住みやすい街大賞」1位・阿佐ヶ谷の魅力

善福寺川緑地

阿佐ヶ谷は「本当に住みやすい街大賞」で何度も1位に輝いています。「発展性」「住環境」「交通の利便性」「コストパフォーマンス」「教育・文化環境」この5つにおいて、阿佐ヶ谷は常に高得点です。桜の名所でもある善福寺川緑地など自然も豊かで、駅前には杉並区区役所があり、落ち着いて生活基盤を整えることができます。
また評判の良い教育機関も集まっており、ファミリーからの人気も高いです。一昔前までは家賃も安かったですが、最近は住みやすさから上昇傾向にあります。しかしそれを加味しても、住みやすい街には変わりありません。

 

各ターミナル駅に直結の抜群の立地

JR

JR中央線
阿佐ヶ谷には、JR中央線とJR中央・総武線(東西線直通)が通っているため、新宿駅や東京駅などのターミナル駅まで乗り換え不要で、電車一本で行ける抜群の立地が魅力です。終電も1時過ぎまで走っており、終業時間が遅い方やお酒を飲み歩くことが多い方でも安心です。若者に人気の街、吉祥寺にもわずか3駅、高円寺も1つ隣の駅ですから、お休みの日のお出かけ先には困りません。
また、JR阿佐ヶ谷駅からは少し離れていますが、南阿佐ヶ谷まで出れば東京メトロ丸の内線も利用できます。主要なオフィス街を通る線が多く通っているため、ビジネスマンからも高い支持を得ています。駅前からは各地へ向かうバスも多く発着しており、南北の移動時には重宝するでしょう。

 

阿佐ヶ谷はグルメも個性的

阿佐ヶ谷にはおいしいラーメン店から、おしゃれなカフェまで魅力的なお店がたくさんあります。さまざまなジャンルの人気店をご紹介します。

 

RAMEN CIQUE

RAMEN CIQUEはさっぱりとした塩ラーメンがウリのお店です。トッピングで焼きトマトを乗せれば、酸味と塩味がマッチしてスルスルとイケてしまいます。内装もおしゃれなので、デートや女性同士の食事にもおすすめです。

 

大慶

大慶

醤油や豚骨、塩まで種類豊富なラーメンが食べられるお店です。おつまみメニューも充実しており、飲み屋としても活用できます。また深夜3時まで営業しているので、残業で遅くなった人にとっては嬉しいお店です。

 

いろはや

王道の中華そばが食べられるラーメン店です。チャーシューはバラ肉とモモ肉の2種類が乗っていて、味と食感の違いを楽しめます。またラーメンの大盛りは無料なので、がっつり食べたい人にもおすすめです。

 

一兆

「金ゴマ特製担々麺」が有名なお店で、ほとんどのお客さんが担々麺を求めて来店をします。ほどよい辛味とゆずの香りがマッチして、最後まで飲み干してしまうほどのおいしさです。

 

支那そば たなか

名物のワンタンメンが人気のラーメン店です。おすすめは「肉ワンタンメン」で、ワンタンとチャーシューをダブルで楽しめます。ワンタンメンを食べる機会はあまりないかと思いますが、一度食べたら常連になってしまいますよ。

 

壱角家

横浜家系ラーメンの異端児と知られる「壱角家」は、少し好き嫌いが分かれるお店です。乳化タイプのクリーミースープと、太めのちぢれ麺、ごろっと乗ったうずらの卵が特徴的なラーメンになります。ご飯は無料で食べ放題なので、がっつり食べたい人におすすめです。

 

古き良き純喫茶「gion」

g

「gion」は阿佐ヶ谷で最も人気のある喫茶店として知られています。ナポリタンが有名で、お笑い芸人の爆笑問題も通っていた名店です。店内はピンクの壁に青い照明、どこか昭和を感じさせてくれます。ちょっとノスタルジックな気持ちに浸りたいときは、おすすめです。

 

オシャレなカフェ「Coffee & DJ Bar Cafein」

「Coffee & DJ Bar Cafein」は1階にカフェバーと展示スペース、地下1階は MUSICスペースになっているおしゃれなカフェです。音楽を楽しみながらお酒やコーヒーを楽しめます。週末になるとアーティストによるイベントも開催されているので、音楽好きの方にはたまらない場所です。

 

はせ川

「はせ川」ではA5ランクの和牛をリーズナブルに楽しめます。ここまで安くして採算は取れているの?と質問したくなるほどコストパフォーマンスに優れています。いつも混んでいるため予約は必須です。

 

焼肉ゴールド

焼肉ゴールド
リーズナブルな焼肉が自慢の比較的新しい焼肉店です。上カルビや上ロースも1人前900円台で注文できます。普通の焼肉店では考えられない価格で、おいしいお肉を提供してくれます。ちょっと同僚と飲みたいときや、一人焼肉にもおすすめです。

 

なりのて

なりのて
厳選された佐賀牛や希少種「小豆島オリーブ牛」が楽しめる焼肉店です。なんとスタッフ全員がドラフトマスターズ受講者で、常に美おいしいビールを飲むことができます。上質なお肉と丁寧に注がれたビール、これほどの贅沢はありません。

 

スタミナ苑

スタミナ苑
「スタミナ苑」は、世界的レストランガイド「ザガット・サーベイ(Zagat Survey)」で、東京一おいしいお店として紹介された焼肉店です。お肉だけでなく、野菜や卵などの食材一つひとつを厳選し、提供しています。

 

SATOブリアン

ブリアン

「SATOブリアン」は、焼肉好きなら知らない人はいないと言われるほど有名な焼肉店です。食べログでも1位に輝くほどのお店で、その格の高さが伺えます。お肉はすべてスタッフが焼いてくれるので、最高の状態で上質なお肉を楽しめます。予約すら取りにくいお店ですが、機会があれば絶対に訪れたい名店です。

 

餃子酒場

餃子酒場
「餃子酒場」では、中国人スタッフが皮から手作りした餃子を食べられます。化学調味料は一切使わず、野菜と肉の旨味を楽しめます。そのほかにも麻婆豆腐などの中華料理もあるので、飲み会の利用にもおすすめです。

 

なかよし

「なかよし」では注文を受けてから手作りして仕上げる「鉄なべ餃子」が人気のお店です。外はパリパリで中はジューシー、かなり熱いので食べるときは注意してください。居酒屋メニューのポテトサラダやフルーツトマトもおいしくておすすめです。

 

餃子坊 豚八戒

パリパリの羽根つき餃子が有名なお店です。ミシュランに掲載されたこともあり、予約は何ヶ月先まで埋まっています。2階の予約客だけが注文できる「火鍋コース」は、白湯スープと麻婆スープの2種類が楽しめます。予約がほとんど取れないので、カウンター席が空いているときは即入店すべきです。

 

一福

「一福」はテイクアウト専門の餃子店です。お店で焼くのではなく、家に帰ってから焼くことになります。おいしい焼き方のパンフレットも置いてあるので、初めての方はぜひ利用をしてみてください。

 

WASH1N TOKYO

WASH1N TOKYO
「WASH1N TOKYO」はクラフトビールと餃子が売りのお店です。店内はおしゃれなバルのような雰囲気で、ゆっくりとした時間を楽しめます。珍しいクラフトビールも多数あるため、ビール好きの人におすすめです。

 

杉並区の中心?杉並区役所所在地

商店街
高円寺と荻窪に挟まれ、なんとなく影が薄い印象を受けてしまいがちですが、杉並区の中心とも言える杉並区役所は阿佐ヶ谷にあります。今は杉並区全域に役所の出張所も数多くありますが、やはり役所の所在地は利便性が高いと言えます。
住宅地としての需要は関東大震災があった大正時代あたりから高まり、現在も駅周辺以外は閑静な住宅街が密集しています。その利便性と住みやすさから住宅地としての人気も高く、一度住み始めると離れない方が多い街です。

 

2大商店街が魅力!子育てしやすく住みやすい街

教育機関の評判も良く、子育てがしやすい街として人気があります。また買い物にも便利な商店街もいくつかあります。

 

北側

イトーヨーカード
SEIYU
北側には古き良き雰囲気の商店街「スターロード」があり、昼間は八百屋さんやお肉屋さんが立ち並び、夜になると居酒屋やバーがにぎわいます。飲食チェーンも多く、お手頃価格で外食が楽しめるもの魅力の一つです。昼間は飲食店も仕込みに入っているので、街は静かな雰囲気で落ち着けます。また大手スーパーの「イトーヨーカドー」「西友」もあり、買い物で困ることはありません。住宅街も閑静で、生活する環境としては申し分ありません。

 

南側

南口
南側にはにぎやかな商店街「パールセンター(通称ジャズストリート)」があり、イベントも多く活気にあふれています。また行列のできるパスタ屋さん(ミート屋)や読書用品の専門店(Yomupura)など個性的なお店もあり、街の散歩だけでも楽しめるでしょう。

 

阿佐ヶ谷アニメストリート

杉並区はアニメの聖地としても有名で、アニメの制作スタジオなどが数多く点在しています。そこで地域の活性化の一環として2014年、阿佐ヶ谷に「阿佐ヶ谷アニメストリート」という商業施設が誕生しました。阿佐ヶ谷駅から高円寺駅間の高架下を利用し、アニメグッズやコスプレグッズを取り扱うお店が軒を連ね、アニメ文化を発信していました。
※阿佐ヶ谷アニメストリートは2019年2月28日をもって閉館しました。

 

Aさんの庭

駅から15分ほど歩くと、「Aさんの庭」という珍しい名前の公園があります。「Aさん」とは、公園に訪れた人みんなを指しているようです。この公園は、アニメーション制作で世界的にも有名な宮崎駿監督が「トトロの住む家」という本で紹介し、一躍有名になりました。それ以来、ジブリファンをはじめとした多くの観光客でにぎわうようになったようです。自然豊かな空間にかわいらしい小さな建物、シンボルツリーのコブシの木が、どことなくジブリの世界にいるような幻想的な気分にさせてくれます。

 

阿佐ヶ谷七夕祭り

昭和初期に阿佐ヶ谷にできた商店街は第二次世界大戦で一時荒廃してしまいますが、戦後の復興とともに復活し、今もなお多くの方に愛され続けています。現在は「パールセンター」という名前で親しまれており、全長700m、240店舗も集まる大きな商店街となりました。
このパールセンターで、毎年開催されているのが「阿佐ヶ谷七夕まつり」です。商店街中の各店がさまざまな装飾で彩られ、人気のキャラクターのハリボテなども飾られます。杉並区長から賞も与えられるため、各店舗が競うように工夫を凝らしている装飾は圧巻です。60年以上続く夏の風物詩として、毎年多くの観光客が集まり、大盛況を博しています。

 

ジャズストリート

毎年秋に開催されているジャズのイベント「ジャズストリート」というイベントでは、街全体がジャズに染まります。駅前の広場・神社・学校の体育館・喫茶店・企業のロビーなど、街のいたる所が演奏会場となり、老若男女問わずジャズを楽しめます。

 

歴史あるサブカルチャータウン

阿佐ヶ谷は音楽や映画、アニメなどのサブカルチャーが発展した街として有名です。歴史ある観光スポットも多く、観光客だけでなく住む人々も魅了し続けています。

 

阿佐ヶ谷神明宮

阿佐ヶ谷神明宮

阿佐ヶ谷神明宮は、「神(かん)むすび」といわれるお守りが話題の神宮です。かわいいミサンガのような「神(かん)むすび」は、インスタグラムを中心に広まっており、女性人気が上がっています。また阿佐ヶ谷神明宮は、今から約200年前にできた歴史ある神社です。日本の最高神と言われている天照大神も祀っているので、機会がある方はぜひ参拝をしてみてください。

 

善福寺公園

善福寺公園は遊具や遊歩道が整備された、憩いの場として親しまれています。公園内にある善福寺池は、善福寺川や東京都水道局杉並浄水所の水源としても活用されています。池にはボート乗り場も併設されており、家族や恋人と楽しみたい人にもおすすめです。

 

光明院

光明院は阿佐ヶ谷のお隣、荻窪の地名発祥の寺院として有名です。708年に仏像を背負って旅をしていた僧が、この土地を通りかかったとき、仏像が重くなり持ち運びができなくなりました。そこで寺院を作り、像を飾ったのが始まりです。光明院の周辺は荻が多かったため、荻寺と呼ばれ、それが荻窪の地名のルーツになっています。

 

Asagaya/Loft A

Asagaya/Loft Aはコミュニケーションを中心とした場を提供する施設です。音楽ライブやお芝居などが楽しめ、演者とお客さんのコミュニケーションが取れるように設計されています。週末だけなく平日もさまざまなイベントが行われているので、音楽やお芝居が好きな方はぜひ行ってみてください。

 

杉並アニメーションミュージアム

杉並アニメーションミュージアムは、日本のアニメを体験しながら楽しめる施設です。日本アニメの歴史からアフレコの体験まで、大人から子供まで楽しめます。入館料は無料ですので気軽に立ち寄ってみてください。

 

どんな飲食店がある?

手打ちそば
大衆酒場

阿佐ヶ谷にある飲食店約800件のうち、和食と居酒屋がそれぞれ約200件と半分を占めています。次いで多いのがBARとカフェです。お酒を出す店が多い印象ですが、お酒を飲んで大騒ぎするような人は少なく、落ち着いた雰囲気の店が多いようです。

 

どんな飲食店が出店チャンス?

阿佐ヶ谷には居酒屋やBARなどが多いことから、お酒を出す店の需要が高い街です。おしゃれなカフェやレストランを目当てに訪れる若い方も多いため、お酒も提供できておいしい食事も楽しめるお店が出店チャンスです。街の雰囲気にも合うような、大人の雰囲気のあるお店が良いでしょう。
また昼間の主婦層を狙って落ち着いておしゃべりができるイタリアンやカフェレストランもおすすめです。

 

業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
カフェの居抜き
BARの居抜き

 

阿佐ヶ谷の歴史

阿佐ヶ谷の歴史

阿佐ヶ谷は桃園川の浅い谷地だったことが地名の由来とされています。1889年には甲武鉄道が開通し、1922年には阿佐ヶ谷駅が建設されました。1921年になると新宿から荻窪までつながる青梅街道上に路面電車が開通、阿佐谷にも停留所が設けられます。1963年に廃止となりましたが、現在の丸ノ内線として機能しています。
また大正時代に起こった関東大震災後から昭和にかけて、多くの文人が住んでいたことでも知られています。与謝野晶子、太宰治、青柳瑞穂、伊馬春部、三好達治などが住居を構え、阿佐ケ谷文士村とも呼ばれていました。

 

周辺の主なスポット

・Aさんの庭
・ラピュタ阿佐ヶ谷
・中杉通り
・阿佐ヶ谷神明宮
・阿佐ヶ谷パールセンター
・馬橋稲荷神社
・西蓮寺
・ユジク阿佐ヶ谷
・世尊院
・アートギャラリーOPPO
・ねじめ民芸店
・ビリヤードカフェ ルーツ
・法仙庵
・ラ バゲット

 

阿佐ヶ谷駅に似た地域

門前仲町
居酒屋やBARをはじめ、幅広いジャンルの飲食店が軒を連ねる門前仲町は、阿佐ヶ谷に似た地域と言えるでしょう。
池上
池上は、大手のスーパーや商店街が複数存在する点や、穏やかな街並みと治安の良さが阿佐ヶ谷との共通点と言えます。
上石神井
上石神井も阿佐ヶ谷同様、比較的都心に近い距離にありながら家賃相場が安い街です。一人暮らしにはもってこいの街と言えるでしょう。

 

業態別 募集中の居抜き物件一覧

阿佐ヶ谷の居抜き物件一覧

 

客層

【平日/昼】
阿佐ヶ谷の昼間人口は4,040人、ランチの平均単価は1,000円以内となっています。リーズナブルな値段で食事を楽しむことができるため、若い世代にも人気のスポットとなっているようです。
【平日/夜】【土日】
住宅街であるため、夜間人口は昼間人口よりも若干増えて42,253人となります。ディナータイムの平均単価は2,000~3,000円で、昼間に引き続きリーズナブルな値段が魅力的です。

 

人口特性

平成30年4月現在の阿佐ヶ谷全体の世帯数は27,158で、人口の総数は43,921人です。うち男性が21,290人、女性が22,631人で女性の方が若干多い傾向にあるようです。世代別で見てもその傾向は顕著ですが、比較的若い世代では男性人口が女性人口を上回っています。

 

乗降人数

2016年度、JR阿佐ヶ谷駅の1日平均乗車人員は44,666人でした。年単位で見ても常に43,000~45,000人をキープしており、増加や減少の差がそれほどないのが特徴と言えるでしょう。同年の東京メトロの南阿佐ヶ谷駅の1日平均乗降人員は、26,025人で、東京メトロ全130駅中117位でした。

 

賃貸相場

阿佐ヶ谷の賃貸相場は、一人暮らし向きの1Rや1Kで6万~7万円代と、都内では非常にリーズナブルな相場となっているようです。1LDKとなると11万~13万円、2LDK以上になると18万円を超えます。間取りにこだわらないようでしたらおすすめできる場所と言えます。

 

店舗賃料相場

阿佐ヶ谷の店舗賃貸物件は、20万円未満のものが約4割、20万~40万円の物件が約3割を占めており、リーズナブルな印象を受けますが、100万円を超える物件もあるようです。平均坪単価は18,930円で、過去3年のデータでは平均的な価格と言えるでしょう。

記事に登録されているタグ

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.